Top
オススメのイケ面
a0027105_1285189.jpg


最近よく考える。
いつまでこの仕事を続けられるだろうか、って。
未曾有(み・ぞ・う)の経済危機に見舞われているこのご時世だもの、
生きていくためにさほど必要のないものにまで
お金をつぎ込むことは、皆、できない。
そう考えたら、仕事として私が提供しているものなんて
いの一番に削られてしまうものなんだな。
だから、仕事を失った人たちのニュースを見るたびに
そうは遠くの世界の事とは思えずに、ため息が出ちゃうのね。
ああ、とため息をついた後、思うのね、
「だから、身につけられる武器はなんでも手に入れなきゃだめなのさ!」

バブルの頃は「内定10件ゲットです♡」なんて
テレビカメラの前で暢気に笑う学生がたくさんいた。
(あの人たちは今、どこかできちんと役に立つ大人になっているんだろうか)
でも、今は、ただ大学を出たというだけでは、ただ英語ができるというだけでは、
ただ愛想がいいというだけでは、簡単に仕事にありつくことなんてできない。
大学を出たあなたが、英語ができる私が、愛想のいいあの人が、
一体、その会社にどんな利益をもたらすのか、が重要。
そう、
「こんな大変な時代だからこそ、苦しい中から給料を払ってでも
この人に我が社で働いてもらいたい」と、
こんな時代だからこそ必要な人材だと思わせなきゃならんのです。

ただ、残念な事に、必要だと思わせるためのチャンスって、
わずか数回の、ことによってはたった1回の面接しかないのが現実。
できることなら、長い時間を共に過ごして、
その中でじっくりと人となりを知ってもらうことができたらいいのにね。
自分の一生を決めるかもしれない重要な岐路に、
与えてもらえるチャンスがそれだけなんて、
そこで失敗したらおいらの人生どうなっちまうんだよぉぉ!
ええ、気持ちはよくわかります。わかりますよ。
でも、モノは考えようです。
入っちまえばこっちのモン!とまで大雑把なことは言わないけれど、
面接というハードルを上手に飛び越えちまえば、
あとはあなたの心構えと努力で先へ進むことはいくらでもできるのです。
わずか数個、ことによってはたった1個のハードルを上手に飛び越えるために、
必要な武器さえきちんと身につけて挑めば、
あなたのつま先がハードルにつまづくことはありません。
そう、わずかな時間の面接にもそれを乗り越える技術があるのです。

「イケてる面接術」は、30日間をかけて、
着実にその技術を身につけて、明るい未来を切り開こうではないか、
という素敵な本です。
ただし、そんじょそこらにある、
ソレを読んだ人間がみんな判で押したように同じような発言をして、
「ははーん、コイツもあの本を読んだか」なんて面接官に思わせてしまうような
レディメイド臭い面接本とは一線を画しています。
だいたい、面接を乗り越えるために、30日間をかけて学んでいこうなんて、
「仕事を手に入れるってーのはさ、付け焼き刃じゃいかねーのよ」
というちょっとした厳しさが見え隠れしてるでしょ。
だけど、その30項目は、本当に合理的な面接攻略のコツなわけですから、
結局この本は、
あなたに無駄な遠回りも、インチキ臭いショートカットもさせることはありません。
新卒として近い将来就職活動を始める予定の方、
ご家族、お知り合いにそんな若者がいる方、
新卒ではないけれど、なんとか新しい人生を切り開きたいと考えている方、
今その努力の真っ最中の方、そんな方にオススメの本です。

なんて素敵なこの一冊。
NHK出版から今月の28日に発売となります。
ん?
まだ発売されていないってことは、
読みもせずに偉そうなことを言っているのかmikansky?!
そんな無責任なことをやってるからいき遅れるんだぞ、mikansky!
ってか?
いえ、もう読んだんです。発売前だけど読んじゃったんです、アタシ。
実はこの本、私もほんの少しだけお手伝いをさせて頂いています。
お手伝いっていうより、構成・執筆のロイ渡辺氏に
「お手!」と言われて「わん!」と右手を出した程度なのですが。
で、「お手」をした私へのご褒美として、
担当のNHK出版滝沢さんが見本として上がったものを送って下さったのです。
素敵です、タッキー。(私の中では、勝手にタッキー呼ばわり)
お手を命じたのはロイ氏ですが、ご褒美をくれたタッキーに
しっぽを振って一生ついて行こうと心に誓ったアタシです。

それにしても、もう一度心して読んでおかなくちゃ、
「イケてる面接術」略して「イケ面」。
私も、いつ仕事がなくなってしまうかわからないもの。
ああ、本当はいつか、アシスタントや秘書でも雇うために、
面接をする側になりたいんだけどねぇ。

お仕事、下さい。

「おちまさとプロデュース イケてる面接術」
 「おちまさとプロデュース イケてる面接術」をつくる会・編
  NHK出版
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-01-24 12:11 | book
<< コストコ | ページトップ | 気になって仕方ない >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin