Top
那須高原の一日

夏の思い出も作れず、このままでは秋も通り過ぎてしまいそうなので
思い切って、といっても車で2時間ほどですが、
那須高原へ行ってきました。

第一の目的地は

a0027105_21462911.jpg

紅葉の林に囲まれる、二期倶楽部
建築家渡辺明氏の設計に為るこのホテル、
ご存知の方、憧れている方はたくさんいらっしゃると思います。
いつか泊まってみたいと思うのですが、
私には、まだまだその準備が整っていません(笑)

a0027105_2202363.jpg
ちいさくていいから、こんな家を建てたいです。


a0027105_2223889.jpg
きっと、帰って来るたびにほっとするはず。


a0027105_21595364.jpg



お泊りが無理なら、と、レストランでお昼をいただくことにしました。




a0027105_2275764.jpg
「暖かいのでテラスはいかがですか」と勧められて
緑に一番近いテーブルに陣取らせていただきました。


a0027105_2252547.jpg
ワインをいただいてはドライバーに申し訳ないので
ココファーム・ワイナリーのぶどうジュースでスタート。
ぶどうそのものの、懐かしい味。
栃木でこんな美味しいものが作られていることがうれしいです。


a0027105_2241632.jpg
シーザーサラダには、削りたてのパルミジャーノと生ハム。
放し飼い那須御養卵の温泉タマゴを自分で崩しながらいただきます。


a0027105_2262649.jpg
比内鶏で取ったブイヨンにはたくさんの野菜。
二期倶楽部にはレストラン用の野菜畑があります。


a0027105_2265143.jpg
パンにつけて美味しいオリーブオイルをずっと探していました。
なのに、こんなにおいしいオイルの銘柄を伺うのを忘れてしまいました。


a0027105_2272721.jpg
「バジルの薫る那須白河産ピンクトラウトとシェルフィッシュのケーキ 
ロブスターソースクリーミーな男爵イモのマッシュと那須高原の秋野菜と共に」
いえ、もう名前なんてどうでもいいんです。
いい一皿でした。
変な強さが無くて、とてもやさしい味です。
味に癒されるなんて、なんと贅沢なことか。


a0027105_2294576.jpg
フランボワーズのソルべとヨーグルトチーズケーキ。
別腹ですね(笑)


a0027105_22102614.jpg
天気予報は雨だったんです。
車にはしっかり傘を積み込みました。
最高気温は10度のはずでした。
季節を少し先取りのコートも用意しました。
でも、お日様が隠れることはなく、
こんな季節に外で食事ができるなんて、ちょっとついているような気がしました。
(ちなみに、今、外は本降りの雨)

たっぷり時間をかけた食事の後は、たっぷり時間をかけてお散歩を。
林の中のぶらんこに乗ってみたり、
那須連峰の山肌が日差しで色を変えていくのを眺めたり。
これでまたしばらくがんばれるね、そんな話をしながら。

何もない田舎だと、あまり好きになれないままにこの地に住んでいました。
でも、少し歩み寄ってみたら(笑)
いろんなものが隠れている田舎だということがわかりました。
うん、やっぱりみんな、遊びに来てください。

さて、私の休日がこれだけで終わるわけはありません。
食欲に続く"欲"は・・・・?
そう、物欲!
明日は、『那須を買い占めるつもりなのか、mikansky?!』です。
(ウソ、ウソ。そんなに買ってないって)


[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-10-29 22:40 | trip・odekake
<< カラスじゃないってーの! | ページトップ | 夢の記録 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin