Top
a0027105_22355746.jpg

どうも。
不健全な壊れた機械、mikanskyです。
ま、どうでもいいんだけどね。

コンプレックスというほどではないのですが、
わたくし、自分の声があまり好きではありません。
低いんです。
かつ、骨伝導抜き、
つまり自分以外の人に聞こえている形で聞いてみると
なんともヘンな声なの。

私は、ちょっと鼻にかかった声の女性が好きです。
芸能人で言えば鶴田真由のような。
あのテの声って、かわいらしさとセクシーさが同居していて
なんとも魅力的。
だから、ちょっと風邪気味で鼻声になったりすると
うれしくてたまらないんですね。
もう、時間よとまれ!鼻よ詰まれ!って感じ。
(どんな感じだよ)

正統派のキレイな声も憧れます。
元マラソン選手の増田明美なんかは
声もきれいな上に喋り方や言葉遣いも丁寧で美しい。
子供の頃から
「自分で『ゆっくりすぎる』と思うくらいの速さで話しなさい」
と言われるほど早口の私。
鈴を転がすような声で、おっとりと優しく話したいものだと
思い続けているのですけどね。

声って本当に不思議です。
たとえば、電話で話すことはあっても実際に会ったことはない、
なんてことは会社勤めなどをしているとよくあることです。
でも、声と話し方の特徴でその人のイメージを勝手に作り上げてしまう。
それが実像と合っていようとなかろうと、
そのイメージはかなり確固とした形で出来上がってしまうものです。
また、時には声だけでその人に対して恋愛感情を抱いてしまうこともある。
そんなことを考えると、やっぱり魅力的な声を持っていることが
かなりのアドバンテージになるのではないかしら?と思うのです。

自分の尻尾を人間の足に変えて王子様と生きることと引き換えに、
人魚姫は声を失ったけれど、
もしも魅力的な声を手に入れられるなら
私は何を引き換えにしよう?
いくら考えても差し出せるものが見つからないから、
せめて魅力的な話し方と言葉の遣いができるように精進くらいはしてみよう。

あなたは自分の声が好きですか?
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2007-02-06 23:15 | other
<< Somebody stop me. | ページトップ | 女はソレを我慢できない >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin