Top
いってまいります

仕事を終えた後、お土産を買いに100円ショップへ。
子供達へキャラクターの文房具をわんさか買っても
通常のお土産一人分ほどのお代。

たいして考えることもなく引っ張り出したTシャツや下着を
スーツケースに放り込んで、
あらかた準備は終了。
明日の今頃はもうカナダの朝を飛んでいます。

2日遅れでやってくるN嬢と、
その翌日にやってくるNK嬢と、
なんともスケールの大きな現地集合を経て
大人の夏休みの始まり、始まり。

いってまいります。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-07-10 23:24 | trip・odekake
<< 成田にて | ページトップ | 母としての習性、娘としての習性 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin