Top
ネクストバッター車両

しっかりとスーツ&ネクタイで装い、30には手が届こうかという形(なり)で、
立川から高円寺までの間(JR中央線快速 約30分間)車内の通路で
延々と野球の素振り(幸いバットはなし)をしていた
サラリーマン(同僚らしき連れ数人あり)の頭の中を覘いてみたいと思った
月曜の帰り道なり。


注)決してアブない人でも酔っ払いでもありませんでした。
  (ある意味アブないか)
  なんかねぇ、『俺って野球できちゃうの。見て見て!』っていう感が
  ありあり見えてたの。自己顕示欲というか、素振り中は妙に自信満々の
  笑顔。
  苦手なんです、そういうの。うっとおしい。
  それ以前に凄まじいレベルの常識欠如が最悪なんですが。
  月曜の夜の私はただでさえクタクタなんです。
  園児から中2まで4時間ぶっ続けで闘ってるんだからさ。
  頼むから神経逆撫でしないでくれ。(涙)
  もし彼が高円寺で降りずに、もう少し長く電車に乗っていたら
  間違いなく私はすれ違いざまに耳元で
  「腰が入ってないんだよ。それじゃボールは真芯に当たんねぇよ」
  と囁いてやったことでしょう。

あ、なんか私、感じ悪いですか?


  
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-06-29 00:26 | other
<< 早く起きた朝は | ページトップ | ネーミングの怪 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin