Top
本とわたし

ゴールデンウイークと言ってもとりたてて変わったことは無かった私。
唯一やった建設的(なのか?)なことは本棚の整理。
だってもう、どうしようもなくなっちゃってたんですよ。
本棚の奥にもまた本棚なんて状態、想像できる?
とっておく本、捨てる本、売れそうな本、に分けて
丸1日がかりの作業になりました。

a0027105_22574133.jpg



丸1日費やしたご褒美が、事実上封印状態だった奥の棚から出てきました。
『こども名作全集』。
小学校に上がったときに親が買ってくれたものです。

a0027105_22575481.jpg



背表紙に貼られたこんなシールが時代を物語ってますね。

a0027105_22581539.jpg



いちばん好きだったのは『家なき少女』。
そう、quiltさんとお会いしたときに話題に上った1冊です。

a0027105_2259544.jpg



両親と死に別れ、町工場で働くことになったペリーヌが
自分の手で人生を切り開いていく物語。
特に、貧しい彼女が自分の手で靴を作り、下着を縫い、缶を使って食器をつくり、
自分で釣った魚や、森で取れた野菜や果物で友達をもてなす場面は
私には夢のようだった。
土曜日にはこの本を枕元に置いて、日曜の朝目が覚めると
布団の中で何度も何度も読み返しました。

a0027105_22592159.jpg




ぱらぱらと捲っていたら、この全集の全ての本の巻頭に
こんな文章が記されていました。

<以下引用>

はじめに

本を読んでいると、まだ行ったこともないめずらしい国を旅行したり、
知らない人とあって、楽しいお話をしたりできます。
また、自分では、気がつかなかった、やさしい心や、あたたかい心が、
自分の中にあることに気づいて、明るくなったり、勇気がわいてきたりして、
うれしくなるでしょう。
このように、読んで楽しいお話が、世界にはたくさんあります。
それを集めて、みなさんに、わかりやすいように書きあらためたのが、
この本です。
ちょうど、みなさんのとしごろは、心がすくすくとのびている時です。
それだけに、大切なときでもあります。
どうか、この本のお話の中から、いろいろな人たちの生き方や、
考え方を学んで、心をのばし、正しい、あたたかい人になってください。

                                      発行者
<こども名作全集 日本ブッククラブ発行より>




子供の頃は気づきませんでした。
たとえ気づいて読んだとしても、ぴんとこなかったかもしれない。
大人になった今、初めて読んで、少し涙が出そうになりました。
なんて正しい、あたたかいメッセージ。

正しい、あたたかい人になれた自信はないけど、
本が好きでたまらない人に育ちました。
いい本を作ってくれた人たちと、
いい本を与えてくれた両親に、
感謝です。


[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-05-11 23:43 | book
<< 今日のアタクシ | ページトップ | 美味しい、美味しい、美味しい! >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin