Top
カテゴリ:other( 405 )
Top▲ |
夏将軍
a0027105_19122424.jpg

暑いね。
・・・と、こっそり書き込んでみたりして。

みなさんお元気にお過ごしでしょうか。
我が家は、人も猫もグロッキー(古っ)寸前です。
夏将軍はまだまだ勢いを弱めるつもりはないようです。
明日はまたもや猛暑日になるらしく、皆様十分にお気をつけてお過ごしください。

See you soon.
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2012-08-15 19:24 | other
新年のごあいさつ
2012年のご挨拶を、こっそりと。

昨年は、正直、へこたれた1年でした。

祖母の介護で、私たち家族の神経はすり減り、
情けないことに、私は今までになく家族を疎ましく思いました。

そこへ地震。

続く余震、毎日のように鳴る緊急地震速報のブザー、どうしても止まない地震酔いのめまい、
しかしそれを泣き言にしては東北の人達に申し訳ないという罪悪感のせいで、
明かりもテレビも付けっぱなしにしないと布団に入れないという毎日が続きました。
だけど、節電の世の中で明かりやテレビをつけたままにする自分への情けなさ。
堂々巡りでした。

本当は、そんなぐずぐずの思いを
書くことで全部吐き出してしまおうと、何度も考えました。
あの日、あの瞬間、何十羽の鳥が凄まじい勢いで南の空へ飛ぶのを見たこと。
裸足で外へ飛び出して、玄関の柱にしがみつき、揺さぶられ続けたこと。
電気のない、情報のない一晩が明けた朝に初めてテレビで見た東北の光景。
それからずっと私の中で続いていた思い。
そういう諸々を書けば少しは楽になるかもしれないと思いながら、書けませんでした。
書くことで反芻してしまうのが怖かったのかもしれません。
また、楽になってはいけないという思いもどこかにはあったような気がします。
でなければ、あんなにひどい目に遭わなければならなかった東北の人達に申し訳が立たない。

140文字で他愛ない日常をつぶやくことの方が俄然楽で、
毎日の断片Twitterに書き込んだり、
Facebookで昔からの友人・知人との旧交を温めたりの日々でした。

今年は、去年経験したことや感じたことを、少しずつ違う形に変えていこうと考えています。
何をどうやっていこうかという具体的なものはまだ見えていませんが、
内向きの時間はそろそろ終わりかな、という気がしています。

皆さんはどんな去年を過ごし、どんな今年につなげていこうと考えていますか。
また何かの形で、ささやかなつながりが持つことができればありがたく思います。

いい1年になりますように。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2012-01-03 15:21 | other
こっそり、こっそり
祖母の介護を巡るすったもんだがどうしようもなくて、
その間にも翻訳のトライアルを受けまくって(現在も受けまくり)、
その瞬間その瞬間に140文字くらいを吐き出すくらいしかできなくなっていた。

少しずつ出口が見えてきました。
だから、こっそりとこへ来てみました。

さて、また少しずつ始めてみようかな。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2011-09-30 14:53 | other
よいお年を
とにかく慌ただしい1年でした。

仕事では、英会話ワークショップやskypeレッスンなど新しい試みに挑戦。
この仕事の可能性の大きさを実感しつつも、
さらに広げていくにはまだまだ力不足である自分も実感。
年の後半は学校へ通って学ぶことを始めました。
週に一度ながら、毎週の課題と、朝いちばんの授業に遅刻しないための早起きは
だらけきった身にはなかなかどうして辛いものですが、
それと同じくらいの充実感と刺激を楽しんでいる日々です。
2011年は更に新しい形の仕事にも挑戦したいと策を練っています。

プライベートでは、祖母の介護に多くの時間を費やす日々。
これが私の精神的余裕を大きく削り取る鉄の爪だったような気がします。
介護以外は、仕事と、確実に目に見える事物にしかエネルギーを費やすことが
できなくなってしいたというのが正直なところ。
このブログを書くことができなくなったのも、
時間が取れなくなっていたというよりも
精神的なエネルギーが異様に低下していたせいだったような気がします。

ブログを通じておつきあいをさせて頂いていた皆さんとは
悲しいほどに接点が減ってしまいましたが、
それもまた嘆いてみても詮無いことです。
新しい年にはまた少しずつ力を蓄えて、
少しずつ書き始めることができればと考えています。

あとわずかな時間で今年も終わり。
ひょっとしたら、
0時を迎えたところで本当はさしたる変化もないのかもしれないけど、
それでもいいチャンスだから、通り過ぎたことはすべて忘れて
まっさらなスタートを切ってみましょう。

どうか来年もお幸せに。
どうか来年こそお幸せに。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-12-31 22:58 | other
消える
あと一息で書き終わりそうな記事。
画面をちょっとスクロールしただけで
なぜかすべて消えてしまいました。

もう書く気は起りません(涙)
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-06-14 10:04 | other
向こう側へ行ってみよう月間
人間なんていつどうなってしまうかわからないので、
いろんなことやってみなきゃ損。
ということで、今月は今まで苦手だと思っていたこと・もの、
嫌いだと思っていたこと・もの、
全く興味がなかったこと・ものに手を出してみようかと思います。
題して「向こう側へ行ってみよう月間」!!

その記念すべき第一弾は「映画・Sex and the Cityを見よう」です。
どう考えても苦手な匂いがぷんぷんするSATC(って言うんだってね)。
女性の生き方云々って言われたって、
結局は美貌もお金もSEXも、私が満たされていないすべてが満たされているセレブの話じゃん、
と映画どころかドラマも鼻にすらかけなかった私。
でも、意外と見てみたら気分が変わるかも。
食わず嫌いのようにこちらから眺めるだけだった"向こう側"へ
ちょっと行ってみます。

さて、SATCの次は何をしてみよう。
ゴーヤを食べてみる。
「冬のソナタ」を全編見てみる。
うーん、苦手なこと、今まで興味のなかったものって
結構ありそうなのに意外と思いつきません。
「mikanskyさん、こんなコトしたことないんじゃない?」
なんてアイディアがある方はぜひご提案下さい。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-06-05 11:53 | other
母の日
a0027105_11183110.jpg

彼女のお母さんの墓前に、私が毎年贈る花束。

私の母に、彼女が毎年贈ってくれるプレゼント。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-05-08 11:18 | other
ふっと
a0027105_116126.jpg
半そでで当たり前に過ごせる春の一日です。

ふっと、ある人と初めてデートした場所が原美術館だったことを思い出しました。
その時に、いちごみるくのあめをひとつもらったことも。
何日も経ってからその人が
「あのいちごみるくも僕の作戦のひとつでした」
と笑って、
それを聞いた私は
「では私はまんまと作戦にはまったのですね」
と笑ったことまで、
どうしてそんなことを思い出すのかわからないくらいに突然思い出しました。

あの人だったら、今の私にどんな言葉をくれるでしょう。
今、私がわからずに戸惑っていることに、どんなヒントをくれるでしょう。


写真は、すこし前の季節に庭で散った椿です。
地に落ちてもまだ色香を残しているのがなんだ艶っぽくて
撮ってみました。
こんなふうに、年を経る様がちょっと淫靡な人になれたら素敵です。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-05-05 11:31 | other
ハード、ハーダー、ハーデスト
a0027105_2230393.jpg
皆さんがもう聞き飽きているのは百も承知で申し上げます。
1ヶ月2キロのペースで痩せたいと、いえ、痩せようと、痩せねばならぬと、
本当に、今度は本当に決起しました。
で、何カ月も前に買っておきながら箱すら開けていなかった「パーソナルトレーナーWii」の
封印をついに解きました。

楽しくエクササイズを進めるために自分のアバターを作って、
そのアバターが画面の中で私の動きに合わせて動いてくれるのですが…
妙にリアルです。
そりゃあ、アバターだから、自分に似るように作り上げるわけですが、
腰回りのだぶつきなんて見ているだけで切なくなるほど。
が、しかし、これも現実。
毎日エクササイズに励んで、だぶつきをこそげ落としてやろうじゃないの!

とりあえず最初ということで、一番短い20分コースを、
しかもイージーというやつを選んでみました。
ジョギング、スクワット、ランジ、etc。
いろんなパターンのエクササイズが並んでいるけれど、
それでも20分のイージーコースだものね。
10分後、ええ10分後、
床に突っ伏して「もう無理です。もう無理です」と繰り返す私がいました。

恐るべし「パーソナルトレーナーWii」。
「Wii fit」なんて、へでもありません。
マジです。
本気と書いてマジです。
全く体を動かしていなかった私自体がへたれなせいもあるのですが、
それにしてもハードです。
10分でギブアップしたにも関わらず、ギブアップ直後から襲い来る強烈な筋肉痛。
死ぬかと思ったよ、本気(マジって読んでね)で。

ただ、エクササイズ中の励ましフレーズは最高に面白いです。
褒めて育てるという方針なのでしょうけれど、
「これ以上ない素晴らしさですね!」
「本当に真剣に取り組んでいるのですね!素敵です!」
もう励ましというより、褒め殺しレベル。
まぁ、これを聞くために続けていくという考え方もありかもしれません。
まずは20分間動き続けることができるようにするのが課題ですね。

今まで口ばかりだったくせに、今回動き出したのにはわけがあります。
はきたいスカートがあるのです。
深いブルーの巻きスカート。
脚の動きに合わせて揺れるととてもきれいです。
でも、買った当時はなんでもなかったのに、
今はいてみるとぱっつんぱっつんで奇妙なシルエット。
このスカートの正しいラインを崩すことなくはきこなしてみたい。
それが私の心に火をつけました。
ついでに腹周りの脂肪にも引火してもらいたいものだが。

秋までにはね、なんとかはけるようにしたいと、
美しいスカートに合う身体を作り上げたいと思っています。
実現した暁には「祝・スカートライフ復活!」オフ会を企画するつもりです。
楽しみにしていてください。
(いや、半分本気。これは"マジ"じゃなくて"ほんき"と読んでね)

ああ、お腹すいた。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-04-29 23:16 | other
充たす
a0027105_2229674.jpg

携帯を充電して、
ノートパソコンを充電して、
iPodを充電して、
デジカメを充電して、
おまけに充電式のワイヤレスマウスを買ってしまって、
どれだけ充たせば気が済むというのか。


私はいつ充電されるんだろう。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-04-22 22:30 | other
| ページトップ |
"cat-screams" Skin
by Animal Skin