Top
あの時の言葉 #6

『私の中にはダークティンカーベルがいるの』

 友人M嬢の言葉です。
 誰の心にだって、少しだけダークな部分があるものだ、と
 彼女は言ってくれました。
 黒く小さな羽虫のようなティンカーベルが時折心の中を飛ぶことくらい、
 それくらいは許してもいいんじゃないの、と。
 ダークティンカーベル
 可愛いのやら怖いのやら。

『遊ぶ金ほしさの勤労って、変に聞こえるけど、
正しいんだよなあ。
だから逆に言うと、「H目当てのAV」って
正しくないんだよなあ』

 かっこいい大人の男の言葉です。
 AVというものをまともに見たことはないのですが、
 (ほとんどの女性には当たり前のことだと思います)
 たまたま夜中のザッピング中に見つけた番組、
 それとは思わず興味を惹かれて見入っていたら
 途中からHなシーンが始まって、
 AVでした。
 初めて、最後まで見てしまいました。
 人のSEXを見ることに興味の無い私。
 (自分のものを見せることにはさらに興味なし・笑)
 Hなシーンはどうでもよいのですが、
 その合間に入る映像の美しさや、なんとも不思議な人間関係の雰囲気が
 気になって、気になって・・・
 「これ好きだ」とまで思ってしまった。
 さりとてこれは、H目当てにAVを見る人にとってはさぞかし意味のわからない
 ものなのだろうなぁ、と。
 そんな話をした際に、かっこいい大人の男から出たのがこのセリフ。
 私には、わかったようなわからないような。
 でも、AV=SEX=恥ずかしい、という公式だけで計らずに
 むき出しのエロの合間に隠れているエロとは対極のものに
 惹かれてもよし、と勝手に理解しました。

『本当はね、みかさんの隣に座って、
黙って手でも握ってあげられたらいいのだけれど』

 こちらも大変素敵な大人の男の言葉。
 触れるということで慰めたり、祝福したり、気持を分かち合ったり、
 そんな瞬間が最近どれだけあったかなぁ。
 握手、ハグ、肩に回した手、背中を優しく撫でる手、
 それは恋愛とか、邪な思いとは別の場所で
 人と人がつながるためのひとつの優しい手段。
 言葉よりも手を握ろうと言ってくれる友達がいてくれることは
 本当に心強い。
 いつか必ず、お互いの想いをこめて手を握り合いたいと思っていますよ。


言葉を下さった人たちへ
こういう形であなたの言葉をお借りすることをお許し下さい。
これからも大切にさせて頂きますので。

☆停電は大丈夫だったかな?

a0027105_11231217.gif

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-08-14 11:17 | words
<< 今日 | ページトップ | もっと軽く:今日の記録 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin