Top
京都の旅・その弐 『愛をこめて』

京都駅から2分の新・都ホテルへチェックイン。
「新と言う割りにはあまり新しくないね」と言う私に
NK嬢は
「建てた時は新だったんだよ」
新・都ホテルは現在南ウィングを新築中で、私たちは
「都ホテルが加勢太周で、新・都ホテルは新・加勢太周、
南ウィングが坂本一生ってことだよね」
ということで事を収めたのでした。

さて、今日の予定は、鈴虫寺で良縁祈願をした後、
この旅のメインイベント筍亭・じゅんていへ。

筍亭の6時の予約に間に合うように逆算すると
まだちょっと時間があるでしょう、ということで
まずは錦小路へ。
京都色豊かなお店が集まっているこの市場は、
小路という言葉がぴったりの本当に狭い通り。
何度来てもエキサイティングでございます。
片っ端から買いたくなっちゃう魅力的な代物ばかり。

ぷらりぷらりと歩いていると、ん?
鮮魚店の店頭で数人のの人が立ち止まって・・・1個100円、生牡蠣の立ち食いだぁ!
威勢のいいおじさんが、次から次へと牡蠣の殻を剥いています。
こりゃあ見逃せませんぜダンナ。
早速食べてみました。

a0027105_2231473.jpg

Help yourself. ご自由にどうぞ、ということで
店頭にはくし切りのレモン、塩、胡椒、タバスコなどが並んでいます。
レモンをきゅっとしぼってちゅるんと食べてみると、まさに至福の味。
お口の中はまるでおフランス。
んあ?

a0027105_22424261.jpg


トスカーナより愛をこめて・・・
牡蠣を食べておフランス、イタリアンソースはトスカーナ、
発想が同レベルです。
それにしても、
トスカーナよりの愛は一体誰から誰に向けられるのでしょう?
っていうか、トだけ平仮名だし。

とスカーナ


★次項『キミは何を捨てるか?!』につづく

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-04-13 22:49 | trip・odekake
<< 今日のアタクシ | ページトップ | 京都の旅・その壱 『いざ西へ!』 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin