Top
カナダの旅#6 待ち合わせ第一弾

a0027105_15201356.jpg

a0027105_15193973.jpg








ビクトリア3日目の朝、
相変わらず眺めのいいNancyの部屋で朝食です。


a0027105_15233893.jpg
朝ごはんのテーブルの向こうに、水平線を行く大きな船。

a0027105_15261717.jpg
黄色いパッケージはモーリス(ネコ)のおやつ。

今日は日本からNK嬢がやってきます。
Nancyと二人で空港まで迎えに行くのですが・・・・
日本でNK嬢、こんなことを言っていた。
「アタクシのようなセレブが来加するんだもの、
それ相当のステキなお出迎えがあるんでしょうね、オホホホ」
もちろんこれは冗談なのですが、
そういえば彼女こんなことも言ってたっけ。
「海外の空港で、バラの花束を持って誰かを待ってる人をよく見かけるでしょ。
私、ああいうの憧れなんだよねぇ」
・・・よっしゃ!
さっそくNancyに話してみると
「OK! 花屋に寄るんだったら早く出なきゃね。
それから、コレを使って・・・」
と言って大きな紙を差し出した。
Nacny、おぬしもノリのいいおなごよのぉ(笑)

空港へ行く途中、ショッピンセンターの花屋に立ち寄り
ピンクのバラを1輪購入。
NK嬢は花をご所望だったはずだけど、
ま、そこはそれ、わずか1輪でも気は心。
だって貧乏なんだもん♪
ところが、バラ1輪ということでなにやら特別な事があるらしいと察してくれた店員さん、
とてもステキなラッピングをしてくれた。
こんなの私ももらってみたいよ~(泣)

空港に着くと飛行機の到着はまだ。
最近はツアーの途中でビクトリアへ足を伸ばす人も増えたのか、
出迎えのポイントには、日本の大手旅行社の名札をつけた何人かの現地添乗員が
お客様の名前が書かれた紙を掲げて立っている。
Nancyと私も負けまいと彼らの隣に陣取って、
バラの花を掲げた挙句に



a0027105_15374874.jpg
結構大きいです、この紙


ターミナルの中から出てきたNK嬢、バラの花とこの紙を見て大爆笑。
周りの見知らぬ人も雰囲気を察してちょっとクスクス。
「Welcoooooooome!」と声をあげて
NancyとNK嬢はぎゅーっとhug。
うひゃうひゃと笑いながら私たちは「メシだ、メシだ!」と
オークベイビーチホテルへ向かったのでした。

a0027105_15562579.jpg


プレゼント企画開催中

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-09-18 15:57 | trip・odekake
<< 燃やす・・・?! | ページトップ | 今朝の夢 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin