Top
<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
吐き気がするだろ?みんな嫌いだろ?
a0027105_22171288.jpg
旅でもないのに、つい買ってしまうお土産物を横目に、
くるくると過ぎた一週間。



a0027105_22174095.jpg
甘いお菓子もいいけれど、ときにはハードにいきまっしょい!
と、見にでかけたのは「少年メリケンサック」。
私、嫌いではありません、パンクロック。
大阪で生まれた女が、踊り疲れたディスコの帰りに
「これで青春も終わりかな」と呟くように、
教え疲れた仕事の帰り、私は時々パンクを聞きます。
ぐったりと疲れた脳味噌に、妙に昂った神経。
本当は静かな音楽でクールダウンするのが筋かもしれません。
でも、そんなことしちゃったら、怠け者の私は
「うん、アタシ頑張った」なんて、しみじみと自分を甘やかしてしまう気がして。
だから、リラックスしかけた神経に、最強の麻薬を注入するように
イヤホンからパンクロック。
甘えそうな神経を、無理矢理引き戻して鼓舞するのです。

さて、映画は、といえば・・・
残念ながらいまひとつスッキリとしないものでした。
アイデアは面白い。
バンド・少年メリケンサックはかっこ悪くてかっこいい。
キャストも、メインから脇まで結構豪華。
(ザ・スターリンの遠藤ミチロウやアナーキーの仲野茂、
ザ・スタークラブのHIKAGEがちょい役で登場です。
でも、私たちが一番盛り上がったのは、なぜか烏丸せつこでしたが)
なのに、不完全燃焼、消化不良、どっちつかず、なのです。
うーん、脚本の甘さもその理由のひとつなのですが、
私と友人が感じたのは、某役を演じた役者さんの演技に漂う違和感。
どうも、最初から最後までアイドル映画的な雰囲気が抜けず、
なんとも言えず不思議なものでした。
とはいえ、見れば見る程
「そうそう。大人をなめちゃいかんのだよ、小憎ども」
という気持ちがどんどん高まって、
その辺は気持ちよかったのですが。


a0027105_2218769.jpg
それにしたって、小憎どもの首根っこ押さえつけるには
賢く年は重ねても、醜く年を重ねてはダメね。
そんなことを考えては、林檎をジュースにしてみたり、
あごのたるみをコロコロローラーで刺激してみたりしています。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-02-24 23:26 | movies
初めて
鼻うがいをした。
ハナノアで。
ご多分に洩れず、私も「口からうまく出せない人」だった。
ただ、右の穴から入ったものが、
左の穴から出てきた点についてはマイノリティーなのかもしれない。
いや、
「洗浄液を流し込み続ければ、人間の構造上、液は口から出てくるものなのです」
という点から考えれば、人間とは構造上違う生き物だとか?
右と左、別々にやらなくてもいい分、一石二鳥なのだろうか。
それにしても、鼻うがい中の姿は誰にも見せられない。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-02-20 23:35 | これってどうなのよ?
吐き出される万国旗の昼と、粉雪の夜
a0027105_22595748.jpg
ドーナツで朝ご飯なんて、欧米か?!
主役よりも、その穴から垣間見えるレトロな柄にピントが合ってる
ヘンな写真。

新幹線のドアが開いて、人が降りてきたのだけど、
それが、次から次へとどんどん降りて来るものだから、
まるで手品師の口からくるくると際限なく出て来る小さな万国旗みたい、
って思ったら笑いが止まらなくなった。
見回すと、他のドアはとっくに乗降が終わっているのに、
私のドアだけはまだ万国旗を吐き出していて、
やっと乗り込むことのできた車内はほとんどからっぽだった。

仕事が終わって建物の外に出ると、雪。
斜めに吹き付ける粉雪。
本格的な雪を見るのはほぼ初めてなのでちょっと興奮して
駅へ向かうタクシーの中で
カナダで体験した「ブリザード'96」(Gメン'85みたいだ)の話を
英語でまくしたててみた。

雪の駅から新幹線に乗り、雪のない駅に降り立ち、
さぁ、今日もこれで終わり。


私が住んでいたビクトリア。2分40秒あたりにブリザードの映像があります。


[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-02-18 23:40 | today
単焦点練習散歩
a0027105_2251632.jpg
最後に残ったトーストの角を、
安っぽいいちごジャムで塗り込めるか、野菜スープに浸すか、
まるで人生を決める大問題のように考え込んで日曜の朝が始まった。


a0027105_22513877.jpg
時間を急がなくていい一日は、楽。
急がなくていいのだから、
たとえ走れば間に合いそうな青信号にも、急ぐものか。


a0027105_22515962.jpg
急がなければ、ほら、
サイコロキャラメルの空き箱だって見つけることができる。
車が頻繁に通る道路でしゃがみ込んで写真を撮るのは
ちょっと恥ずかしいけど。


a0027105_2252205.jpg
まるで春のように暖かい一日だったけれど、
それがまやかしなのは、まだ芽吹きの気配すらない枝を見ればわかる。
でも、鼻の奥や喉の奥をむずむずとくすぐる目に見えない粉を感じるのは
春がもう遠くはないという証拠。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-02-15 23:09 | today
変わらずに
喋り疲れた仕事の帰り、新幹線のホームを歩きながらふと考えた。
いつまでこの仕事を続けることができるだろう。
教えるということを。
いや、ひょっとしたら教え続けて喋り続けて
一生を終えるのだろうか。

a0027105_23254977.jpg


大富豪になることもなく
パパラッチに追い回されることもなく
誰かのために全てを捧げることもなく
タヒチの水上コテージで昼寝をすることもなく
ヒマラヤの頂上から下界を見下ろすこともなく
悟りを開くこともなく
東京ドームでコンサートをすることもなく
油田を掘り当てることもなく
勝利演説をすることもなく
人前で大声をあげて泣くこともなく
発行部数100万部を超える傑作を書き上げることもなく
「お釣りはとっておいて」と言うこともなく

a0027105_23264564.jpg


いえ、そうなりたいとか、そうしたいというのではなく、
ただ、このまま、何ひとつ変わらないままに
ほんの欠片すらも変わらないままに
終わっていくような感覚を、
うまくいかなかったような気がする仕事の帰りには
なぜか味わうのです。

 ★文章とはまったく関係のない写真は、
  買ったばかりの単焦点レンズで、マニュアルフォーカスに慣れるための練習。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-02-13 23:29 | I think...
あ〜
「いちごかぞくいっこまでとさせていただきます」
テレビから聞こえてきた言葉に思わず振り返る。
苺家族?!
まるで「いちご新聞」を彷彿とさせるスィートな響きじゃないのさ!!
と思ったら、
「1ご家族1個までとさせて頂きます」
でした。
そりゃ、そうだよね。

今日から新幹線で通う仕事が始まりました。
某企業へ出向いて、定時後のレッスンです。
毎週2日通います。
その2日の間に入っているのは、朝6時起きの仕事です。
某企業へ出向いて、始業前のレッスンです。
こちらも毎週2日通います。

仕事を終えてホームで新幹線を待っていたら、
木っ端カップルがねちっこい接吻を交わしている場面に出くわし、
「ふたりともパンツのゴム切れちゃえ!」と心の中で祈った途端、
その昔、毎週月曜に東京へ仕事に出る度に怒りまくっていた自分を思い出し、
ふとあの頃が懐かしくなりました。
(と、ここまでがひとつの文)

さて、明日は6時起き。
咳に処方された薬は効かず、
アレルギー薬の副作用で食べるもの全てが苦く、
少し面倒な毎日ですが、
それでもなんとか楽しくしています。 

★「いちご新聞」
  女子なら一度は耳にしたことがあるのでは?
  サンリオから"いちごメイト"のために発行されている新聞です。
  確か、サンリオショップで無料でもらえたと記憶しています。
  それにしても、"いちごの王さまからのメッセージ"は必見です。
  金融危機やイスラエルとパレスチナの問題まで、
  「いちご新聞って子供向けじゃないの?!」ってくらいシリアス。
  昔のいちごメイトとしては、王様のメッセージを心に深く刻んで
  日々を送りたいものです。
  
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-02-11 23:00 | today
ムコダインと昼寝とホットドッグとポップコーン
なかなか止まらない咳が鬱陶しくて、
ついに朝一番で医者へ。
待合室はインフルエンザや風邪の子供が溢れていて、
あまり急性には見えない私の診察はあっという間に終わってしまった。
咳が止まらないというのは、肺炎や、百日咳やも肺がんも考えられるけど
薬が効かなかったら検査をしましょう、
と。

正体がわからない病に出された薬の中には
アレルギーに効くものも。
あまりに眠くなるようだったら夜だけ飲んで下さい
とお医者さんが言うだけあって、
飲んだ後小1時間、ぐーぐーと眠り込んでしまった私。

夕方からは、思いがけないお誘いを受けて映画へ。
ホットドッグとキャラメルポップコーンとドリンクを抱えて見たのは
「チェ 28歳の革命」
もちろん、この映画を見て感じたこと、考えたことはあるけれど
ここにそれを書くことは止めておこう。
だいたい、どうのこうのと言うには、
私はまだ勉強が足りていない。
ただ、革命を起こすにしても、戦いに勝つにしても、
読み書きは大切、ということ。
反乱軍の一員になることを希望する若者と出会うたびに、
ゲバラは「読み書きはできるか?」と尋ねる。
「読み書きが出来ない者は簡単に騙される」と。
さしづめ、どこぞの国の首相なら、
絶対ゲバラに門前払いを食うんだろうな。

そんなこんなで、また今日も終わろうとしている。
アレルギーの薬が効いてきたのか、
両目の奥の方から、じわりじわりと眠くなってきました。
それでは、また。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-02-06 22:44 | today
大人のくせに
a0027105_21385114.jpg
新しい生徒さんのお宅へ。
本棚に「あさりちゃん」のよりぬき&特選が並んでいてびっくり。
「子供の頃、テレビで見てたんです〜」
おおっ、私も! いや、私は子供と呼べる程の年ではなかったけど。
びっくりついでにあさりちゃんの主題歌を歌って差し上げたところ、
「フルで歌えるなんてスゴいですっっ!」と
よりぬき&特選を貸して下さいました。
大人のくせに、なんて言って下さるな。
"大人のくせに"なことを楽しめちゃう人が私は好き。
仲良くなれそうですわ。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-02-05 21:38 | favorite
ギックリーナ
増えた仕事に緊張しすぎたのか、
顔を洗っていたら、少しずつ、少しずつ、すこーしずつ、
腰が痛くなってきて、
朝、仕事場にたどり着いた頃には、
座った姿勢から立ち上がることがちょっと難しいくらいに
痛みが広がっていました。
いわゆる、魔女の一撃(ぎっくり腰)と言われる程の突発的な痛みではないのですが、
"スロウぎっくり"とでも呼びたいような。

まったくもう、どうしてこうも
あちこちにガタがくるのでしょう。
・・・・
ええ、そうですよ、年のせいですよ!!
さぁ、私のことをギックリーナとお呼びっっ!!
ふう・・・。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-02-03 23:12 | today
| ページトップ |
"cat-screams" Skin
by Animal Skin