Top
メモを書く人・はさむ人

青梅線の中で不思議なものを見ました。
ドアの上部にある、広告を挟みこむ長細い部分に
1枚のメモ用紙が。
a0027105_15121973.gif

こんなことが書いてありました。

実は、これを書いてここに挟んだ人物、
私は以前にも見かけたことがあります。
乗り込んできたときから、少し目を引かれてしまった、
ちょっと変わった雰囲気の若い男性でした。
その時も、乗ってきた途端にメモ帳を取り出して何かを書き込み、
降り際にそのメモをドアの上部にすばやく差し込みました。
その時、すごくそのメモを見たかったのだけど、
私のいる位置からは少々遠くてあきらめました。

今回、ご本人の姿はなかったのですが、
私が乗り込んだ位置のドア上にこのメモが。
きっと彼の仕業に違いありません。

いろいろと世に訴えたいことがあるのでしょう、多分。
彼の心の中にそれらが渦巻いているのでしょう。
昨今ではblogという、素晴らしい「訴え手段」がありますが、
敢えて彼は、このようなゲリラ的手法をとったわけです。
そこまではある意味あっぱれ。

しかし、これではねぇ・・・
いまひとつ訴えが伝わってきませんね。

この書き方から判断すると
障害者、老人、女性、外国人は
えーっと、弱いもの?それともすさんだ心?
悪者はすさんだ心?
クソガキのポジョンは?
まずは作文の練習から始めてみましょう。

夜の電車内はワンダーランドでございます。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-11-21 15:22 | other
<< 陳さんのこと | ページトップ | 6ドル >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin