Top
<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
少しだけ
そんなに一大事ではないけれど、
少しだけ、気持ちに余裕のないここしばらくです。

だから、時間があるようでないようで、
ブログもなかなか書けないままに。

そんな事情についても、心の波がもう少し静まったら
書いてみようかと思っていますが。

メールをお送りしなきゃいけない方も何人かいるのですが、
今週中には、必ず。

とりあえず、今日は、
おやすみなさい。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-10-28 22:23 | other
タワーにのぼる
a0027105_21394034.jpg
築地でちょっと贅沢なお寿司を堪能し、
六本木ヒルズでちょっとした用事を済ませた後、
ここへ足を伸ばしてみました。


a0027105_21431333.jpg
遠くから眺めることは何度となくあるけれど、
上ってみるのはもう20年ぶりくらい。


a0027105_21504085.jpg
展望台から空を眺めれば、飛行機や


a0027105_21524989.jpg
飛行船が当たり前のように飛んでいて


a0027105_21551725.jpg
見下ろせば、ビルの屋上は未来都市のよう。


a0027105_215717.jpg
ルックダウンウインドウって意外と小さいのね、と思ったら


a0027105_21582686.jpg
こんなに大きいものがありました。


a0027105_2222862.jpg
親に無理矢理のせられちゃっても子供はへっちゃらです。


a0027105_22455.jpg
「いやぁ、午後になるとタワーのせいで日陰ですわ」とか、


a0027105_225305.jpg
「3時以降ウチのオフイスは映り込みがねぇ・・・」なんて、ちょっと言ってみたい。



a0027105_21462634.jpg
それにしても、東京はすごい街です。


スライドショー
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-10-20 22:10 | trip・odekake
Do you know it's a long weekend again?
a0027105_222729.jpg
超高級柿ピーです。
庶民の贅沢なんてこんなものです。

ついこの間シルバーウィークとやらの連休があって
「ついこの間夏休みだったのに、みんな金持ちだね」
と悪態をついてみたのに、
またもや世の中は連休なのだそうです。
とはいえ、私には何もありません。
何も。
唯一この前の連休と違うのは、
四川省ではなく脱出ゲームに夢中♡ということだけです。



Gourmet magazineが廃刊になってしまうそうだ。
この雑誌とbon appetit magazineは、カナダに渡ったばかりの頃によく読んでいた。
レシピの英語は簡単だから
まだまだ英語がわからない私に料理雑誌はとても読み易いものだったし、
キレイな料理の写真は夢のようだった。
文字ばかりの分厚い教科書に疲れた私を
慰めてくれたGourmet magazine。
残念。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-10-11 22:55 | other
一過
a0027105_13425565.jpg
まだ風が残っているものの、
台風はさらに北へと通り過ぎていきました。
行く先であまり悪さをしなければいいのですが。
雨と風で洗い流されたような空です。




a0027105_13551553.jpg

ビスケットをお昼がわりに、
たまっている"紙仕事"を片付ける午後であります。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-10-08 13:58 | today
一緒に
a0027105_1215652.jpg

入っていた仕事がキャンセルになり、
ぽっかりと時間が空いてしまった月曜日です。
横澤パンのくるみクッキーなぞを食べながらぼんやり。

少し前に「ホノカアボーイ」(音がでますよ)を見ました。
誰かのためにご飯をつくることって、
誰かにご飯を作ってもらうことって、
そして、誰かと一緒にご飯を食べることって、
ほんとうに幸せね、という映画です。
おそろしく大雑把な説明に聞こえるでしょうけれど、
でもこれがこの映画を見て私がいちばん大切に感じたこと。

だいたい私は、
食べることを大切に扱っている映画を見ると
それだけで好きになってしまうところがあります。
(映画評論家には絶対的に向いていないと思う・笑)
単に食い意地が張っているからなのですが、
食べるということは私にとっては大切なことなのです。
しかも、誰かと一緒にご飯を食べることは
私にとってはこの上ない幸せ。
もちろん、その"誰か"が誰でもいいというわけではないのですが、
でも、普段苦手に思える人も、
ひょっとして一緒にご飯を食べたら苦手さが消えていくのではないかしら?
というような気もします。

多分、私が死ぬまでに摂る食事の回数はもうそんなに多くはないと思うから、
好きな人と、好きになりたい人と、
できるだけ一緒に食べたいものだとしみじみ思います。
あの人、あの人、それからあの人たちも・・・
一緒に食べたい人の顔は次から次へと浮かんできます。
まぁ、こんなふうに考えるのも
私がそれなりの年をとってしまったからなのかもしれませんが。

さて質問です。
今、あなたが一緒にご飯を食べたいのは誰ですか?
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2009-10-05 13:02 | today
| ページトップ |
"cat-screams" Skin
by Animal Skin