Top
ロイヒさん

本当なら今頃はケーキクラスに向かう電車の中でした。
昨夜からちょっと体調がすっきりせず、
結局今日はお休みをさせてもらうことに。

それにしても、肩こりと頭痛がなんとも不愉快。
「痛みがある時は
我慢せずに鎮痛剤を飲んで
普段どおり動いたほうがいいですよ」
と以前歯医者さんに言われたのを思い出しました。
で、薬箱を漁ってみたものの、鎮痛剤がない。
どうしたものかと考えていると、箱の底からこんなものが・・・

a0027105_11564131.jpg

『ロイヒつぼ膏』
左斜め45度のこのおじさんは誰?と思いつつ、
おばちゃんのこめかみにでも貼ってありそうな
いかにも膏薬!な丸いシートを剥がすと・・・

a0027105_121223.jpg
ここにもおじさんが!
きっとこれがロイヒ博士なんだろう、と勝手に思い込み、
首筋丸見えにも関わらず貼ってみました。
うわっ!
貼ったそばからなんとも効果のありそうなじんわり感。
そのじんわり感が周囲にも広がり、なんつうか、もう、
「はいっ、頑張って仕事させて頂いてます!」
って感じです。
(どんな感じだよ、って思うでしょ。
でも、ほら、「これホントに効いてんの?」って貼り薬もあるじゃん)

ありがとう、ロイヒ博士、いや、ドクターロイヒ!!(おんなじか)
などと思いつつ、それでも気になるのでちょっと調べてみたところ、
このロイヒというのは博士の名前ではないということが判明。
「ロイヒ」の「ロ」は、ロートエキス、「イ」は、イクタモール、「ヒ」は、ヒノキチオールで、
主成分の頭文字をとって、「ロイヒ」とつけられたのだそうです。
おまけに、このおじさんは博士でもドクターでもなく、
架空の人物なのだそうです。
なぁんだ。

それにしても面白いのは、あれこれ検索してみると、
この絵を見ただけでほとんどの人が
このおじさんがこの膏薬を発明したロイヒ博士である、
と思い込んじゃっていること。
不思議なものですね、思い込みって。

おじさんは架空でも、効き目は確かなロイヒつぼ膏
肩こり、腰痛にお悩みの奥さま、ぜひお試しあれ。
ビバ、ロイヒ博士!

☆効き目に関してはあくまでも私個人の感想なので
 万人に効くとは限りません。
 あと、じわじわ感がとても強いので、敏感肌の方はご注意を。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-02-22 12:14 | today
<< CROWNのマグ | ページトップ | あたらしいコト・ご報告 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin