Top
三通目の恋文・mikaです
a0027105_22245685.jpg


姪っ子・甥っ子

あっという間に大きくなってしまったキミたちに、
伯母は自分の年を重ねては時々戸惑っています。

姪っ子。
あなたのお母さんはいつもあなたのことを
「成績はよくないけど、優しい子なんだよ。
あのまま大人になってくれたらいいな」
と、言っています。
それは私も同じ思いです。
年の割りに子供っぽいところが少し気になるけど、
礼儀正しくて、人のことをきちんと気に懸けることができるあなたを
私はいつも見習いたいと思っています。
素直に育ってくれてありがとう。

甥っ子。
あなたを見ていると、子供の頃の自分を見ているようで
伯母は、うれしかったり、心配だったり
いろいろな気持ちになります。
臆病で、意地っ張りで、敏感過ぎて、頭の中で沢山の言葉が生まれて、
多分、同い年の他の子が気づかないものが見えてしまう。
それはきっとずっと続くだろうけれど、
それでも考えることを止めずにいてください。

私には自分の子供がいない分、
きっと、あなたたちを守るためには
大概のものを捨てることができると思っています。
もちろんそれには何の見返りもいらないのですが、
ひとつだけお願いがあります。
私の名前はmikaです。
ちっちゃんはまだ我慢しますが、
「ちえこ!」と呼ぶのはやめて下さい。

また遊ぼうね
ちっちゃんより

 +姪っ子・甥っ子+
   以前も書きましたが、
   姪が私のことを「ちっちゃん」と呼び始めたことを発端に
   ちっちゃん→ちー→ちえ・・・
   と変化を遂げ、今や彼らは私をちえこと呼びます。
   甥っ子が「えっ?!mikaって名前だったの?!」と私に向かって
   素っ頓狂な声を上げたのはわずか2年ほど前のことでした。
   今や自分でも「ちえこにもそれ頂戴」なんて言ってしまう自分が怖いです。
   余談ですが、今日、花粉症が始まりました。
   くしゃみと目のかゆみがひどいです。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2007-02-13 22:52 | other
<< 四通目の恋文・あまーい!! | ページトップ | 二通目の恋文・幸せだよ >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin