Top
クラス会
a0027105_23315578.jpg
カナダで暮らしている友人(日本人)が1年ぶりに帰国したので、
もうひとりの友人も誘って下町巡りへ。
韻松亭でお昼を食べた後、ぶらりぶらりと歩きます。


a0027105_23304117.jpg
谷中墓地。
おじさまたちがあるお墓の写真をやたら撮りまくっているのが気になって
友人がそのお墓の隣に並ぶ看板をチェックに走りました。
戻って来て
「何やら悪女のお墓らしい」
それだけじゃわからないって。
詳しく見てみたら、高橋お伝という人のお墓でした。
死して尚おじさまたちを惹きつけるのは、悪女の悪女たる所以なのか。


a0027105_233145.jpg
何があるわけでなくても、路地を歩くのはどうしてこうも楽しいのか。
精力的に歩き回るにはちょっと暑い一日だったので
「乱歩」でちょっと一服しつつ、それでもずんずんと歩きます。


a0027105_23311722.jpg
初めて根津神社へ行ってみました。あまりの人の多さに「日曜だから?」
いえいえ、つつじ祭りだからでした。
ひしめくように出店が並んで、その周りを沢山の人たちが歩く様子に友人が
「どこかアジアの他の国に来たみたい」
と、ぽつり。


a0027105_2333763.jpg
幾重にも並ぶ鳥居をくぐってくぐって神様のお側へ。


a0027105_23314642.jpg
おみくじは、こんなふうに打ち出の小槌をふって引きます。
それだけでもちょっとご利益がありそうな気がしてしまう。


a0027105_23341976.jpg
ボランティア ネパール店????
道すがらいくつか並んでいた看板に引っ張られるように進むと
建物のガレージを利用してバザーのようなお店が開かれていました。
ネパールのアクセサリーや衣類、小物が所狭しと並んで、
それを運営するのは数人のおばさまたち。
とても香のいいネパールの紅茶と、おばさまたち手作りの梅ジャムを購入。
看板を見た時は怪しげなお笑いネタとしてシャッターを切りましたが、
どうしてどうして、とてもいい買い物ができました。


a0027105_23362059.jpg
何時間も歩き回って喋りまくった後は、精養軒のメロンソーダで休憩。
この後更に、アメ横突入の、七輪焼き肉の宴へと続くのですが。

この日一緒に歩いた私たちは、カナダのカレッジで出会った仲。
実は、他にも2人、やはり同じカレッジで一緒だった友人が
この日地方から都内へ出て来ていたのですが、
スケジュールが合わなかったり仕事で抜けられなかったりで合流できず。
そんな彼女たちとも散策の合間に電話やメールで連絡をし合いつつ、
まるでクラス会のような一日でした。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-04-19 23:37 | trip・odekake
<< この胸のときめきを | ページトップ | 偏愛 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin