Top
『詩人の生涯』

a0027105_21255592.jpg

わかってます、
時間がないから、というのは単なる言い訳。
全てにおいて効率が悪いから、
いつも読みたい本の山を横目で見るだけ。
きゅっ、きゅっ、きゅっとスケジュールをデフラグして、
空き容量を作り出せばいい。

a0027105_21304097.jpg

不器用なデフラグの結果できた時間で読む安部公房集。
図書館で借りてきました。
『詩人の生涯』がどうしても読みたくて。
確か中学時代と記憶しているのだけれど、
国語の教科書に出ていたのが『詩人の生涯』。
(でも、今読んでみると中学生には難しいような。
高校だったのかしら?)

中高と当たった国語の先生は、
どの人も文学が好きで好きでたまらないといった感じの人ばかり。
嬉々として語るその姿にも影響され、
教科書に出てきた作品はとても深く楽しめたし、
それが私の読書の指針にもなった。

初めて『詩人の生涯』を読んだときの衝撃は未だに残っている。
ユーキッタン、ユーキッタン
コトック、コトック
チキン、ヂキン、チキン、ヂキン
この不思議な擬声語の群れや
「若い老婆の、老けた息子・・・」
「いかがでしょう、お宅では、不要の魂はございませんか?」
胸が苦しくなるような表現。

その後、安部公房ばかりを夢中で読んだけれど、
やっぱり『詩人の生涯』がいちばん突き刺さる。
読むたびに少し泣けるしね。
(ちなみに、タイトルでは『デンドロカカリヤ』が好きです。
何度も口に出してみたい響きだから・笑)

それにしても、安部公房やら太宰治を読んでは
自分の中で非常に感覚的な想いを捏ね繰り回していた、
今思えば、なんてイヤな中学生だったことか(笑)

「水中都市・デンドロカカリヤ」安部公房

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-10-21 22:02 | book
<< Sorry | ページトップ | いい女の資格 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin