Top
最近、mikanskyの朝は
a0027105_2244942.jpg

やっぱり夏の朝はアイミティーよねぇ。

って、死語ギャグとして使ってウケを狙ってみようと思った"アイミティー"。
ちょいと検索してみたら、意外や意外、
割と普通に使われているようです。
世の中そういうものなのでしょうか?
「よっしゃ、今夜はアイミティーで鷲づかみよぉ!」
と調子に乗った心がちょっと縮んじゃったじゃありませんか。

閑話休題。
ここ数日、夕食を抜いています。
いえ、そんな簡単なことで痩せたりするほどの
やわな体じゃありません。
ただ、寝る前と、目覚めたときの空腹感が
ちょっと爽快だし、
寝る前に、
「さあて明日の朝は何を食べよう」
と考えるのは楽しい。
だから続けています。
もちろん朝ごはんはしっかり食べる。

「プー、きみ、朝おきたときね、まず第一に、
どんなことをかんがえる?」
「けさのごはんは、なににしょ?ってことだな。」
と、プーが言いました。
「コブタ、きみは、どんなこと?」
「ぼくはね、きょうは、どんなすばらしいことがあるかな、ってことだよ」
プーは、かんがえぶかげにうなずきました。
「つまり、おんなじことだね。」と、プーは言いました。
 『クマのプーさん』 A.A.ミルン作 石井桃子訳 岩波少年文庫
 P245 L2-9 より

プーさんにとって、
美味しい朝ごはんは、
今日という日に起きるすばらしいことなのね。
確かに、朝をキレイに過ごした人の一日は
やっぱりキレイになりそうだ。
朝は大切。

しっかり眠って、早起きして、
(ここのところ、6時前に目覚めます。
7時ちょい前までベッドでニュース見てるけど)
プーさんのように「朝ごはん、何にしょ?」って考えて、
しっかり食べて、
アイミティー飲んで、
新聞を読んで、
そうすると、コブタ(ピグレットね)のように
なにやらいい一日になりそうな気がしちゃうのね。
ちゃんとした人でいられそうな気がしちゃうのね。
朝笑えれば、一日笑える。

でさぁ、アイミティーって、この時代に使ってもOKな言葉なの?
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2007-06-20 23:13 | other
<< どうも、スズキです | ページトップ | 言葉 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin