Top
石ころの歌

佐々木あららさんのこんな歌
やっぱりキーワードですよ、伊勢海老のグラタン。

私は友人数名と『石ころ組』なる秘密結社を作っている。
こんなところで堂々と書いているんじゃ秘密もへったくれもないのだけどね。

石ころ組とはなんぞや?
そもそもそれは、ある人類学者がテレビ番組の中でかました発言が
きっかけで生まれた切なくも逞しい乙女たちの集団である。

その番組は、人類の祖先をたどる、
といった類のドキュメンタリーだったのだけど、
エンディングでその学者が
「そもそも生物の主たる存在意義というのは
種を保存し、自分の遺伝子を次の世代へ伝えていくということなのです。
それでこそ生物なのです」
といった感じの発言をした。

瞬間、生物を動物と取り違えてしまった私が
「じゃ、種の保存の可能性が皆無に近い私は植物ってこと?」
と言うと、一緒にテレビを見ていた母が
「おバカだね。あんたは生物以外なの。
そうねぇ、強いて言えば鉱物。石ころ」

鉱物・・・石ころ・・・ふぅ。

負け犬は負け犬を呼ぶマグネット体質なのか、
私の周りには結婚どころか、
種の保存につながる行為にすらかなりご縁のない友人が多い。
早速私は負け犬仲間のひとりに
この母の『石ころ発言』について話してみた。

「う~ん、じゃ石ころ組の会員番号1番はmikanskyちゃんにあげるよ。
私は2番でいいや」
いや、そういうことじゃなくてさぁ!
と心では思いつつ
「コロ1、コロ2かぁ。
コロイチ染の輔・染太郎でございます、って感じでグーだよね!」
なんてこと言っちゃうから鉱物ライフからおさらばすることが
できないんだね、わたしゃ。

人づてに話が伝わったりして、
石ころ組の会員はあれよあれよと言う間に
まるで悪徳金融の利息のように増えていった。
独りで立つことに良くも悪しくも慣れてしまっている石ころどもは
決して馴れ合うことはないけれど、
要所要所ではなかなか皆ユニークなキャラを爆発させてくれる。

遺伝子なんぞ伝えなくとも結構。
一代にして全てを絶ちきるこの潔さよ!
「死して屍拾う者なし」
この名言を胸に、今日も石ころたちは
割と楽しく生きておりまする。

あ、でも、
実際の種の保存は別として、
いい男が現れた場合、
種の保存につながる行為は
それを否定・拒否するものではありませんので
ご承知置きください。

もっと恐ろしいタコのしめかた

--------------------------
あなたも参加しませんか?
その名も「僕腎紹介 逆Track Backに挑戦!!」
ササキさんの新居にトラバ、目指すは100件!
ご賛同いただける方は、ササキさん宅めがけてGO!!
新居にある、これはという記事に縦横無尽にトラバして「僕腎」の紹介をしてください。

佐々木あらら・僕の腎臓がたいへんなことに!:URL
http://blog.livedoor.jp/sasakiarara/
エキブロ以外のブログよりTBする方法はコチラ
(http://crazymam.exblog.jp/460374)

企画:ZeroMobile●http://zeromobile.exblog.jp/
   nutschoco●http://nutschoco.exblog.jp/
   crazy_mam●http://crazymam.exblog.jp/

■参加を表明される方は
 この---〜---の間をコピーして、記事の末尾に貼ってください。
■トラバ後コチラのコメント欄(http://crazymam.exblog.jp/449646)にもご一報いただけるとウレシイです。
-------------------



[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-07-06 23:17 | other
<< 夢の紅白歌合戦その2 | ページトップ | くたくたの車窓から >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin