Top
オトコの記憶・オンナの記憶
数日前のこと、なんだか眠れなくてザッピングをしていたら
『ラブ待ち』という番組にぶつかりました。

1組のカップルが登場し、一週間、毎日二人の思い出の場所で待ち合わせをする。
と書くと簡単なことのように聞こえるけど、
毎日「初めて喧嘩をした場所に午後2時」などという指令が届くわけ。
この辺は昔話題になった『未来日記』にちょっと似ています。
でも大きなポイントは、この一週間、お互いの携帯電話が没収されちゃう
というところ。
全てにおいて携帯に依存しちゃっている今の世の中で
携帯を持たずに人と待ち合わせをするというのが
意外と大変だということに見ているこっちは驚かされちゃうのです。

それ以上に驚くのが、二人の記憶のズレ。
この日登場したカップルには、
2日目に「初めてキスした場所」という指令が出たのですが、
これが見事に食い違った。
男性の方が二度目のキスの場所に向かってしまったのです。
つまり、彼の記憶の中から、二人のファーストキスがすっぽりと抜け落ちていたわけ。
で、この辺りからこのカップルはぎくしゃくとし始めたのです。

もちろん個体差はありますが、
大雑把な言い方を許して頂けるなら
女性は、殊恋愛に関してやたら細かなことまで記憶をしていて、
その逆に男性は驚くほど記憶していない、または、曖昧。

何月何日にどこどこでアレを食べて、その後あそこへ行って、
その時にアナタがこう言った、なんてことを女性はしっかり覚えています。
で、始末の悪いことに、女性はそれを確認したがるわけです。
「○月×日の夜に△△でイタリアンを食べて、
その後私を駅まで送ってくれる途中でアナタの方から初めて手をつないでくれたよね」
てな具合に。
更に始末の悪いことに、ほとんどの男性はそういったことを覚えていない。
「えっ、そうだったっけ?」
そこからはもう、なんとも気まずい空気が
二人の間を流れたりするわけです。
ちょいとお若いカップルだったりすると、
「あの時手をつないでくれたの、私はすごうれしかったんだよ。
なのに、アナタにとってはどうでもいいようなことだったの?!」
「いや、そんなことないよぉ・・・」
となっちゃう。





かく言う私も、別に覚えていようと意識しているわけでもないのに
凄まじく細かいことを記憶していて、相方に驚かれることがあります。
そしてねぇ、相方が私と同じことを覚えていないと
ちょっとがっかりした態度なんかをとっちゃったりするんです。
それが何度が続くと、
相方が必死で私の記憶に合わせようとし始める。
「○○で食事したよね」
「うん、したねぇ。その時確かキミは青いセーターを着てたっけ」
「・・・着てないよ。だいたい青いセーターなんて持ってない」
「あっ・・・」
なんとも哀しい二人です。

時には"オレだって覚えているんだぜ!"的な態度で
相方の方から切り出すことも。
「あの時作ってくれたチーズフォンデュは美味しかったなぁ!」
「それ、私じゃないよ。フォンデュなんて作ったことない」
「ウソだ(半笑い)」
「作るどころか、食べたこともありゃしない」
「えっ・・・」
墓穴ですね。
(チーズフォンデュを作る女って、なんか・・・すごいよね)

イヤなんですよ、覚えている自分が。
だってさぁ、覚えていたら相手の記憶違いを無視することは
やっぱりできないでしょ?
別に責めるわけではなく、でも、訂正はしたくなってしまう。
それが人情ってものでしょ?
でも、その度に相方の虚ろな半笑いを見るのは
いくら悪魔のような私でも非常に胸が痛むんです。
もちろん、記憶を確認するようなことをしなければいいわけですが、
どうしたってちょっと思い出話をすれば
二人の記憶のズレが明らかになってしまうこともあるのです。
私さえ記憶していなければ・・・
これはもう、逆ピアノマン状態。
ま、ヤツはニセモノだったけどさ。

で、最近の私は↑の"人情"を捨て去りました。
小さな記憶違いであれば、相方のそれに合わせるようになっちゃった。
「キミが作ってくれたあのサラダ、おいしかったなぁ」
「そう? 良かったぁ。(そんなサラダ作っちゃいないけどな)」
そりゃぁ、最初は「こんなんでいいのかな?」と思いました。
嘘をついてることになるんじゃないか、と。
でもね、これくらいの嘘なら多分相手を傷つけることもないでしょう。
私はもう、相方の昔にキリキリするような年でもない。
それどころか、相方の中に残る楽しい思い出や美味しい思い出の相手が
昔の女から私に摩り替わっていると思うと、
それはそれでちょっとほくそ笑んじゃったりもするわけです。
「アンタたちの手柄はそっくりいただいたぜ!」

それにしても、オトコとオンナはどうしてこうも違うのか。
だからこそ惹かれ合うといえば簡単だけど、
やっぱり不思議で面白いものだよね。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-04-01 16:07 | other
<< め! | ページトップ | 久しぶりにバトン >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin