Top
<   2006年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ひっぱたかれる
好きではないけれど、見るものが無くて
『永ちゃん 俺たちはもう一度走れるだろうか』を見た。
永ちゃんとは、言わずと知れた矢沢永吉。
おじさんたちがここまで夢中になれるのはいいコトだよなぁ
(自分もおばさんなのにね・笑)と思いながら
軽い気持ちで見ていた。

永ちゃんが
「みんな一度ひっぱたかれればいいんだよね。
手じゃなくて、見えない何かにひっぱたかれて
はっと気づかされる、というような・・・」
と言った時、母が大きく頷いた。そして
「そんなものに出会えたらそれはすごいことよねぇ」と。

うん、ひっぱたかれてみたい。
でも、それをただ待っているだけの人には
たたく手は伸びてこないのだろうね。

a0027105_22252365.jpg
永ちゃんとは関係ないのですが、
以前ちょっと触れた、
アンカーホッキングのプレート。
他の"娘たち"同様、
全体の色のバランスにひとめぼれをしました。
何かをのせてしまったら
せっかくの模様が見えなくなってしまうなぁ、と、そんなことまで心配しつつ、やはりにんまり眺めています。



a0027105_224066.jpg
遠目に見るとちょっとサイケなパターンに見える柄も、
実は家庭用品を描いたほのぼの柄。
一粒で二度美味しい的な楽しさを持ったお皿です。

☆ばたばたした日々が続いているため、ちょっと更新が遅れるかもしれません。
 皆さん、いい一週間を。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-02-26 22:44 | today
きっとこれが愛なんだ

雨ですね。(@関東地方)
でも、ヒーターなしで窓を開けていてもそんなに寒くない。
春ですか。

最近泣きっ放しのmikanskyです。
今朝は、『一休さん 母上シリーズ』を見て
「御仏も、母上様ももういない!!」
という一休さんの叫びに涙。
たとえ御仏という支えを持っている一休さんだって
どうしようもなく辛かったり、信じられなかったり
弱かったりすることがあるんです。
そう思ったら
「もういいじゃん、一休さん。
泣いちゃえ、泣いちゃえ。私が許す!」
と、テレビの前で号泣の私。

a0027105_11335252.jpg『A CAT'S LIFE -Dulcy's Story』
by DEE READYです。
江國香織さんの訳で
『あたしの一生-猫のダルシーの贈り物』
という日本語版も出ています。




私は愛という言葉が苦手だと以前書きました。
それは、愛ってものが、簡単に口にできるほど軽いものではなく、
さりとてガラスのショーケースに飾るほどわざとらしいものでもないと思うからです。
そんな得体の知れないものを、私は自分の中に見つけ出す自信がなく、
そして、正直に言うと、私以外の人も本当にそれを見出しているのだろうか、
皆目計りかねるのです。

ただ、私は何年も前に
「ああ、きっとこれが愛なんだ」
と確信できてしまう強烈な場面に出くわしたことがあります。
それは私に向けられたものではなく、
私はたまたまその場に居合わせただけなのですが、
そんなに短くもない人生の中で、それが唯一私が目の当たりにした愛でした。
その時私はこうも感じました。
「これが愛だとしたら、今の私の中には到底愛というものは存在しない」

哀しいことだ、と思うでしょうか。
愛を持ち合わせない人間なんて、なんて不幸なのか、と。

いいえ。
自分が本物だと感じることのできる愛、
それをしっかりと持つ人に会うことができて、
私は自分がそれまで抱いていた"愛と勘違いしやすい感情"の
ちっぽけさに気づくことができた。
もしいつか
死ぬまでに一度でも私の中に愛というものが現れたとしたら、
私は間違いなくそれを感じ取ることができます。
一生ないかもしれないけれどね。

で、『あたしの一生-猫のダルシーの贈り物』。
ここにも
「きっとこれが愛なんだ」と感じることのできるものがあります。
この記事を読んだ人の1人でも、この本を読んでくれたらうれしいから、
敢えて内容には触れません。
ただ、
それを愛と呼びたければ、美しく、強く、静かにありなさい、
ということを教えてくれる1冊です。

この本を、私の大好きな人も好きになってくれたことを喜びながら。


『あたしの一生-猫のダルシーの贈り物』
ディー・レディー・著 江國香織・訳 飛鳥新社

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-02-26 12:06 | book
娘よ

はい、タイトルどおり、この記事は脳内BGMを
『娘よ』by芦屋雁之輔になさってお読み下さい。
♪よーめに行く日ぃが、こなけりゃいいとぉ~

a0027105_1316524.jpg

Pylex made in England、カーナビーデイジーという柄の
サービスプレートです。
写真ではわかりづらいと思いますが、
横幅が39センチ程ある大物。
小ぶりのケーキなどをいくつかのせたり、
オードブル、コロコロおむすび、お寿司などを盛り付ける大皿として使えるなと
日々、にんまりと眺めています。

a0027105_13204066.jpg

このパターンといい、その色合いといい、
チープモダンとでも形容すればいいのかしら。
とにかく、「懐かしくて恰好いい」プレートです。

嫁に出したくありません。
「買います」メールが届いたら
「父さんは承知せんからな!」とちゃぶ台ひっくり返してしまいそう。
(ウソ、ウソ。売りますって・笑)

気がついて周りをキョロキョロしてみると、
こんな懐かしくも愛らしいデザインがまだ残っているものなんですね。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-02-25 13:25
CROWNのマグ

a0027105_1049021.jpg
今や遅しと出番を待っているつぼみ堂の商品を、ちょいと皆さんにご紹介です。

ミルクガラスのマグカップ。
一見、ファイヤーキングのように見えますが、
CROWNというブランド。



カップの裏側には、CROWNの文字と
可愛らしい王冠マークが刻印されています。
このCROWNというブランド、あれこれ調べてみましたが
検索にはひっかかってきません。
そんなに有名なものではないのでしょうね。
でも、つぼみ堂にはそんなこと関係ありません。

写真を撮った後、しばらくパソコンデスクに置いてあったのですが、
なんとも視線を捕らえる愛らしさがあるんですよ。
多分それは、ミルク色に映える鮮やかな赤、この2色のバランスのせい。

a0027105_10584576.jpg
目に入るたびに
「いいなぁー、
売りたくないなー」

ちょっと細身で背の高いシルエットも
魅力です。






今になって気づきました。
好きな物を集めてそれを人の手に渡すという仕事は、
うれしいけれど、ちょっと寂しいことなんですね。
このマグが売れる時、
私はちょっとだけ思うかもしれません。
「ちぇっ、売れちゃった」

私と同じくらいこのマグを気に入ってくれる人に
見つけてもらたえらいいなぁ。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-02-24 11:11
ロイヒさん

本当なら今頃はケーキクラスに向かう電車の中でした。
昨夜からちょっと体調がすっきりせず、
結局今日はお休みをさせてもらうことに。

それにしても、肩こりと頭痛がなんとも不愉快。
「痛みがある時は
我慢せずに鎮痛剤を飲んで
普段どおり動いたほうがいいですよ」
と以前歯医者さんに言われたのを思い出しました。
で、薬箱を漁ってみたものの、鎮痛剤がない。
どうしたものかと考えていると、箱の底からこんなものが・・・

a0027105_11564131.jpg

『ロイヒつぼ膏』
左斜め45度のこのおじさんは誰?と思いつつ、
おばちゃんのこめかみにでも貼ってありそうな
いかにも膏薬!な丸いシートを剥がすと・・・

a0027105_121223.jpg
ここにもおじさんが!
きっとこれがロイヒ博士なんだろう、と勝手に思い込み、
首筋丸見えにも関わらず貼ってみました。
うわっ!
貼ったそばからなんとも効果のありそうなじんわり感。
そのじんわり感が周囲にも広がり、なんつうか、もう、
「はいっ、頑張って仕事させて頂いてます!」
って感じです。
(どんな感じだよ、って思うでしょ。
でも、ほら、「これホントに効いてんの?」って貼り薬もあるじゃん)

ありがとう、ロイヒ博士、いや、ドクターロイヒ!!(おんなじか)
などと思いつつ、それでも気になるのでちょっと調べてみたところ、
このロイヒというのは博士の名前ではないということが判明。
「ロイヒ」の「ロ」は、ロートエキス、「イ」は、イクタモール、「ヒ」は、ヒノキチオールで、
主成分の頭文字をとって、「ロイヒ」とつけられたのだそうです。
おまけに、このおじさんは博士でもドクターでもなく、
架空の人物なのだそうです。
なぁんだ。

それにしても面白いのは、あれこれ検索してみると、
この絵を見ただけでほとんどの人が
このおじさんがこの膏薬を発明したロイヒ博士である、
と思い込んじゃっていること。
不思議なものですね、思い込みって。

おじさんは架空でも、効き目は確かなロイヒつぼ膏
肩こり、腰痛にお悩みの奥さま、ぜひお試しあれ。
ビバ、ロイヒ博士!

☆効き目に関してはあくまでも私個人の感想なので
 万人に効くとは限りません。
 あと、じわじわ感がとても強いので、敏感肌の方はご注意を。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-02-22 12:14 | today
あたらしいコト・ご報告

a0027105_1626423.jpg
春をめがけて私が始めようと目論んでいる
あたらしいコト。
ばたばたする日々の中で
いまひとつ形が見えていませんが、
おおっぴらにしちゃえば逃げられないだろう、
ということで皆さんにご報告です。

4月の自分の誕生日を目処に
ネットショップを立ち上げようと動いています。


そこで扱うのは、食に関わるセカンドハンドつまり『お古』。
アンティークなんて大層なものは扱えませんし、
コレクタブルと称するにはブランドものを集めなければならない。
ネームバリューにこだわらず
懐かしくて、愛らしくて、格好良いものを集めたいので
あえて『お古』と呼ぶことにしました。

きっかけは昨年のカナダ旅行で手に入れた
お古の食器や料理本です。
野暮なのかお洒落なのか、でもつい手にとってしまうデザインのお皿や
それを使っていた人の書き込みが残る
何十年も前のレシピ本。
自分が子供だった頃に憧れていた
ちょっとバタ臭いモダンがそこにありました。

この感覚はなかなかうまく説明できないので、
お店のホームページ用に用意したコメントを載せてみます。
少しでも伝わるとうれしいのですが。

************************************
昭和の子供たちは、白黒の海外ドラマを見ては『外国』に憧れました。
大きな冷蔵庫、ホームパーティー、靴を脱がなくてもいいお家。
そんな憧れには遠く届かないけれど、
コーンフレークに牛乳を注いで、ネスカフェのインスタントコーヒーにドキドキしながら
子供たちは言いました。
「なんだか外国みたいだね、おかあさん」

月日が経って、
あの日の外国すらも追い越してしまうほどに便利でお洒落になった今、
あの頃のデザインはちょっと時代遅れで、野暮ったく見えます。
でも、その野暮ったさの中に実は隠れた愛らしさや恰好良さを
つぼみ堂はお伝えしたいと考えています。

このお店を始めるにあたり、
ブランドにはこだわらず、
あの時代の格好良さを伝えることのできるデザインだけを
集めようと決めました。
アメリカやヨーロッパからやってきて品々は
外国のごく普通のお母さん達がお台所で使っていたものばかりです。
新品のものとは違いますが、誰かが使った温かみを感じて頂ければ
こんなにうれしいことはありません。
************************************

そう、お気づきと思いますが、お店の名前は
『つぼみ堂』。
いつか何かを始める時、それが何であれこの名前を使おうと
ずっと抱えてきたものです。
"さき" と "はやと" という姪っ子・甥っ子の名前から
「早く咲きますように」とつぼみの開きを心待ちにする様を思い浮かべ、
ちょっと古めかしい「堂」とくっつけてみました。

私の手持ちの品や、人づてに集まってきたものや、
お古たちも少しずつ集まってきています。
私の誕生月の4月オープンを目指して、
ただ今格闘中です。
その過程は追々このブログでお話させて下さい。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-02-21 17:05
過ぎたるは及ばざるが如し

a0027105_16223184.jpg『チャーリーとチョコレート工場』を
見て以来の企てをついに実行する日がやってきました。
姪っ子(15歳)と共にチョコレートフォンデュです。

この日(12日)関東地方は暴風が吹き荒れ、築ン十年の我が家なんぞは吹っ飛んでしまいそうな勢い。
しかし、こんなことでチョコフォンデュをあきらめる我らではない!
吹き荒れる風と砂埃の中、
近所のスーパーまで決死の行軍。






折りしもバレンタイン直前。
店には手作りチョコ用のチョコレートが山積みです。
「自分で食べるために買う人なんていないよねぇ!」と、
なんでそんなにうれしそうなのだ姪っ子よ。

a0027105_16292745.jpgチョコと共に、バナナ、イチゴ、
ワッフルを買い込んで、またもや砂嵐の中を帰館。
さて、湯煎でチョコレートを溶かすのはいいが、フォンデュをするにはどうしたらいいか・・・。
そこでひらめく天才mikansky、
ガラスのティーウォーマーがあったことを思い出しました。
ガラスの器にチョコレートを注ぎ、
保温用のキャンドルに火を灯すと
私たちのテンションも急上昇です。

「ちっちゃん(私のこと)すごいよ! 
チョー豪華だよ!」
「おお!食べな食べな、好きなだけ食べな!!」
「きゃーーーーっっっ!!!!!」



10分後・・・
「もう、いい・・・」
「うん、ちょっと気持ち悪いかも」
哀しいかな興奮しすぎて大暴走した貧乏人のおばめいコンビは
スタートダッシュが効き過ぎてしまいダウン寸前。
あれ以来、
「しばらくチョコレートはいらないね」
と語り合う二人なのでした。
おバカ。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-02-18 16:42 | food
げに退屈こそは
1人SMごっこで身動きできなくなり…… | Excite エキサイト

1人SMごっこ、というタイトルを目にした時は
「SMっていうのは縛り縛られで楽しいものなんじゃないのか?
(縛りも縛られも経験がないのでわからんが)
それを1人でやって面白いものなのか?」と訝しく思ったのだけど・・・
「退屈だったのでやってみた」という少年の言葉を読んで
気持ちいいくらいに納得。

退屈とは時に思わぬ「やる気」を起こさせてしまう魔物だ。
退屈だ、退屈だ、とぼんやりしていると、
いつもは忙しくて忘れているくだらない疑問や欲望に
人の意識は気づいてしまう。
「あ~、ヒマ」とダラダラしているうちはいいが、
「あっ、そう言えば・・・」と身体を起こしてしまったら
それが魔物に憑依された瞬間。

私が中学3年だったある日、
全ての授業が終わり、帰りの会と呼ばれる短いホームルームに
なかなか担任の先生が来ないことがあった。
15分ほど過ぎてやっと先生が来て、帰りの会が始まったその時、
「センセー、Kくんがベランダの柵にはまってまーす!」
慌てて窓に駆け寄り外をのぞくと、
ベランダの床の上に横たわるKくん。
その頭の上半分は、
コンクリートの柵の下の方の20センチ弱ほどのスリットに
しっかりとはまり込んでいた。

面白い、面白すぎる・・・。
あまりにも突飛な状況に笑っていいやらいけないやらわからない私は
きっと凄まじく素っ頓狂な表情でKくんを見つめていたことだろう。
「耳が・・・ちょっとい・た・い」
ちょっとどころじゃないだろうに、
KくんはKくんで、こんな状況に陥ってしまった自分を恥じ入る余り
己が置かれた状況をかなり遠慮がちに伝えてくる。
「おいK、どうしてこんなことになっちゃったんだ?!」
先生の問いかけにKくんはこう答えた。
「だって、先生なかなか来ないし、
ベランダでぼーっとしてたら
"この溝に頭を入れたらどうなるかな?"って思っちゃった」

"思っちゃった"
そう、退屈すると人は
「あっ、そういえば、○○を××するとどうなるのかな?」
と、思っちゃうのだ。
そうできている生き物なのだ。
そして、一旦思っちゃうと後へは引き返せないほどに
その行為にのめりこんでしまう。

私の友達は、ボーイフレンドの部屋へ入って
頭をすっぽりと洗濯かごに突っ込んで床に横たわる彼の姿を目にした。
「何やってるの?!」
「いや、退屈だったから・・・」

私はあまりに何もすることが無いと
仰向けに寝転がって両足を天井に向けて直角に伸ばし、
足の裏で座布団をくるくると回してしまう。
小一時間も回してしまう。

あまりにも退屈なその瞬間に
「自分で自分をベッドに縛りつけることってできるかなぁ?」
ふとそんなふうに思っちゃって、
あまつさえそれをやっちゃったとしても
誰がこのドイツ人少年(16歳)を責めることができようか?
全ては退屈という魔物の為せる業なのだから。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-02-15 23:02 | これってどうなのよ?
衝動買い

ああ、オリンピックの開会式を見るために
早く寝なくてはいけないというのに、
こんな時間に衝動買いです。

iTuneのMusic Storeで懐メロ大量買いです。

フィンガー5
「個人授業」「恋のダイヤル6700」
「恋のアメリカンフットボール」「学園天国」
かっこいい・・・・
小泉今日子が歌ってた「学園天国」なんかと比べ物にならないよ。
沖縄だから? 今聞いても"日本"じゃないなぁ、と感じるのは私だけかしら。

アン・ルイス
「六本木心中」
かっこよすぎる・・・
昔々、オトコ相手の深夜番組で
素人だかタレントに半分足突っ込んでるんだかわからない女の子が
なぜかその場でパンツを脱ぐってコーナーがあって
たまたまそれを目にした私は「しねー!!」と怒ったのだが、
その日ゲストでスタジオに来ていたアン・ルイスは
大変穏やかにニッコリと微笑んでひと言言い放った。
「あんた、サイテー」
怒りに満ちた声と表情でしか怒りを表せなかった自分にしょんぼりしつつ、
なんてかっこいいんだアン・ルイス、と思いました。

TOMCat
「ふられ気分でロックンロール」
うーん、この曲を聞くと何かを思い出しそうで思い出せない。
多分、この曲に連動した記憶があるのだと思うけど、
思い出せない。
で、記憶を取り戻すために購入。
なかなか気持ちのいい曲よね。
えっ、知らない? とほほ。

伊藤咲子
「乙女のワルツ」
確か、中森明菜がカバーしています。
歌唱力がなければ絶対に歌えません。
お嬢さん、一度聞いて御覧なさい。
号泣しながら熱唱したい衝動に駆られること請け合いです。

年のわかる選曲ですね。
ある意味、『大人買い』であるとも言えましょう。

さて、寝なくては。

[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-02-11 00:12 | favorite
わかんねーよ!

a0027105_16312750.jpg


仕事柄、長い英文を取り急ぎ訳さなくてはならないことがある。
時間があれば自分でじっくり訳すけど、
専門外の内容だったりすると
どうしてもネット上の辞書や翻訳サイトを使わなければならないこともある。

使ったことのある人ならわかるだろうけど、
現時点での翻訳ソフトって、正直言って頭が悪い。
何年も前に「Good morning」を「良い朝」と訳したソフトに出会ったときは
たちの悪い冗談だろうと思って再度翻訳ボタンをクリックしてみたりした。
何度試しても同じ訳が出てきて初めて
「こいつ、本気だ」
と愕然としたものだ。

"何年か前に"と敢えて言ったので
今はもうそんなにひどくないのだろうとあなたは思ったかもしれない。
否。

先日、とある翻訳ソフトの広告を見かけた。
登録されている単語数のみならず、
専門用語のジャンルについて驚くべき数が挙げられている。
一般、金融、医療、貿易、政治、科学、工業、etc。
そして何より私の心を掴んだのが
「今までの翻訳ソフトの不自然な日本語に
もう悩む必要はありません!」
神様!
ついにこの日がやってきたのだ。

決して安い金額ではないけれど手の届かないものでもない。
これから仕事に役立ってくれるであろうし、
何よりもあのすっとこどっこいな『良い朝翻訳』にイライラさせられることもない。
心を決めて、ダウンロード版を購入。
なんと、今どき珍しく30分超えのダウンロード時間にも
「それだけ豊富な語彙を持った翻訳ソフトなのね」
とうっとり。

で、早速訳してみた
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2006-02-09 16:48 | これってどうなのよ?
| ページトップ |
"cat-screams" Skin
by Animal Skin