Top
カテゴリ:today( 373 )
Top▲ |
魔が差す
HDDが容量いっぱいだったから、
あれこれ悩んで断腸の思いでいくつか消去して、
そうやって録画した番組をなぜか簡単に消してしまった。
タイトルすら見ないままにざっくりと消去。
一瞬の出来事だった。
「決定」ボタンを押すその直前に
「あっ、押してはダメだ!!!!」って気づいたのに時すでに遅し。
指はボタンをぽちっとな。
身体は簡単に心を裏切るね・・・。
結構打ちのめされている夜更けです。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-10-04 23:31 | today
日和
a0027105_11223972.jpg
近所の小学校は今日が運動会。
自転車でコンビニに向かう途中、学校の脇を通りかかると
咥え煙草で携帯メールを打つ若い母親の姿。
他にも、たむろして細い道をふさぐ親たち。
父親も母親も、運動場に背を向けて、関係のない話に夢中ということか。
青く晴れ渡った、まさに運動会日和に恵まれたというのに
なんだか美しくない。

そして私はプリン日和。
熱で溶ければ別に問題はないんだけど、
いつもきちんと丸く流し込みたいと意気込むカラメル。
が、しかし、毎回結局はこんな具合だ。


a0027105_11231084.jpg
井川遥が出ているインテルのCMを見ながら、いい女のステレオタイプというのもあるんだなぁと
つくづく思う。
いかにも、男(特に若い男が)はこういう女(年上の女)に振り回される、
という平凡な固定観念の上に描かれているって感じ。
つまらない。

さて、プリンが冷えるまで仕事。
ちょっとだけでもいいから、仕事から離れてみたい。
でも、仕事は常に頭の片隅にある。
だから私には休みというものがない…
ような気がして少し疲れます。
(そのくせ、赤貧洗うが如しの日々ですが)
いっそのこと、また、海外に住んでしまおうかな。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-09-11 11:55 | today
灼熱の午後
a0027105_13245347.jpg
またもやグロッキーです。
当然、人間もへろへろ。
へろへろなのに、昼から天ぷら揚げてみました。
美味しいさぬきうどんと、朝取れの夏野菜を頂いたので
そりゃあ天ざるうどんでしょ、てなわけで。
へろへろも吹っ飛んじゃうくらいの美味しさでした。

ちょっと前のことですが「インセプション」を見ました。
「ダークナイト」を見たときも感じたのですが、
クリストファー・ノーランって心底映画が好きなんだなぁと。
もちろん、好きだから映画監督を生業としているわけだけれど、
それでも時に「で、この監督は何がしたいの?」という作品に出くわすこともあるわけです。
だけど、彼の映画を見ると、ストーリー云々とはまた別に
「ああ、この人は本当に好きなんだ」ということに感動してしまう。
現に、CGは極力使わないようにしたということを頭に置いた上で見たあるシーンで
「ここまでするか」と涙が出そうになった私。
そりゃあCG使えば何だってできます。
私たちが夢に描いた世界も映像にできる。
でもね、何か腑に落ちないのです。
上手く言えないけれど、CGだらけの映画に「それでいいのか?」と感じたりするのです。
 ※この上手く言えない私の気持ち。キング・オブ・コメディがDVD「誤解」の中の
  「集会」というコントの中で具現化してくれています。いえ、頼んだわけではないですが。
  「最近、面白い映画がねぇー!」で始まる組長の言葉がまさに私の気持ち。
  気になる人は見てみてね。
 

「インセプション」一筋縄ではいかないストーリーなので
常に考えながら見ないと置き去りにされてしまいます。
でも、考えることが好きな人にはたまらない映画です。
もう見た人とは「あのラスト、どう思う?」ってところから色々話したいです。
(見た人、あのラストどう思う?まだ見ていない人のために鍵コメントであなたの考えを教えて下さい)

それにしても、日本映画がこのレベルまでに追いつくのは一体いつのことなんだろう。
いや、もっと昔には、純粋に映画が好きでたまらない監督が日本にもいたのかも。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-08-01 13:39 | today
鼻先のにんじん
しゃがみこんで泣いちゃいたいくらい忙しいことがある、
という感じのことを以前書いた記憶がある。
ここ数日が、まさにそう。
全部が済んだ一日の終わりにはただぼんやりと座りこむだけ。
心は体から離れてどこかに飛んでいる。
こういう時こそひとつひとつの仕事としっかりと向き合わないと
絶対に痛い目にあう。
だから、すべてから解放された時間には、
自分にゆとりを持たせることのできる何かを少しだけ楽しむようにしている。
馬の鼻先ににんじんをぶらさげるみたいにね。

というわけで、昼間録画しておいた「美男<イケメン>ですね」を見ています。
そうなんだよぉ。
「太陽の女」に続きまたもや韓流ドラマにハマっちゃったんだよぉ。
しかも、タイトルに「イケメン」なんて言葉が入ってるよ。
・・・くやしいです!!
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-07-29 00:02 | today
今日の由無し言
サッカーで盛り上がるばかりのテレビが「パラグアイ」と言うたびに
どうしても「腹具合」と聞こえてしまうのは
OPP芸人ならぬOPP女の哀しい性でしょうか。

サッカーと言えば、デンマークに勝利した日本チームについて
「引き分けで十分なのに敢えて勝ちにいった日本」
とコメントした司会者に対して
「勝ちにいかなくてどうする?! 勝ちにいかなきゃ引き分けにもならん!」
と、母激怒。 
確かに。
結果をだけを取ってあれこれ批判するのは意地が悪いが、
結果が出る前から「ここまで」と線を引いて戦う選手はいるまい。
「引き分けで十分なのに勝ちにいった」なんて
選手に対して失礼な言い草だ。

お昼。
昨日の残りのカレーを食べようと思ったらご飯がない。
ふと思い立ってパスタを茹でて、カレーパスタにしてみた。
「おっ、パスタで食べる時にも福神漬けは合うんだねぇ」
なんてパスタをすすりながらテレビを見てたら
CMに滝川クリステルが。
そういやこの人、前に、
フランス人シェフとフランス語で対談をしてて
「家で食べるのは大抵フレンチですね。コマンタレヴー」
なんて言ってたっけ。
いや、コマンタレヴーは嘘だけど。
昨夜の残りのカレーをパスタにかけて食べるなんてこと
この人の人生の中では絶対に無いんだろうな。
昨日の残りのカレーなんて食べないんだろうな、クリステルは。
ひょっとしたら、家でカレーなんて作らないのかもしれないな、
なんたってクリステルだもんな。
そんなことを考えながら、
それでも尚カレーパスタをすする自分とクリステルのギャップがおかしくて、
ちょっとだけ声をあげて笑った日曜の午後でしたとさ。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-06-27 23:05 | today
今日の徒然
a0027105_2245072.jpg
先日道の駅で買ったプチトマト。
普通はまとめて袋に詰められているところを
ひとつひとつがふんわりとした台座に鎮座しているところなんざ「何さま?」といった感じですが、
悔しいかな、美味しいんです。
濃い。
トマト界でも優秀なものは優遇されるのですね。

朝食を食べながら母が
「オランダと日本、どっちが勝つか賭ける?!」
と言いだしました。
「サッカー賭博だ(笑)」って、
相撲取りの真似は体型だけで十分ですよ、母上。

暑い一日。
何も予定がなかったので、ぼんやりと過ごしました。
一日ぼんやりって久しぶりだったような気がします。
明日も何もありません。
やっぱりぼんやり過ごすのでしょうか。
二日続けて何もないなんてとても珍しいことなので
それもまたよし、です。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-06-19 23:19 | today
可哀想な体
朝からとても哀しい気持ちになった。
理由はない。
ぱっとしない天気のせいなのか、月の巡りのせいなのか。

「熱を測ったら?」と母が言う。
37度6分。

私は、季節の変わり目や気候の境目になぜか熱が出る。
風邪でも何でもないのに、突発的に、時には38度を超えるような熱が出る。
熱以外には身体的な症状は何も出ないのだけど、気持ちが少し不安定になって
ぞわぞわとした不安や哀しみに駆られたりする。

多分、私の体はとても不器用で、
気温や湿度や空気の質の変化についていけず慌てるのだろう。
慌てている体に気づいた心がまた慌てる。

少し、可哀想な体。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-05-29 18:51 | today
おひるだよ
a0027105_18121233.jpg
家を拠点に仕事をしていると、当然昼食も家で食べることがほとんど。
昼ご飯って、一体何を食べていいやら結構迷います。
みんな何を食べているんだろう?

今日のお昼は、昆布のおむすびにタコウインナー。
買い物に出た際に目にしたウインナーは、すでに切り目が入っていて
炒めるだけでタコになってしまうというもの。
あまりの最先端技術っぷりに驚いてつい買ってしまいました。
久しぶりの赤いウインナーは、
なぜか必ず2袋ずつで売られている高いウインナーと比べたら幼い味だけど、
「赤い色なんて身体によくないよ」という人もいそうだけど、
ふふっと笑いたくなるような懐かしい味でありました。

さて、明日のお昼は何にしよう。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-05-10 18:12 | today
ランチ
a0027105_1342421.jpg
映画「ハゲタカ」に夢中なので、
今日のランチはとり急ぎcookingということで。

 *天然酵母パンのトーストにゆで玉子をのせて、
  岩塩、オリーブオイル、バジル、黒胡椒をふってぐしゃぐしゃ
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-05-09 13:42 | today
久しぶりに
a0027105_19452360.jpg
久しぶりに参加させていただいた
ひかる先生のお料理教室。
小さな三品・ファッロとトマトのサラダ、たこぴり、鯵のつみれ揚げ


a0027105_1945391.jpg
南瓜とけんちんの手まり蒸し。
二色の手まりがかわいいでしょ。


a0027105_19455529.jpg
簡単チキンコンフィとカポナータ。
先生がわざわざ、もも肉と胸肉両方を調理して下さいました。


a0027105_19461021.jpg
かにごはんとモロヘイヤの赤だし。
毛ガニのゆで方を教わりましたが、
私がそれを実践する日はやってくるのでしょうか。


a0027105_19485595.jpg
かくや。
たくあんときゅうり、大葉、生姜の和え物です。
歯触りがたまらない一品。


a0027105_19491825.jpg
ライチプリン。
これ、美味しすぎます。
美しすぎる市議どころではありません。


ひかる先生のプロフェッショナルぶりには毎回感心させられます。
こんなにおしゃれで、しかも申し分なく美味しいメニュー。
さぞかし調理するのは大変でしょうね、と思われる方も少なくないと思います。
ところが、先生のレシピは家に帰ってから自分1人でもさほど面倒もなく作れるものばかり。
材料も普通に手に入るものばかりです。
なのに、こんなにおしゃれで、申し分なく美味しい。
そんなレシピを生み出すために、ひかる先生はどれだけの努力をされているのだろう。
それを考えるたびに、同じくものを教える仕事をしている私は
身が引き締まる思いがするのです。
先生に教えてもらいたい人たちがたくさん待っている。
私がそんな先生になれるのはいつのことなんだろう。

ギックリーナの憂鬱
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-05-07 19:47 | today
| ページトップ |
"cat-screams" Skin
by Animal Skin