Top
セクスィーでキュートなメンズに捧ぐ

グレートライター・ロイ渡辺氏から
"天性のセクシークールビューティー面白ハンター"の称号をいただいた私。
(はい、わたくし嘘をついておりました。
セクシークールビューティーは付いておりませんです、はい、はい)
確かに私には面白ゴトを引き寄せてしまう磁力のようなものがあると
自分でも思います。
ただね、この世は持ちつ持たれつ、
面白ハンターとは言えわがの力だけでその道を突き進んでいるわけではないのです。

お馴染みN嬢からのメール。
「あなたの琴線に触れるかどうか」の言葉と共にひとつのURLが。
さ、みなさん、心を決めてくりくりクリック!

・・・・・・・・・・・・見た? 全部見た?

初めてこの"ワールド"に足を踏み入れた途端、
私は釘付けになりましたわ。
我を忘れでしばし夢中でクリック&クリックの時間を過ごしました。
どうなん? ねぇ、こういうのどうなんよ?
ひとつひとつの作品(?)の観察は当然のことながら、
これが一体どこまでジョークで、どこまで本気なのかを探り出そうと
ページに書かれた一言一句、隅から隅まで
食い入るように読んでみたのですが・・・・
皆目わかりません。

あなたは普通の男性ですか?
あなたはおしゃれのセンスに自信がありますか?
あなたは可愛いものが大好きですか?
ならばきっと、柳腰亭が提案する男性下着に共感いただけると信じます。
(以上、柳腰亭サイトより)

あなたが、ごく標準的で、ファッショナボー&キュートなメンズなら
この下着に「おっ、いいじゃん!」なんて惹かれてしまうってわけね。
逆に考えれば、この下着に惹かれないあなたは、
変わり者でセンスが悪く可愛げのない男ってことっすわ。

うーん、一体・・・
まぁまぁ、選べと言われたら、
さしづめ私としては『ドラゴン・ドリーム』ですか。
腰まで入った深いスリットを、リボンをひとつひとつほどきながら
開いていきたいものだ、と。
失敬。

N嬢、ありがとう!

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-06-23 23:34 | other
<< 到来! | ページトップ | タイミング >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin