Top
どんな時でも、ごはん
a0027105_2212179.jpg

ちょっと前のことですが、築地へでかけたついでに
宮川食鳥鶏卵で骨付きもも肉を購入。
夏の兆しもびんびんな季節だけど、美味しいんだったらいいじゃん!と
汗だくで水炊きを決行しました。
前々から気になっていたお店なのですが、
行ってみるとお休みだったりしてなかなかお肉を食することができず、
これがお初の宮川食鳥鶏卵です。

a0027105_22122166.jpg
「水炊きするんですけど…」の言葉におじさんが勧めてくれた卵入りひき肉、
つまり"鍋に落としゃすぐつくね"も購入。
野菜もあれこれ入れて、どう見たって真冬の食卓のようです。


この数日、暇を見つけては「深夜食堂」のDVD鑑賞に夢中です。
大抵は眠りにつく前の数十分だけだけど。
以前、真夜中に放送されていたこのドラマ。
見ながら、そして見終えた後に必ず強烈な空腹感に襲われて
しばらく大変な思いをすることが分かっていながらも毎回見ずにはいられない。
こうして改めてDVDで見てみると、
一度見たにも関わらず胃袋も心も鷲掴まれ、やっぱり名作だよなぁとつくづく思うのです。

どんな時でも、ごはんって大切だ。
うれしい時も、哀しい時も、そしてなんでもない時もね。
☆がいくつだとか、ブログやらネットやらの口コミだとか、行列ができるとか、
何カ月待ちのお取り寄せだとか、○○シェフの店だとか、
そういうことなんてどうでもいいくらいに普通のごはんをきちんと作ってきちんと食べる。
それが大切だと、つくづく思う。
そこに、想いとか思い出やらが少しでもあれば尚いいけど。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-07-14 22:13 | food
<< 同士 | ページトップ | 今日の由無し言 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin