Top
カテゴリ:trip・odekake( 64 )
Top▲ |
旅日記・9月1日Wed.(日本時間)

12:00 成田空港着
13:25ノースウェスト8便シアトル行き離陸
---現地時間---
 7:55シアトル着
10:10ホライズンエアビクトリア行き離陸
11:10ビクトリア着

さてその裏側は・・・
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-09-09 15:39 | trip・odekake
エロテロリスト無事帰国す
a0027105_1057297.jpg


昨夜、無事帰国&帰宅しました。

往きよりも帰りに時差ぼけが激しい私は
昨夜から頭の中に靄がかかった状態。
今やっと部屋の掃除を終えました。

私にとってのカナダへの旅は
観光旅行というよりは「帰る」意味合いの強いもの。
そして、だらけた自分に喝を入れるものでもあります。

あちらで私を迎えてくれる人たちは
人種に関係なく、
驚くほどあっけらかんとした面と
とても深く物事を見つめている面を共存させて
生きている人たちばかり。
海辺のコンサートで音楽に合わせて陽気に踊る彼らと、
一本の映画や人生の意味についてとことん語り合う彼ら。
そんな人たちと時間を共にしていると、
「毎日をとことん楽しんでる?」
「自分の人生ときっちり向かい合ってる?」
という二つの質問を投げかけられているようで
毎度身が引き締まるのです。
いつかはこの質問に対して
「Of courese!」と、ヨン様ばりの返事をしてみたいものだと
思っています。
自分の中の"感じる器官"と"考える器官"を
フルに使って生きていくことの快感を
もっともっと味あわねば、と。

時間をかけて少しずつ
旅日記を書いていくつもりです。
写真もいくつかUPしつつ。
また、留守中にいただいたコメントへのお返事も
お習字大会の結果もできるだけ早くさせていただきます。


++写真++
『HAPPY DAYS GOAT DAIRY』という、
山羊のお乳で作られたヨーグルトのパッケージです。
スーパーで見かけてひとめぼれ。
「ランチボックスにしたい!」
即購入して中身はしっかり食べ、
空のパックを持って帰ってきました。
これはイチゴ味。
プレーンのパッケージはイチゴの代わりにマーガレットの花が描かれ
それもまた素敵だったのですが、
さすがに2パックは食べられず、泣く泣く諦めました。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-09-09 11:33 | trip・odekake
成田にて
a0027105_12511579.jpg

定刻より早め?
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-09-01 12:49 | trip・odekake
ネーミングの怪
a0027105_22218.jpg

友人と共に4人で那須高原へ行ってまいりました。
むかーしは茶臼岳くらいしか見所が無かったのですが、
最近ではお洒落なレストランやカフェ、お店がたくさんできていて、
自然の中で息抜きをしに来たのやら、ショッピングに来たのやら
わからない状態。
なぜか巨大なバリ島雑貨店なんぞがあったりして
「ここはどこ?」という雰囲気すらあります。
ま、楽しいんですがね。

しかし、高原のお店ってなぜあんなに不思議なセンスのネーミングを
するのでしょう。
『ペンション 1年2組』やら『カフェ 光の止まり木』やら・・・
「やっぱり電話に出る時は"はい、1年2組でございます"って言うのかなあ?」
「働きたくないねぇ」

那須へ向かう途上には『ガーデニングホテル つれてって』なるラブホテルもありました。
ガーデニングホテルぅぅ?!
せっかくの逢瀬の時間に、ハーブの寄せ植えでもやらされるのだろうか?
そんなホテル、口が裂けても「つれてってぇ」などと言いたくないものだわ。

そして、お店の名前とはやや違うのですが、今日私たちの一番の話題は
『大チワワ展開催中』の看板。
「大チワワ展って、どんな展示会(?)だろう?」
「チワワって言ったってそんなにたくさん種類があるわけじゃないだろうしね」
「うーん、牛くらいの大きさのチワワが一匹(頭)会場の真ん中にいるんじゃないの?」
「・・・・」
『大』はそっちにかかるのか?!

++写真・本日のお買い上げ++

 ドリームにて・・・皇室ご用達のパン屋さんとして有名
   森の木の実のパン、オレンジのパン、那須あんぱん
 チーズガーデンにて
   スモークチーズ、チョリソウィンナー
 ベリー工房にて
   ルバーブジャム


   
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-06-27 22:22 | trip・odekake
| ページトップ |
"cat-screams" Skin
by Animal Skin