Top
カナダの旅#4  buy,buy,buy!!

a0027105_15455339.jpg

Bug Zooを堪能した後、去年の旅でも食事をしたJJヌードルハウスでランチ。
Nancyはランチ候補にいくつかのお店を提案してくれたのだけど、
中華料理マニアックの私は間髪入れず「JJ!」。
Bugに夢中になる過ぎたせいでランチタイムをややはずしていたのですが、
店員さんたちは嫌な顔ひとつせず明るい対応。
そのうち、私達のテーブルのそばで自分達もまかないを食べ始めました。

食後はセカンドハンドものを探すために、Value Villageへ。
洋服、食器、本、家電、ありとあらゆる中古品が集まったこのお店。
「人の使ったものなんて」と、苦手な人も結構います。
私は割りとそういうことを気にしない性質なので
Victoriaに住んでいた頃はしょっちゅうこの店で時間をつぶしたものです。
じっくり時間をかけてみるとなかなかの掘り出し物と出会えたりして。
ここで買ったのが、私の年よりも古い(!)料理本数冊、編込みのカーデガン、
可愛らしいキャンディーの空き缶といくつかの食器類、
そしてパイレックスのカップ。
a0027105_1625126.jpg

クレイジーデイジーという柄で、
日本では1個大体1500円からこんな価格のモノもあります。
さて、ここで問題。
このクレイジーデイジー柄のマグカップ、私は1個いくら(日本円)で買ったでしょうか?
状態はとっても良し。汚れ、シミ、ひび、模様剥げなどありません。
ちなみに、1カナダドルは100円としてお考え下さい。
さぁ、How much?!

Value Villageの後は、同じ中古品を扱う店としてはやや高級なrevive!へ。
ところがなんと早仕舞い・・・。
泣く泣く写真だけを撮り、
a0027105_16135636.jpg
a0027105_16143069.jpg

「このショックを癒すために・・・」と
同じ通りに並ぶアンティークショップでBirksのリングを買ってしまいました。

a0027105_16172980.jpg

ま、ふたつのパールが可愛いから、これはこれでいい買い物だったんだけどね。
ちなみに、甲の赤いスタンプはBug Zooのものです。
しかし、日本とはまた一味違うショッピングが楽しめるお陰で
私の物欲メーターは振り切れっぱなしざます。

 追記 reviveには翌日再チャレンジ。
     実は去年も行ったのですが、パワフルな女性店主は
     「あなたのこと覚えてるわよ!」。
     日本人の学生をホームステイさせているので私のことが妙に
     印象に残ったとか。
     私が「ぜひに」と行った店なのですが、
     連れられていったNancyの方がやたらと買い込んでました。
     古い花瓶やグラスはシェイプがきれいで
     静物画を描く際にとても役に立つのだそうです。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-07-27 16:27 | trip・odekake
<< 笑わずにはいられないヒト | ページトップ | なさ過ぎる意識 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin