Top
<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
今日と昨日と
a0027105_22392863.jpg
ワールド・ベースボール・クラッシックのクラシックって何だ?
といつも考えつつ、
我が家では母が「クラシック!クラシック!」と、省略し過ぎの名称で呼ぶのです。
省略し過ぎの上に、何ゆえ一番意味不明な部分を残す??
私が見ると負けそうな気がしたので、敢えてテレビはつけず、
一球ごとに更新されるサイトをリロード、リロードしながら
試合の成り行きをチェックです。
普段は野球何て興味がないのに、
なにせワールドですから、クラシックですから、
手に汗握ってしまいます。
見事勝利が決まってからは、ゆっくりとお茶を飲み、
頂き物の、それはそれは愛らしいクッキーをつまみました。
早めの誕生日プレゼントとして頂いたものですが、
あまりにも可愛らしくて食べてしまうのを躊躇していたのですが、
このおめでたい日ならよかろうと。

a0027105_2241163.jpg
さて、話は昨日へ戻ります。
大学に合格した生徒が遊びに来てくれました。
4月からは法学部の学生になる彼女。
とても聡明で、話をしていても年の差など少しも感じません。
以前ひかる先生の教室で教えて頂いた牛肉のビール煮で一緒にお昼をしながら、
外国での暮らしの話や、日本で一番きれいなお城の話、
英語の勉強法などについて何時間も話し、
「いつか先生と一緒に海外のどこかへ、旅したいです」
と頭を下げて、彼女は帰って行きました。


a0027105_2246260.jpg
彼女が持って来てくれたのも、可愛らしいクッキー。
かの夢の国で買って来た、25周年アニバーサリーのクッキーだそうです。
缶の中は、25の文字とネズミの形がこれでもかと詰まっています。
それにしても、クッキーって好きだ。


a0027105_22454098.jpg
日々の花粉は辛いけれど、
それを言い訳にのらりくらりと過ごすのはもうそろそろ止めにしなきゃと
思いました。
夢中で球を追う人や、我を忘れてそれを応援する人や、
新しい日々のスタートに背筋を伸ばす若い人を見て、
強くそう思いました。
庭で摘んだ月桂樹はこんなに緑です。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-03-24 23:30 | food
春眠 or 薬眠 ? 
a0027105_22162593.jpg
髪を切りに行くので、やむを得ず花粉症を止める薬を飲む。
そしたらまぁ、眠いこと、眠いこと!
美容室の椅子でロットを巻かれながら突然頭が前方へガクン!!
「だ、大丈夫ですかっ?!」
と仰天する美容師さんに
「すみません、今、一瞬だけ、寝ました」
いやぁ〜、こんなことは初めて。
当の本人だってびっくり仰天です。

その後もずっと眠くて眠くて、
いくら眠気を催す薬だとは言え、その作用がこんなに長く続くもの?
そう考えると、これは薬のせいなんかじゃなく、
単なる春の眠気なのかもしれません。
私の春は、もうしばらくこんな調子で
のたりのたりと続きます。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-03-19 22:54 | today
What a reunion !
a0027105_2227889.jpg
日曜日、学生時代からの友達との集まりのために上京。
外で豪華にお食事、と洒落込んでもいいのだけれど、
ゆっくり話がしたくて、友人宅で持ち寄りランチに。
4人みんなで集まるのは、多分、もう10年近く経つのだから、
お店で食べて、2時間したら店を出て、お茶をする店を探しながら歩いて、
なんて時間が勿体ない。

a0027105_22272671.jpg
なぜか、会うたびに腕相撲をする2人。
「いつか勝つために、ジムに通ってる」
と遠くを見つめるFちゃんと、
その挑戦を受け続けるディフェンディングチャンピオンのMちゃん。
Kちゃんと私は、いつもそれをにやにやと眺める。

今年中にもう一度会えるといいねぇ、などと言いつつ
大の大人4人は、また四方へ散りました。
今年中に会えても会えなくても、
きっと、私たちのこれからはまだまだ長いということで、
どうかひとつ、末永くよろしく。


 ☆今日、北東の空に流れ星を見ました。
  白い光の尾っぽ。
  いいことがありますように。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-03-17 22:51 | people
約1ヶ月後のアタクシ
a0027105_21574185.jpg

あと約1ヶ月でまたひとつ年をとることに気がついた。
もはや、めでたさも中くらいなりおらが春、なんだけどね。
今年は仕事の休みと重なりそうなので、
なにやら事を起こしてみようかしらと考えています。

行ってみたいあの街へ、1泊2日の一人旅に出るべきか、
思い切って、ルネッサーンス!なホテルで一夜を過ごすべきか、
憧れのあのお店で、ファンシーな食事をするべきか、
はたまた、贅沢は敵だ!とごくごく普通に過ごすべきか・・・

思案しているうちに、結局は時が過ぎてしまいそうな予感です。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-03-08 22:44 | other
フェア
a0027105_22592213.jpg

フェア・・・1 定期市。 2 見本市、共進会。 3 バザーに同じ。
                    *広辞苑電子辞書版より

ご当地かき菜フェア開催中、のようです。
あたりを見回してみましたが、これ以外にかき菜モノは見当たりませんでした。
かなりダウンサイジングされたフェアです。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-03-03 23:06 | これってどうなのよ?
新しい形を
a0027105_225288.jpg
中学生たちの試験も終わり、慰労会でもないけど、
ランチ&Wiiの集いを開催であります。
マリオパーティーなんぞを初めてやってみました。
ちょっと面白いね。

いろいろな考え方があると思うけど、
仕事は、まず、生きて行くための糧を得る手段だと私は考えています。
そうでないと、私は、甘えが出てしまう。
きっちり厳しく仕事をするために、
敢えて、仕事は生きるため、と。
それを頭と胸に叩き込んだ上で、仕事を楽しむということができたら
それはもう、最高です。

幸いなことに、仕事と厳しく対峙することを覚えた昨今。
(昨今になってやっとかよ!?)
もう少し楽しさを追求してみたい、なんてことを考え始めました。
今やらせてもらっている色々な仕事ももちろん楽しいのですが、
基本形であるそれをしっかりと保ちつつ
新しい形の仕事も始められないものか、と。
例えばそれはどんなこと?と聞かれると即答できないのですが、
例えばそれは、シニアのための英会話レッスンだったり、
マニアックで面白い本を発掘&日本語に翻訳だったり、
外国人旅行者向けの超ユニークなツアーの企画だったり、
今まで誰も作ったことのないような変わった英会話本の企画・執筆だったり。
ちょっと夢のようなことのようにも思えるのですが、
そろそろ夢とは決めつけずに、現実的な一歩を踏み出してみようと考えています。
さて、どっちへ踏み出したものか。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-03-01 22:00 | other
| ページトップ |
"cat-screams" Skin
by Animal Skin