Top
泣き女

お暑うございました。
無印良品のシャツからにょきっと突き出た逞しい二の腕が、
こんがりと焼きあがった今日一日でした。

そんな夏の日差しに似つかわないような辛気臭い日々を
最近の私は送っています。
怒りっぽさと同じくらいに涙もろさレベルが急上昇しているのです。
それはもう、些細なことですぐに涙が出ます。

「だけど、涙が出ちゃう。女の子だもん」
なんて言えるような年でも当然あるまいに、一体どうしたことでしょう。
というかその逆に、これは、老境に入ってきたという徴なのでしょうか。

朝の連ドラを見ては泣き(最近はストーリー的に泣けませんが)、
先日再放送が終わった「すいか」を見ては涙を流し、
「ブス恋」の最終回にまんまと啜り泣き・・・・
挙句には、ながら見をしている2時間サスペンスにさえ
嗚咽してしまうことがあるのですよ!

もちろんこれはドラマだけに限ったことではありません。
売られていく車から逃げて水路にはまり、
やっと助けられた途端に死んでしまった牛のニュースや、
窓を開け放った隣家から聞こえてくる
「パパー」「はーい」「パパー」「はーい」
という、やっと喋れるようになった赤子とその若いお父さんの声にすら、
切なさや幸せを感じて涙ぐんでしまう有様。
ただでさえ乾いている体から水分はどんどんと逃げていきます。

これではもう、泣き女です。

ここ最近、年を重ねたことが原因と思われる涙脆さを感じている方はいますか?
もしいたら"私はこんな些細な事で泣いたもんね!"大会をしませんか?

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-06-27 23:46 | other
<< 私の速さ あなたの速さ | ページトップ | 今日 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin