Top
夢を見た

一休和尚の庵『一休寺』にトラックバックです。
一休さんは、とんちを使った夢を観るか?

私はよく寝言を言うようです。
ある時は
「ぱーっと行こう!!」と叫び、
またある時は
「はい、そうでございますね」と裏声を出し、
挙句には
「It's easy!」と能天気な英語を発したことも。
しかし、目覚めてから考えるに
寝言とその時見ていた夢って必ずしも一致していないんですよね。

よく見る夢は、高校に行く夢。
この年で、今の状況のまま、ある日突然
「私、まだ高校を卒業してなかった!」と気づくのです。
齢30を越えてバック トゥ ザ高校生です。
でも、靴箱が見つからなかったり、教科書がなかったり、
大変苦労するのです。

これはパターン化した夢ですが、
一度しか見たことがないのに、強烈に印象に残っているというものもあります。

ある日見た夢は、ある意味とても怖いものでした。
気づくと私の周りには学生時代、社会人、留学中などに知り合った
友達があふれているのですが、
みんな私に対してまるで初対面のように接します。
不思議に思っていると、唯一見覚えの無い人が近寄ってきて
私の耳元でこう言います。
「この人たちの記憶からあなたの存在は消えています。
あなたはまた初めからこの人たちと知り合っていかなければなりません」

また、ある夜は音声のみの夢を見ました。
暗闇の中から
「蟹江さんに聞きなさい」
という声が聞こえるだけ、という夢。
何かのお告げではないかとすら思ってしまいました。

そして昨夜の夢は、
私の部屋に何人もの女性が入ってきて
何十台ものパソコンのディスプレイを運び込むのです。
事情のわからない私が呆気にとられていると、その人たちは
「逃げろー!!」と口々にに叫びながら走り去って行く
というもの。

夢には人の深層心理が影響しているなどと言いますが、
こうしてみると、どの夢もなにやらひっ迫した精神の産物のような
感がありますね。
いったい私の中には、自分すら気づかないどんなモノが
眠っているというのやら。

人は皆夢を見るそうです。
「私は見ない」という人は単に覚えていないだけのこと。
さて、昨夜のあなたの夢はどんな夢でしたか?

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-08-29 14:15 | other
<< 清き一票を! | ページトップ | 夏の置き土産 >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin