Top
低っ!

きっと信じてもらえないんでしょうけれど、
私は低血圧です。
はい、今笑った人、手ぇ上げて。
♪お前とお前は帰ってよしっ!

いや、ホントなんだって。
高血圧を案じる母用に血圧計があるものですから
1日1回くらいは計ってみるのですが、
大抵は、上が90台、下が50台といったところ。
計った後、なぜか毎回
「あの一枚葉が落ちたら、わたくしは死んでしまうのね」
というセリフが頭を過ぎります。

想像してみて下さい、
血管の中に血液を運ぶ小人がいるとして、
私の小人は、血液を隣のヤツに渡すたびに
「あ゛~」だの「うげぇ~」だのうめきながら
やっとこさ働いているわけです。
そんな感じでしょ?低血圧って。
さてはこの怠けグセ、低血圧小人の仕業なのかっ?!
(違うか)

低血圧っていうと、
「私、血圧が低いから朝弱くって・・・」なんて、
ちょっとアンニュイな女っぽい感じもしますが、
私の場合、朝からびんびん(いや、そういうコトでなく)の全開パリバリ。
その辺も別に得してないしなぁ。

健康的に血圧を上げる方法ってないものかしら、と思いつつ、
いつかは母の高血圧体質が現れるかもしれないと思うと
このまま低いところを維持していったほうがいいのかしら?
なんて、ふたつの思いがぐるぐる回ってバターになっちゃいそうな
今日この頃の私です。

なんか、とりたててテーマのない記事ですみません。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-01-05 23:00 | これってどうなのよ?
<< ノーパン | ページトップ | 私も、M1考 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin