Top
<   2005年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
信州1泊2日の旅・番外編
a0027105_2116330.jpg


この旅ではK嬢のお宅に泊めていただいた。
もちろん友達だから、本人に会ったことはあるわけだけど、
ご主人とお会いするのはこれが初めて。
ほら、なんたって初対面が苦手な私のこと、
今までのK嬢の話から、なんとなくのご主人像を頭に浮かべつつ
ドキドキとその時を迎えたのでした。

電車で松本から戻った私たちを、長野駅まで迎えに来てくださったご主人。
「あ、あの車」とk嬢が指す先には、車から降りる男性の姿。
暗い屋外なのでそんなにはっきりとお顔を確認できるわけでもなかったが、
(まじまじ観察するわけにもいかないしね)
知性と穏やかさを湛えたとても感じのいい方という印象を受けました。
なにより、駅から出てきた私たちの姿を見つけるやいなや
きちんと車外へ出て頭を下げてくださるということだけで
それはもう信じるに値する好人物だと、私のアンテナは感じ取ったのでした。
(後々から考えると、旦那さんは、私の昔の相方に雰囲気が似ていました。
 ま、旧相方は人嫌いだったので、旦那さんほど好青年ではありませんでしたが)

さて、K嬢夫妻、見ていてうれしくなるほどに仲のよいカップルなのです。
仲がおよろしいカップルと同席すると、
あまりの仲むつまじさに時として居心地の悪さすら感じてしまうことが
ありませんか?
この二人もとても仲がおよろしいのです。
でも、こちらの居心地がまったく悪くならない。不思議。
車の中、翌朝の朝食時、ふたりの会話を聞いていると
なんだかうれしくて、
「オマエもオマエも可愛いのぉ!ぎゅーっ」
ってな感じになってしまうのです。

面白かったのは、泊めていただいた翌日の朝食。
写真のように大変素敵な日本の朝ごはんをK嬢が作ってくれたのですが、
それを食する私たちの座り位置は、私とK嬢の間に旦那さん。
まぁ3人ですから、座り位置の組み合わせなんて
そうそうたくさんあるわけではないのですが、
あーでもないこーでもないと話しながら食べる私たちの間で
妙にお行儀良くちんまりと座って食事をする旦那さんの姿がとてもおかしくて、
私が持って行ったキャラメルもちを食後のデザートに食したときも、
この3人が並んでキャラメルもちを食べる図がほんとにおかしくて、
今にも大爆笑してしまいそうな私だったのです。

ずっと行きたかった長野へ足を伸ばせたこともうれしかったけど、
大好きな友達K嬢とまたひとつ近くなったことがこの旅のポイント。
泊めていただいた部屋にあった本棚に
「あ、この本私も持ってる」なんて同じ本が何冊か並んでいたのも
とてもうれしくて(好きな人が自分と同じ本を読んで・持っていた、ってうれしくない?)
幸せなお泊りだったのでした。

プレゼント企画開催中



[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-05-30 21:55 | trip・odekake
美しく話す

a0027105_21281653.jpg

母が買ってきました。

うーん、きれいな日本語か・・・
「話し方に自信がありますか?」と正面切って問われると
やはりオドオドしてしまいます。

異性についても同性についても、
話し方が美しい人には大変惹かれます。
「美しい」というのと、丁寧な言葉遣いはこれまた別物。
(もちろん、汚い言葉遣いは問題外ですが)
心地よいスピード、的確な言葉選び、ほどよい低音、
そこへ無意識に近いくらいのレベルの相手に対する敬意を加えて話す、
これが私の感じる話し方の美しさ。
(書けば書くほどわけわからん)
それが出来ることは、大人であることのひとつの条件であると思うのです。

たまーにそういう人に出会ってしまうのですよね。
本当に魅力的に話す人に。
そうすると、少しでもその美しさをお分けいただきたい、とばかりに
その人の会話の要素全てを全神経で観察してしまう私。
どうしたらそんなふうに相手の心を捉える話し方ができるのですか?

むかーし昔、
相方に対して「ねぇ、私のどこが気に入ったの?」なんて
すっとこどっこいな質問を投げかけてしまうような
すっとこどっこいなお年頃だった私に、
当時の相方は一言
「声かな・・・」
この声が万人の好みである、あって欲しいと祈りつつ、
いつか話し方の美しい女になりたいと
今日も観察を続ける私です。

プレゼント企画開催中


[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-05-28 22:22 | I think...
おすそわけ・あんぽんたんな期間延長

私のあんぽんたんな勘違いから、締め切り日が過去に設定されていました。
それこそ「バタフライエフェクト」の世界ですわね。
心優しい女神daidaiさんが教えてくださったので気づきました。
で、締め切り延長です。
6/4(土)付けのコメントまで有効と致します。
ローリエ&おまけです。
ご応募お待ちしております。


【元記事】

a0027105_14434188.jpg

銀行だ、郵便局だ、と回るついでに
ハイキング・ウォーキングではなくて、ウォーキング。
シャッフル君をお供にずんずん歩いて参りました。

帰って庭を眺めてみると、
月桂樹の木に立派な葉がわんさと茂っているではありませんか。
このまま枯らしてしまうのはもったいない、という気持ちと
イキイキした葉を摘むのはかわいそう、という気持ち。
でも、「少し分けておくれよ」とお願いしつつ
葉を摘みました。

摘んだ手指に移った香りのなんと甘いこと!
このままお菓子に使いたいくらい、フレッシュなローリエの香りは甘いのですよ。
一枚一枚キレイに洗って水気をとって、ネットに入れて乾燥させます。
葉の水分をしっかりと飛ばしたら
煮込み料理などに欠かせないハーブ、ローリエの出来上がりです。

キレイだなぁ、と、洗われた葉を眺めつつ、この香りをおすそわけしたくなりました。
というわけで、なんの口実も無いけれど、突然プレゼント企画です。
我が家の庭で取れたローレルに小さなオマケを付けて
3名様にプレゼントいたします。

☆この記事へのコメントが私のblogへの初めてのコメントではない方
☆mikanskyを信用して住所などの情報を教えてくださる方
☆お料理が好きな方
まずはこの記事へ「ローレル希望」とコメントをお入れ下さい。
締め切りは6月4日土曜日一杯とさせて頂きます。
つまり、4日付けのコメントまで有効です。
尚、今回は植物が賞品のため、海外在住の方にお送りすることは
困難と思われます。
来月、blog開設1周年記念もってけ泥棒プレゼント企画を行う予定ですので
その際には海外へもお送りできる賞品に致します。
その際にご応募くださいね。

では、皆さんのご応募お待ちしておりまする。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-05-28 15:00 | other
変わること

a0027105_2315294.jpg

人は日々良くも悪くも変わっているものですから、
同じものに対する感じ方が
たとえば8年前と今とで違っていてもそれは何の不思議でもないのですが。

『アンダーグラウンド』 村上春樹
1997年に出版されたこの本を、
このblogにも時々登場するNK嬢からいただいたのは
おそらく出版と同じ年。
地下鉄サリン事件の被害者・関係者へのインタビューをまとめたこの1冊は
当時の私にかなり深く、強烈な印象を残したものでした。
そしてその約8年後~つい先日~たまたま覘いた書店で
この本の英訳版を見つけました。

日本語版を読んだ時、私を愕然とさせたのは、
インタビューを受けた被害者の方のほとんどが
オウムに対する怒りはあまりない、と語っていることでした。
当事者でない私ですらオウムに対しては大きな怒りを抱いていましたから、
直接サリンの被害に遭い、インタビュー当時にもさまざまな後遺症を抱えた
方々が「怒りを感じない」と口にすることに
「なぜ?どうして怒らないの?!」と忸怩たるものを
8年前の私は感じたのです。

最近になって英訳で読み返した「Underground」は、
もちろん言語が変わっただけで内容には何も変わりありません。
でも、「怒りを感じない」と語る人たちのその言葉を、8年前のそれとは違って、
私の心は静かに吸い取ったのでした。

恐らく日本で初めてであろう科学テロ(と呼ぶのか?)という
特異なものに巻き込まれてしまった人たち。
ある人は、苦しむ被害者を横目で見やりながら
救助の手を差し伸べることもなく普通に職場へ向かった人々への思いを語り、
またある人はいつ終わっても不思議ではない命への
苦しいくらいの思いを淡々と話す。
ある意味、彼らにとってこのサリン事件はきっかけであって、
そのきっかけによって彼らはもっと大きく深い穴を覗いてしまったのでは、
とすら思えるのです。

8年後の私は、「なぜ怒らないの?!」という疑問を一度も感じることなく
「Underground」を閉じました。
8年前の自分と、今の自分の感じ方のその違いに少し驚きながら。
もちろん、被害者の方々はオウムを許しているのではありません。
「怒りを感じない」心は
ある種の諦念にも似た、怒りよりももっと深く哀しい想いを湛えているのです。
その心の全てを理解することなど、私には絶対にできることではありません。
ただ、文字を追いながら少しだけその心に寄り添うことなら
8つ年をとった今、できるような気がします。
それは、8年かけて私の「感じる器官」に生じた変化なのでしょうか。

人は日々良くも悪くも変わっていますから、
投げられたボールを受け止める手が大きくなったり小さくなったりかのように、
物事を感じる心の襞の軟らかさはあの日のそれとはきっと違っているはずです。
あの日読んだ本、あの日見た映画、あの日あの人と話したこと、
時に一度通り過ぎた場所へ戻ってみることも悪くはないと
この年になってやっと気づいた私です。

プレゼント企画開催中

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-05-27 00:28 | book
曖昧な記憶

『I am ~. 私は~です。』の形を勉強した小学生クラスでのこと。

 【問題】 次の英語を読んでから、( )の中に正しい日本語を入れましょう。
       I am Kazuo. →  ぼくは和夫(    )

正解は、ぼくは和夫(です)

ところが、Hくん(11歳)の答えは 
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-05-26 21:59 | today
普通の昼間

a0027105_22957.jpg


仕事の合間にちょっと時間ができたから・・・

なんて電話やメールが
ごくごく普通の日の昼間に入ると
なんともうれしくなるアタクシです。

写真は友達からのいただき物「ぴーなっつ最中」
大好きです。

プレゼント企画開催中
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-05-25 16:11 | favorite
うっそぉー!?

いやはや・・・・

うっそぉー!?と思うような出来事が我が身に起きてしまったので
とりあえず今日はもう寝ます。

いやぁ~、びっくりした。

さて、私に何が起きたでしょう?
ずばり当てた方にはささやかな賞品をプレゼント。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-05-24 22:09 | today
バタフライ・エフェクト

ちょうど、朝起き抜けにCMを見たのと、
snowdropさんのところで紹介されていたのとでとても見たくなり、
友人を誘って見に行ってきました『バタフライ・エフェクト』

ストーリーや、この映画に関する細かな情報は
あちこちのblogで書いていらっしゃる方がいるようなので深くは触れません。
過去へ戻って未来を変える力を持ってしまった男性の物語。
"今"と思われる瞬間が彼や彼の周囲を苦しませる状況にあるとき、
彼はある方法をとって過去へ戻り、過去を変えることで
未来=今を変えていく・・・

一言で感想を言わせてもらうならば、
非常に疲れました。
映画が終わった途端、口をついて出た言葉は「えらいこっちゃ」。
そして、劇場を出るときには、私も連れも体中が筋肉痛に。
つまり、二人ともそれだけ身体に力を入れて見入っていたというわけです。
映画館を出た私たちは、スターバックスのソファに身体を沈めて
「どう?」
「うーん、どうだった?」
「うーん、どうだったんだろう」
「うん」
虚脱状態でした。

PG12というだけあって、あまり気持ちのいいものではない場面も
多々あります。
(PG15ぐらいにしてもいいんじゃないだろうか、と私たちは感じました)
特に前半から中盤にかけてその傾向が強かったような。
音も大きくて、
視覚・聴覚から受ける刺激の強さが疲れの原因のひとつであったことは否めません。
多分、DVDで見ていたら、そのあたりで見るのをやめていたと思います。
ただ、ラストに届くあたりから、前半~中盤のしんどさを乗り越えてでも
この映画を見る価値が見えてくるのです。

当然のことながら、全てのことをうまく収めようなんて
"普通の人生"では不可能なわけです。
人は何かを得るために、何かを捨てなければならない。
いや、何かを捨てた挙句に何も得られないことすらあります。
この映画の主人公は、取り方によっては
皆を幸せにするために自己を犠牲にする、
特に愛する女性を守ろうとするヒーローのようにも思えます。
「君を救うため、ぼくは何度でも過去にもどる」
なんてキャッチが使われているあたりからも、
映画会社はその辺の視点から見られることを望んでいるのでしょう。
でも、特異な能力(病?)を与えられたことで
全てをめでたしめでたしと持っていこうとし、
人の人生をかき回した主人公に
ごくごく普通の人である私は違和感を感じたりもしました。

帰りの車の中で
「彼には神は存在しないんだよね」と私たちは話し合いました。
全ては神の思し召し、として受け容れる心。
いや、運命を変えることの出来る彼自身が神だったのか?
そういえば、彼と同じ能力(病)を持った父親が
「神様の領域に踏み込むな」といった感じのセリフを口にしていたっけ。

暴力的なシーンが多々あります。
性的なシーンも。
そういうものが、ストーリーの要素としても許せない人にはお勧めしません。
また、「切ないハッピーエンド始まる」なんてキャッチから
ほろ苦いラブストーリーをイメージしている人も思い直しましょう。
そして、深く考えるという行為に労力を使いたくない人は
絶対に楽しめません。
ここまで書くと「結局見るなってこと?」と思われるかもしれませんが
いや、1800円払う価値は充分にあったと私は思います。
ただ、誰かれなく「面白いから見てよ!」と言える映画ではないな、という気がして、
勧めたり止めたりするような、奇妙な記事になってしまった次第です。

うーん、うまく言えないなぁ。
気になる人は見てください。

nest nest『バタフライ・エフェクト』にTB
金言豆のブログ『バタフライ・エフェクト』にTB
星のカケラ『THE BUTTERFLY EFFECT』にTB

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-05-22 22:16 | movies
はじめまして

このblogにいらしてくださる皆さんが
私という人間についてどんなイメージを持たれているかはわかりませんが、
なかなか図太そうな雰囲気を撒き散らしつつも
実のところかなりの小心者であるわたくし、mikansky。
初めて会う人、初めて経験する事、そう、「初めて」が大変苦手です。
特に、どなたかと初めて会わなければならない場合、
私は異常なほどの緊張を催してしまうのです。

至極当たり前のことですが、
人と人が出会うとき、第一印象というのは大変重要なものなわけです。
ひと目会ったその日から恋の花咲くこともあるけれど、
ひと目会ったその瞬間にその人の人間関係からシャットアウトされることもありえるわけ。
ねっ、怖いでしょ?(珠緒ふう右斜め45度)

パーティーの席などでたまたま出会ってしまった『予期せぬ初対面』はまだいい。
相手は、私に関して何の予備知識・イメージもないままに私と出くわすわけだから、
たとえ数分間であっても必要な範囲で私という人間について探りを入れてくるのです。
つまり、シャットアウトまで少なくとも数分間の猶予が与えられる、というわけ。
問題なのは、私に関する中途半端な情報とある意味勝手なイメージを抱いた人と
初めて会う『予告された初対面』。
実際の私のイメージが、その人の想像していたイメージと異なった場合、
それはもう、「はじめまして」の「は」どころか、子音hを発するか否かの瞬間に
彼奴が扉を固く閉ざしてしまう可能性が出てくるわけですよ。
(彼奴呼ばわりするあたりに、もう小心者の理不尽な敵意がむき出しですね)
つまり、勝手なイメージをよりどころにして、勝手にがっかりされちゃう。
これを怖がらずして何としょう。

ま、肝っ玉の大きさレベルで考えれば一寸法師並みの私ですから、
多分↑のような考えはとっても極端なものなのかもしれません。
でも、実際に、これくらい初対面を恐れる人って
世の中に沢山いるんじゃないかと思うんです。
そう、世の中には一寸法師が溢れていると、
毎回毎回誰かと初めて出会うたびに
吐き気を催すほどに心拍数を高めている人が
私の他にも沢山いると、そう信じたい!
いや、信じている!
ああ信じているさ!
信じちゃ悪いか、えっ?!

図々しいよりは、ちょっとだけ初々しくていいとも考えられるけれど、
でも、大人になるとね、初々しいだけでは越えられない峠が
いくつもいくつもやってくるのも事実です。
大人ですもの、契約のひとつも取らなければなりません。
大人ですもの、お隣さんともできれは仲良くしたいです。
おんなですもの、人並みに恋なんてものもしてみたいのです。
だけど、全ての峠のそのまた前にどんと横たわる、もうひとつの大きな峠
それはそう、大菩薩峠でも野麦峠でもない、『初対面峠』。

さて、ここまで読み進めてしまったあなた。
「そうよね、初対面ってホントどうしていいかわからないわよね」
とため息をついたあなた。
まんまとはまったね。
ふっふっふっ、実は、この記事、宣伝記事だったんだよ。
自称グレートライター、しかしてその実態はグレートスケベライターの
ロイ渡辺氏の手に為る新作『初対面の教科書』が
来る5月26日(木)ル・マンの日、ラッキーゾーンの日、東名高速道路全通記念日に
発売されます。
なんとこの本、初対面克服マニュアルなんですと!
きっとそこには、いかにして初対面峠を越えていくか、
その秘策がぎっちり詰まっているはずです。

ねぇ、さっきうなづいたよね?
読みながらため息ついたよね?
一瞬「その気持ちわかる」って思ったよね?
書名: 『おちまさとプロデュース 初対面の教科書』
データ:NHK出版刊 A5判並製 192ページ(2C192ページ)
定価: 本体1,400円+税
発売日:2005年5月26日(木)発売
です。
どうかお買い上げを。

このblogでも何度も書きましたが、
私の憧れライター・ロイ渡辺氏。
言葉使いとしてこんなに才長けた人はそうそうはいないと
私は信じています。
ま、氏のblogに目を通していただければ
その片鱗を感じていただけると思いますが、
やはりそこはそれ、人はお金の関わる作業にはより一層力が加わります。
ボトルを入れないお客にあれやこれやのサービスをするホステスがいないように、
日にン十万と使う不細工なお客に甘ったるい言葉をささやくホストがごまんといるように、
もっと楽しみたければ、もっとつぎ込まねばなりません。
彼の文章の面白さにひきこまれ、
きっとあっという間に読み終わってしまう1冊だとは思いますが
1400円の価値はあるはずです。

アンケートの年齢欄を書き込む時と、
体重を聞かれた時にしか嘘を付かない私です。
肝っ玉が一寸法師であることも、
ロイ渡辺氏の作品が面白いということも、れっきとした事実。

東名高速道路全通記念日、私は書店へ向かいます。
緑の表紙の本を買いに。
日本のあちこちでもたくさんの一寸法師が書店に向かいますように。
緑の表紙の本を買いに。

ご機嫌公論『初対面の教科書』 5月26日発売! にTB

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-05-21 17:37 | book
快晴

a0027105_21464752.jpg

あまり『忙しい、忙しい』と言ってばかりでもね・・・

で、タンゴと一緒にしばし庭でのんびり。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2005-05-20 21:49 | today
| ページトップ |
"cat-screams" Skin
by Animal Skin