Top
一晩200万円は愛なのか?
どうも。
栃木が生んだ栃木のスター『テコ』の栃木弁ソングにはまったまま
抜けられないmikanskyです。
ざざざーって! (注:「アイスクリームの夜」by テコより)

クリスマスがやってくるんですってね。
カップルは必死なんですってね。
某シェントルマンは、クリスマスが
"クリスマスイブが恋人と豪華な夜デートして一発やる日"
になりつつあることを某snsの日記で嘆いていらっしゃいましたわ。
いや、" "の中はあくまでもジェントルマンのお言葉。
ピュアな私には"一発"なんてことは到底言えませんもの。
クリスマスイブの夜に
日本中の中途半端なビジネスもどきホテルやらラブホテルで
中途半端な木っ端カップルたちが
中途半端なプレゼントを交換し合って、
その挙句に何発もやるのかと思うと背筋がぞっとしちゃう、
なんて口が裂けても言えませんとも。

どこぞのホテルでは、一泊200万円のクリスマス宿泊プランを
売り出したそうです。
わずか一晩に200万をかけて、一体何を手に入れようというのでしょう?
さすがにそのプランが売れているかどうかは疑問ですが、
通常の部屋については24日は満室だとか。
一般庶民の稼ぎと比例させて考えれば、
スタンダードな客室でも、ほんの小さな石が付いたプレゼントでも、
なんとか払える範囲のイタリアンのコースも、
それなりの出費であるわけで、
それを自分たちの記念日でない日につぎ込んで
やっぱり何を手に入れようというのでしょう?
それとも、それくらいの額をつぎ込めば
愛ってものは手に入るのですか?

それにしても、ほぼ全室カップルなんて、
ちょっと気味悪くてそんな日には宿泊できませんね。
そして、翌日お部屋を掃除する人のことを考えると
気の毒でなりません。

ロマンチックなのは悪くはありませんよ。
ええ、どちらかと言えばステキなことです。
でもねぇ、同じ日にみんな一斉にそこへ走るって
やっぱりあまり上質だとは思えないです。
教会へ行って主に祈れ、とは言いませんが、
少しでも本当のクリスマスを垣間見てしまった私は
なんだか申し訳ない気持ちにすらなってしまうのですわ。
「あなたたちの神聖な行事を、汚してしまってすまん!」
と、土下座をしたくなるような。

ほら、なんやかんや言ったってさ、
私はそういう甘ったるいクリスマスっていうものを
生まれてこの方経験したことがない*からね、
「ひがんでんじゃないのー?!」って言われたらそれまでなんですけどね。
でもね、逆から言わせていただければ、
あたくしはそういうコトで聖夜を汚したことはありませんことよ。
主に対して胸を張れる自分を誇りに思っておりますの。
おーほほほほほ! ほぅ・・・

つうかね、イブは『M1』ですから!
こればかりはナイスなガイにディナーに誘われたって譲れませんから!

*つくづく運のない女なのでしょうか、 私mikasnky、
 世のカップルが過ごしているらしいロマンチックなクリスマスを
 経験したことがこざいません。
 異性から特別な意味のこもったクリスマスプレゼントなどを頂戴した記憶も
 ほとんどこざいません。
 それでもこうして生きているのだから、大丈夫だよ。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-12-10 15:40 | これってどうなのよ?
<< さらさらと生きるために | ページトップ | 朝が朝だったので >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin