Top
最後の恋文・それはもちろん
a0027105_22184077.jpg


You

最後の恋文は、かなりベタなパターンですが
いつもこのブログを読んでくださる皆さんへ。

自分の書いたものを介して誰かとつながることができるなんて、
プロでもない私には絶対にないことだと思っていました。
ブログは、チョコレートに次いで偉大な発明だ!と心から思います(笑)

いつもコメントを下さる皆さん、
あなたの言葉が、私の凝り固まった視点をぐいっと180度動かしてくれることがあります。
沢山の知恵と考える力をありがとうこざいます。

そっと見守ってくださる皆さん、
気配はいつも感じています。
いつかお話してみたい気もしますが、
そこにいて下さるるだけで、書く力がわきます。
ありがとうこざいます。

ブログの前から私を知っている皆さん、
ここで書いている私は、あなたが知っている私とは違う顔をしていますか?
多重な心を持った私のいい加減さを、
大目に見てこれからも付き合ってくれたらうれしいです。

もし、私の命があと1ヶ月だとわかって、
おまけにその時私に莫大なお金があったなら、
いつもこのブログに来てくださる皆さん、
コメントくださる方も、見守ってくださる方も、旧知の面々も、
みーんなを代々木公園に呼び寄せて(新宿御苑でもいいけど)
全員で輪になってお弁当を食べたいです。
交通費は私持ち。
でも、お弁当は各自持参。
(みんなのお弁当見たいから・笑)
いつそんな日が来てもいいように、
頑張って働いてお金持ちになります。

毎日生きていくための力をありがとうこざいます。


Much love,
mikansky






朝イチで眼科へ行って、
結膜炎はおそらく大丈夫でしょう、とのこと。
約1ヶ月ほど菌は残るのだそうですが、
かなり力が弱くなるのでまず他へ感染はしないのだそうです。
そうかそうか、と言いながら
その足で以前から予約してあった歯医者へ。
詰め物が取れてちょっと調子の悪かった歯を見てもらいました。
そしたら、
「残念ながら、この歯を助けることはできません。
手遅れです」って。
えぇーっ、手遅れっ?!
美人薄命の覚悟はできていましたが、
結膜炎が治ったと思った途端に手遅れ宣言とは、私は一体どうなるのですか?
「抜歯です」
抜歯、抜歯、ばっし、バッシ、ばっ・・・(エコーと共にぐるぐる回る感じで)
「いきなりというのもなんだから、今日じゃなくてもいいですよ」と言う先生を制し、
「ひと思いに今日やっちまってください」とお願い。
そこから先はもう、血まみれ観音
私の肩には人面疽があるの(泣)、じゃなくて。
歯の根っこがなかなか抜けなくて、
「もう少し無理すればなんとか抜けそうだけど、
鼻との間の骨を破っちゃっても大変なので、ここでやめておきましょう」
ええ、やめてください!
なぜか、かわいい歯科助手さんが「どうぞ」と抜いた歯をくれました。
5時間おきに痛み止めや炎症止めを飲んで、
あまりモノが食べられません。
詰め物が取れてしまった歯に対する放置プレイは2ヶ月が限度だそうです。
それを超えるとプレイではなくなって、地獄が待っていますので
皆さんご用心。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2007-02-21 22:52 | other
<< ゴージャスセレブ | ページトップ | 六通目の恋文・椿の下で逢いましょう >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin