Top
<   2004年 11月 ( 60 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
帝国ホテルでブッフェ その3

a0027105_182667.jpg

デザートはいろいろいろ!

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-11-30 18:02 | food
帝国ホテルでブッフェ その2

a0027105_1805341.jpg

メインもいろいろ

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-11-30 18:00 | food
帝国ホテルでブッフェ

a0027105_17593537.jpg

前菜いろいろ

拙blogの小有名人、画伯ことママンが今月誕生日を迎えたので
帝国ホテルのブッフェレストラン「サール」でランチをしてまいりました。
贅沢は敵ですが、
しかし、時としてトレーニングされ尽くした人たちの
一流のサービスを受けることは大変気持ちよく、勉強になります。
大人数のグループが多い中、とても静かな席を用意してもらい、
「気持ち悪くなるまで食べるわよぉ!!」と
ママンは上機嫌。

これで少しはポイントを稼げたでしょうか。

★つけたし★
 ネット予約の際に「このレストランを使う目的は?」
 というアンケートがあるのですが、 一応『母の誕生日』と回答。
 先ほど担当の方から自宅へ電話があり、
 「バースデーケーキを用意していたのにお出しするのを忘れました」
 とお詫びの電話がありました。
 忘れちゃったのはミスかもしれませんが、
 そういう配慮と、黙っていればわからないのにわざわざ電話を下さるところが
 やっぱりプロだわ、と感心。 

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-11-30 17:59 | food
8泊9日 目指したのはサンフランシスコ!

アップルさんの旅日記
西海岸旅行1日目(11/21) サンフランシスコ:ゴールデンゲートブリッジ
にTBです。

ゴールデンゲートブリッジで思い出しました。
私もサンフランシスコに旅したことがあります。
あれはカナダに住んでいたころです。
夏休みをどう過ごそうか、と考えていたときに
(当初はバスを乗り継いでユーコンまで、と考えていたのですが)
さほど仲が良かったわけでもないドイツ人のクラスメートに
「車でサンフランシスコまで行かない?
っていうか、サンフランシスコがいいに決まってる!」
(なんで?!)
と誘われて、ドイツ人1名・日本人3名の珍道中に出たのでした。

なにしろ車ですからね、
そしてひとくくりに西海岸とは言え、アメリカは大きいですからね、
トータルで8泊9日のドライブ旅となりました。
宿泊の予約なんぞ入れず、地図&ユースホステルガイドを見ながら
「今日はこの辺まで行ってみようか」なんて前進するわけです。

誰かが「泳ぎたい!」と言い出せば
歩いている人を捕まえて
「この辺で泳げるところはありますか?」と尋ね、
湖で泳いだりもしました。
山道を下る途中、ブレーキがきかなくなり、
通りがかりのお兄さんが
「オレがゆっくり前を走るから、どうしても止まらなくなったら
オレの車に突っ込んで止まれ」
なんて先導してくれたことも。

今考えるとそれはそれは貴重な体験だったと、
アップルさんのステキな写真を眺めつつ
昔を懐かしむ私でした。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-11-30 00:55 | trip・odekake
porekoさん's リクエスト

a0027105_22503213.jpg

妙な毛糸帽、made in ネパール。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-11-28 22:50 | other
はじまりは

a0027105_16482242.jpg

カプチーノとリコッタタルトでした。

今日は朝9時前に集合して、
女3人、近所にオープンした巨大ホームセンターへ。
その店内にあるレストランで
カフェインと糖分(↑)を充分に補給したのち、いざ売り場へ。
売り場面積の巨大さと、商品の豊富さに
我らのアドレナリンは噴出しっぱなし。
おなじみN嬢は「意外と安いのねぇ」と
うっとりしながら電動ろくろを眺め、
ガーデニング大好きNK嬢は『堆肥詰め放題!』にスコップを振るい、
私は妙な毛糸の帽子を被りつつ、猫砂買いに走る始末。

脳内麻薬によって頂点まで持ち上げられた3人は
何が面白いのかもわからないままに
大爆笑しながらホームセンター内を4時間も徘徊し、
その後回転寿司でたんまりお皿を積み上げて帰路についたのでした。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-11-28 16:48
Coming out 昔の名前

ささきあらら氏のあらら短歌にTBです。

といっても、ごめんなさい、短歌にではありません。
この記事のコメントの中で
あらら氏は私のふさがりかけていた傷口に
とってもソフトでうっとりするような指使いであら塩を擦り込んでくださっています。

みかりん・・・

なんで知ってんだよー!?
どこで聞きつけたんだよー!?
ひょっとして、ささきなんて名乗りつつ、
この人私の高校時代の同級生じゃないのかぁー?

そうです、私のあだ名は「みかりん」でした。
あ゛ーっ!!悪いかっ?!
でもね、そんな可愛いものじゃないわけよ、
みかっていうのは本名でさ、高校に入ったときに誰かが
「そういや、『まことちゃん』のお姉ちゃんってみかって言うんだよね。
自分のこと「ミカリンって呼んで」とか言っちゃって。
あ、じゃ、あなたのあだ名はみかりんね」
って、決まったわけよ。
ねっ?まことちゃんおねえちゃんだもん。
可愛くもなんともないやな?!

恥ずかしいんだってば。
このあだ名、誰が告げ口するんだか
面子が変わってるのに結構大人になるまで続いたんだから。
(今でもそう呼ぶ人、います)

私を殺すにゃ刃物は要りません、
耳元で「みかりーん♪」と呼んでくれりゃ
大暴れの後自爆ですから。

あらら氏、こんなTBで申し訳ありません。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-11-27 21:35 | other
クラブ活動

小学生の頃は卓球クラブでした。
中学では読書クラブ、高校では茶道クラブに入ったこともありました。
学生生活から離れたら、
クラブ活動なんてないのだろうと思っていました。
大人にはクラブ活動をする資格なんてないのだと。
でも、あったのですね、大人にも

こんな倶楽部が
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-11-27 21:07 | other
無買デー

今日は無買デーだったのだそうです。

数年前から個人事業主となった私は
多分、いいえ絶対に、同年代の会社勤めの方より
かなり貧乏なのだと思います。
ですから、ほぼ毎日が無買デー。

思えば、某大手住宅メーカーでOLをしていた頃は
制服は恰好悪いし、先輩OLのホンマさんはとても底意地が悪いし、
仕事なんてコピーとお茶くみと灰皿洗いしかなかったけど
ブランドのバッグが何の苦もなく買えました。
旅行にもがんがん行くことができました。
それなのに、定期預金がたんまりありました。

今思うと、あの日々は一体なんだったのでしょう。
手に入れたブランドものは
決して気に入っていたわけじゃなかったし、
ツアーで連れて行かれた観光地の景色は
あまり記憶に残っていない。
本当に頭の悪い小娘だったと思います。
価値がわからないままに、
中途半端な札びらを振り回す、数字の上では成人した未熟者。

30に手が届くというときに
全額解約した定期預金を握り締めて
カナダに渡ったのが貧乏生活の始まり。
そして、身の丈に合ったまともな暮らしの始まり。
1セントでも安くいいものを買おうとスーパーをウロウロする私に
「辛くない?」と聞いた友人のお母さん。
「何で辛いんですか?これもゲームですから!」
と明るく答えて
「日本の若い女の子たちに聞かせてやりたい」
と泣かれたこともありました。

日本に戻ってきて、自分ひとりで仕事をしていこうと決めてからも、
もちろんブランドものをぽんと買えるような生活とは
とてもかけ離れたところで私は日々を送っています。
夜の住宅地でチラシの投げ込み*なんてやっていると、
訳もわからずヴィトンのバッグを買い漁っていた頃の自分を思い出して
声をあげて笑いたくなります。
一体どっちが幸せなんだろう。
キレイ事を言うなら
今の方が自分らしい生き方、なんて言い方もできるんだろうけど、
経済的にも、精神的にも
自分のことは自分独りで支えなければならないという事実は
正直ちょっとキツいよね、なんて思ったりもするわけです。
年金とか、保険とか、組織という後ろ盾があったら
かなり楽なんだろうな、と。

今の私が好きなスタイルには絶対に似合わないヴィトンやシャネルを
もう買うことはないでしょうが、
好きなだけ本が買えて、好きな絵を買うことのできるくらいの余裕と
本当に買うべきものと、買わなくても済むものを見極める頭を
手に入れたいものです。

というわけで、「それは本当に必要なもの?」
と立ち止まるための無買デー。
なのに、今日に限って、1個390円もするアイスを
ふたつも買ってしまった私です。

*個人で教室なんてやっているとね、
 「英会話スクール!」なんてチラシを作って
 自分で一軒一軒ポストに入れて歩く、なんてこともするのです。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-11-27 20:42 | today
育て 育て

a0027105_13492552.jpg

いちぢく、オレンジピール、柚子、チェリー

今年はラムとブランデー両方で

クリスマスまでじっくり育ってくれたまえ


 <クリスマス用フルーツケーキフィリング>

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2004-11-27 13:51 | food
| ページトップ |
"cat-screams" Skin
by Animal Skin