Top
エロ vs エロティシズム

のっけから謝っておきます。
タイトルといい、記事の中にも、一部の紳士淑女の皆さんが
眉をひそめそうな表現が出てまいります。
書いているこっちはかなり真面目に書いているつもりですが、
引いちゃったらご勘弁。

最近ね、もう辟易してるんですよ、
毎日山のように届くエロジャンクメールに。
この件については 前にもちらりと書いたのですが、
ここ半月くらいひどいのさ。
「欲求不満な奥様を○○○みませんか」だの
「寂しいOLが○○○○希望」だのって。
初めは
「あらまぁ、アタクシは男性じゃなくってよ。
どうせだったらナイスなガイとのめくるめくチャンスを紹介してくださいな」
なんて、半笑いで削除してたんだけど、
最近じゃ受信されたメールのタイトルを見るだけで
「うるさいんじゃ、ボケっ!!」
血液一気に逆流のポロロッカ状態
100トンの船も転覆させたろか!
お腹と背中がくっつきそうな竹内力よりも腹を立てちゃいます。

そりゃあ私も大人です。
酸いも甘いも、海千山千、あんなコトもこんなコトも
それなりに経験しましたわ。
カマボコがおととから作られてることくらい百も承知。
エロか?エロじゃないか?と聞かれれば胸を張って答えましょう、
はい、エロです、エロですとも!

でもね、だからといって、
単に、性的なことを万人にばら撒いておきゃ誰かしら食いついてくるだろうよ、
という流れは大の苦手なんですよ。
エロなんて軽い響きが悪いのか、
これをエロティシズムとかエロティック(状況によって品詞は使い分け)という
響きに戻してみたら少しは解るのかなぁ。
性=sexって、別に罪悪感でどこかへ無理矢理隠し去るものではなく、
誰もが抱いて当然なものだと思うのですね。
大人だったら、きっちりそれと向き合って、きっちり楽しまなくちゃ、と私は認識している。
それができたら、エロティシズムって、あんなコトもこんなコトもしちゃう割には
なかなか美しいものではないかと。
下世話と精神のせめぎあいの中で楽しめばいい。
ただね、だからといってそれを四方八方へむき出しにするのはどうなんだろう。

互いとその周辺を尊重することさえ忘れなければ
どんな形の性があってもかまわない。
ただ、その一方で古臭いことを言うようだけれど、
やっぱりどこかで「秘め事」であってほしいとも思う。
なんの関係もない人間にすら、まるで露出狂がコートの前を開くように
簡単に見せ付けないでほしい。

○だの×だので伏字にしたところで何も「秘め」られちゃいない。
グロテスクなエロエロは私の目の前に「ほれほれ」と差し出されている。
頼むからさ、もう少し頭良くなってくれよ。
芸術の粋まで高めろなんてことをを頼んでるわけじゃなく、
あとほんのちょっとだけ質のいいsexを、
自分の領域内で楽しんではくれまいか。

たかがエロジャンク、そんなに深く考えることないじゃん。
そうかもしれません。
でもさぁ、毎日これだけの数の「欲求不満な奥様」や「寂しいOL」を叩き切っていくのは
正直そろそろしんどいんですわ。
ホント、ブルー入りかかってます。
受信トレイを開いた途端、静かにはらはらと涙する瞬間も近いかもしれません。

てなわけで、時には
まともで、読み甲斐があって、ステキで、私だけに向けられた
エロティックなメールを受け取ってみたいものだとため息をつきながら
今宵も削除削除で夜が更けていきます。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-08-23 22:31 | これってどうなのよ?
<< 半透明の朝 | ページトップ | 惚れた >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin