Top
バカップルハンター再び
久しぶりに、毒吐かせてもらいます。

そりゃあもう、暑い暑い一日でしたよ今日も。
そんな中、拠所ない事情により
自転車で近所のコンビニまで出かけた私です。

殺人的暑さ、なんて表現もありますが、
本当に死ぬかと思うほどの暑さ。
やっとたどり着いたコンビニで用事を済ませた後、
ふと「冷たい飲み物でもかって帰ろうかね。
そうだ、ディアボロジンジャーだ」と思ったわけです。

ドリンク売り場へ歩を急がせる私の耳に
「そうだぁ、飲み物、なんか買ってくぅ?」
という声が飛び込んできました。
果たしてドリンク売り場の前には20代半ばのカップルが。
2つあるソフトドリンク用の冷蔵庫の扉の、
右扉の前に女、左扉の前に男が陣取っています。
恋するふたりの間にずかずかと割り込むのも
いかがなものかと思い、
乾き物だの、柿ピーだの、酒のつまみあたりを冷やかしつつ
扉前が空くのを待つことにしました。

・・・・・・・・・・・。
まだかよっっっ!!!
飲み物選ぶのに、そこまでの時間はいらないだろう、
という程の時間、件のカップルは扉の前に突っ立っています。
突っ立って何をしているかというと、
2人とも言葉もなく、じっとガラスの向こうにある
ペットボトルの群れを眺めているわけです。
ひょっとしたら、あまりの暑さにどうにかなりそうになりながら
「み、水・・・」と、やっとの思いでコンビニにたどり着き、
死力を尽くしてドリンク売り場までやって来た途端に
立ち往生してしまったのか?!
それとも、「自分は今何を飲みたいのか?」
という疑問に答えを出すために
何分も何分もフルスロットルさせなければならないほど
小さな脳みその持ち主なのかっ?!

ディアボロジンジャー1本を手に入れるために、
私はどれだけの思いをしなきゃならないのですか、神様。
体を焼き尽くすような日差しに打たれてここまでやって来た私に、
なぜこんな仕打ちをなさるのですか。

やっとの思いで飲み物ひとつを手に入れて、
店の外に出てみれば、今度は別のバカップルが
こちらもなぜかドアのまん前に突っ立って
2人でタバコをぷかぷか。
あと数歩先にある灰皿を黙殺し、
さりとて携帯灰皿も持たないままに、
煙を吐き続けています。
よくもまぁ、
新・加勢太周改め坂本一生ばりのタンクトップ(真っ青)に、
ショッキンググリーンのバミューダパンツを身に付けて
外出するような人と付き合えるものだと横を見ると、
サザエさんと見紛うばかりのちょんまげヘアに、
なぜかWWFのTシャツを着た女性。
プリントされたパンダの大きさで言えば、
正直、私のパンダリラックスTシャツの方が負けているが。

なんだかなぁ・・・
カップルって、悲しいほどに似たもののくっつきあいなんだな。
レベルというか、質というか、品性というか、
その辺りが大きくズレた人間が一緒にいられるわけはないから、
2人の大人がいながら、どちらかが疑問に思うこともなく、
平気で一緒に常識外れた行動をとっちゃうの。
傍目にはなんともみっともなく映っても、
当の2人はそれで幸せ。

割れ鍋にとじ蓋・・・。
ああ、割れ鍋にもとじ蓋にもならないように
品性を養わねばと、炎天下に自転車をこぐ私なのでした。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2007-08-16 22:17 | これってどうなのよ?
<< 快 | ページトップ | 恋の終わり >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin