Top
<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ああ、ついに
韓国ドラマに落ちてしまったmikanskyです。

「太陽の女」

午後の事務仕事をこなしながらなんとなく見つけてしまったこのドラマ、
まるであの「赤いシリーズ」のようでいて、それを上回る泥沼さです。
平成の日本では作らないだろうな、こういうの。
うん、そういえば、昭和の雰囲気むんむんです(笑)

ドロドロが好きというわけではないのです。
ただ、ドロドロの中で争う二人のヒロインが
それぞれに憎たらしいくらい強気で小気味いい。
罵り合う場面ですら、ちょっと気持ちいいくらいです。
その周りで男性陣がオロオロしているのを見ると、
一層彼女たちの強情さが面白くなる。

それにしても、自分が韓国ドラマにハマるとはちょっとびっくり。
人生は異なもの、味なもの。
ひょっとして、次はBIGBANGのファンにでもなってしまうのか?!

そんなわけで、最近の私の午後2時は
ちょっとどろりとした休憩タイムとなっているわけです。


ワークショップのお知らせ
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-02-23 14:46 | favorite
女の道
ちょっと前まで、自分では制御できないほど大きな感情の波に翻弄されていた。
苛立ち、怒り、絶望、悲観、喪失感、これを一体何と名付けたらいいのよ?!という
得体の知れない感情。
・・・ん? ちょっと待てよ。
ひょっとしてこれはあの
「どうしてかなぁ、南、30を過ぎた頃から・・・なんだかイライラする! イライラする!」
と同じもの?
一瞬、青いレオタードでリボンを振りながら
満面の笑みでこのセリフを口にする自分の姿が浮かんだ。

そんな時に耳にしたCMソング。
「生きることはくすんでゆくこと
 だからせめて肌だけは濁らずに・・・」
はぁっ?!
我が耳を疑いましたね。
そりゃあ最近は「くすみをカバー」って売り文句に弱いわさ。
髪も染めなきゃ大変だ。
重力との闘いにもほとほと疲れてはいるけどさ・・・
生きることはくすんでいくこと、って言われちゃあ
元も子もありませんや。

とは言え、もちろん、
私にも良くも悪くも年齢によるいろんな変化は起きています。
だから、これから仕事をどういう方向へ持って行こうか、とか、
若い頃には気にならなかった健康の問題をどうして乗り越えて行こうかとか、
いろいろなことを考えるわけですが、
最近しばしば考えるのは、これから女としてどうしたものか、ということ。

若いという事実だけでもある程度の武器になっちゃうという
強いようなつまらないような年齢をとうに過ぎた今、
それでも女という性は変わらないのだから、
さぁここからはどうやって女としてのしなやかさや、可愛さや、エロや、強情さを
抱えていったものかと改めて思うのです。

ともすれば、自ら年とともに女であることを意識しなくなったり
意図的に捨ててしまったりすることもあるけれど、
それでも女であるという事実は同じ。
だけどやっぱり世間からはさほど女として意識もされなくなっていく。
そんなスパイラルの中で、
女という性をどうしたら楽しんで生きていけるのか。
これはもう、大きな課題です。

お肌とおっばいとお尻のハリだけで十分に世の恩恵をこうむることができる10代20代。
(私はその年代でもさして恩恵を受けちゃいなかったが)
それはそれで楽に人生を楽しめて羨ましいけど、
全てのハリが失われつつある今、ちょっと(だいぶ)手間かけて、ちょっと(だいぶ)作戦練って、
生きていくのも悪くはないと・・・思いたい。

さぁ、どうしよう。


ワークショップのお知らせ
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-02-22 19:03 | I think...
昨今
朝は一面真っ白だったのに、
昼近くにはすっかりと溶けてしまって、雪が降った気配はほとんどなし。
それにしてもこの冬は降りますね。

今年は英語関連の試験をあれやこれや一気に受けることにしているので、
日々勉強が続きます。
(なんて言うと、かなり立派な感じですが)
英語という根っこは同じはずなのですが、
それでもそれぞれの試験によって勉強法や使われる単語の傾向が違うので
もう若くもない脳味噌は軽くパニック気味になりつつもフル回転をしています。

ワークショップ用のもうひとつのブログでは
皆さんが書き込んで下さったコメントに英語でお返事をさせて頂いているので
ここしばらくはまさに英語三昧の日々。
英語屋を生業としているのだからこれが本来あるべき姿なのだなぁと思えば
日ごろの勉強不足をひしひしと痛感。

オリンピックの中継を時折片目で見やりつつ、
もうちょっと英語との付き合いを深めてみようと思っています。


★ワークショップへお申込み頂いた皆さんへ
 今月中には詳しいご案内をお送りいたします。
 お待たせしていますが、もうしばらくお待ち下さい。

ワークショップのお知らせ・まだまだ参加者募集中
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-02-18 14:51 | other
ワークショップ、くわしく
先日お知らせしたワークショップについて、
これまで、まるで粘土細工をいじくるように少しずつ形を作ってきましたが、
やっとはっきりとした形が出来上がりましたので再度お知らせします。

月1回、全3回のシリーズとお知らせしましたが、
各回のテーマと概要は次のようなものになります。
※シリーズになっていますが、単発のご参加も可能です。

◆第1回 「英語は旅立つための翼 -英語脳をonにしよう-」
 英語が話せるようになったあなたは、誰とどの国を旅していますか?
 この回では、 レッスンを受けることにためらいや不安を感じているあなたの
 英語に対する先入観をリセットするため、私たちにとって一番身近な
 旅先での英会話を題材にワークを行います。
 まずは、旅先でいろいろな人たちとコミュニケートする自分の姿を思い浮かべながら、
 あなたの英語脳のスイッチをonにしましょう。

◆第2回 「敵はカタカナ-英語耳を鍛えよう-」
 英語が聞き取れないのは、あなたの頭の中にならんでいるカタカナのせい。
 第2回では、英語の音をカタカナで捉えようとするクセを取り払うためのワークを行います。
 頭の中、耳の中からカタカナ音を徹底的に追い出しましょう。
 
◆第3回 「ちっちゃいことは気にすんな!-英語舌が動き出す-」
 脳も、耳も、少しずつ英語に対する警戒を解きつつあります。
 さぁ、いよいよあなたが英語でコミュニケーションをとる瞬間がやってきました!
  第3回では、細かい文法のミスなどを気にせずに「話したい!」という気持ちを
 強めるためのワークを行います。
 この回が終わる頃にはあなたの英語に対する不安も消えて、
  パスポート片手に成田から飛び立ちたくなる気持ちと同時に 
 本格的に英会話の勉強をしたいという気持ちが強くなっているはず・・・と信じたい(笑)

また、ワークショップ後のお茶の時間には、ブログを通じて仲良くさせていただいている
quiltさん手作りのお菓子をお出しする予定です。
どんなおやつをお出しするかは、ただ今quiltさんと打ち合わせ中。
プロ級の腕前と、素敵なセンスをお持ちのquiltさんが生み出すお菓子は
それはそれは美味しくてステキ。
quiltさんのお菓子を味わうだけでも、ワークショップに参加する意義あり!です。
(いや、英語の方も有意義なものになるようがんばります!!)

お子さん連れでのご参加も大歓迎です。
「子供がいるから・・・」とあきらめかけているママさんパパさんもぜひご参加ください。
お申込みの際に、お子様連れの旨、お知らせ下さいね。
尚、会場があまり広くないため、お子さんを寝かせるスペースがありません。
もし眠ってしまった場合のために、スリングやだっこを楽にするのための道具などを
お持ちいただくと便利かもしれません。
また、2時間は大人にとってはあっという間ですが、子供には長く感じられるものです。
お子さんに苦痛を感じさせないよう、またほかの皆さんのご迷惑にならないよう、
退屈をしてしまった時のための準備や、対応をしていただければうれしいです。

さらに、この週末、期間限定ブログがスタートします。
3回シリーズのワークショップ開催期間中限定のこのブログ、
ワークショップに関するお知らせはもちろんのこと、
英会話学習に関する話題や、便利なひとこと英語などを記事としてアップする予定です。
その中でも目玉は、毎朝アップする「Good morning!」。
朝一番に私から皆さんへ、その日一日に向けてのメッセージを英語でお送りします。
ぜひ皆さんも、コメント欄に英語のメッセージを書き込んで下さい。
短くてOK。間違っても大丈夫。
書き込まれたメッセージには私が英語でお返事します。
また、ブログでは私のskypeやTwitterのアカウントをお知らせしますので
英語に関する相談、ワークショップに関するお問い合わせはそちらからもどうぞ。
尚、このブログについては、セミオープンという形をとらせていただきます。
URLをお知りになりたい方は、この記事に鍵コメントでメールアドレスを書き込んでいただくか、
mikakatsutaアットマークmac.comまでご連絡ください。
(カタカナ部分を例のマークに変えてください)
ブログオープンの日にURLをお知らせ致します。
もちろん、ワークショップには参加できないけれどブログは読みたい、
という方も大歓迎です。

ワークショップへのご参加、新ブログに関するご連絡を心からお待ちしています。
皆さんにお会いできる日が楽しみです。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 

「英会話はじめの一歩ワークショップ・第1回」
日時:3月28日(日) 13:30-15:30
    *第2回は4月、第3回は5月を予定。具体的な日時は追ってお知らせします。
会場:東京・神田
*詳しい場所は参加者にお知らせします。
会費:3000円(お菓子と飲み物つき)
定員:13名(年齢、性別は問いません)
    *先着順ですが、ビギナー対象のワークショップという性質上、
     ある程度英語が話せる方よりも初心者の方を優先させていただく場合があります。
     お申し込みの際に、英語のレベルやこれまでの学習経験についてお伺いしますので
     ご了承下さい。  

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 





ワークショップのお知らせ
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-02-11 23:15 | work
クイズ・mikanskyをさがせ

さて、先に記事にしたtwitter。
いまだに「こんなんでいいのかしら?」と不安なままに
おそるおそる呟いたりしています。
そこで、いっそのことその生ぬるtwitterをダシに遊んでしまおうと思い立ちました。

mikanskyのtwitterを探し出せ!

アタクシ、mikanskyのtwitterを見つけてください。
見事期限内に見つけ出した方には、豪華じゃない賞品をプレゼントしちゃいます。
ルールと方法は簡単。

★私がtwitterでどんなアカウント名を使っているか、推測してください。
twitterにアクセス、
トップページの検索欄にあなたが推測したアカウント名を入力。
★もしそのアカウント名が当たっていれば、私のtwitterが表示されます。
  (twitterを使っていない方も検索・閲覧はできます)
★私が一日一回呟く「合言葉」を、この記事のコメント欄に鍵コメントで書き込んで下さい。
 (合言葉は毎日変わります。「今日の合言葉~」で始まります。
 都合が悪くて書き込めない日もあるので、その場合は前日の合言葉を書き込んで下さい)
★締切は2月28日(日)

とはいえ、星の数ほどあるtwitterのアカウント。
ノーヒントでは難しすぎますね。
 ・アカウント名はすべてアルファベット(小文字)。
 ・形容詞+固有名詞(英語)
 ・「ミカは眠れないの」
これがヒントです。

さあ、早く私をつかまえてぇ~。
お~ほほほほほほ!

しかし、当たったらすごいなぁ。



ワークショップのお知らせ
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-02-06 20:48 | other
チャド・マレーンのチャド・マレーン
チャド・マレーンのチャド・マレーンが好きだ。

チャド・マレーンのチャド・マレーンとはどういうことだ?と思われる人もいるだろうが、
かつてジパング上陸作戦という名だったお笑いコンビが
諸々の事情によりそのコンビ名を片割れの名前そのままに変えてしまったので、
"ブラマヨの小杉"的ルールに則ればチャド・マレーンのチャド・マレーンとなるわけだ。
そもそもチャド・マレーンって誰よ?という方には
日本和装のCMで美月ありさに「今着て、今!」とねだっている外国人と言えば
わかってもらえるだろうか。

チャド・マレーンのチャド・マレーンはなんだかおもしろい。
爆発的におもしろいというわけではないけれど、
"なんだか"おもしろいのだ。
彼のブログ「自分、鼻の下になにかデキてんで」は、私が毎日チェックするブログのひとつ。
何がおもしろいって、記事や写真ももちろんながら「今日の一言英会話」が絶品なり。
よくもまぁこういう例文を考え付くものだ、という文が英訳されている。
ちなみに私のツボに強烈にはまったのは、2009年11月27日と13日。
(13日記事中の「明日パーティー行かなあかんねん。」もご存じの方ならツボだろうが)
チャド・マレーンのチャド・マレーンはオーストラリア人であるからして、
もちろん英語の使いは正しい。
なんだかおもしろい日本文を英訳したものとはいえ、
英語の文法やボキャブラリーの勉強にはなかなか役立つものだと私は思う。

チャド・マレーンのチャド・マレーン、侮りがたし。
ぜひチェックを。
ちなみに、相方は加藤貴博。
"次長課長の河本"的ルールに則ればチャド・マレーンの加藤貴博である。




ワークショップのお知らせ
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-02-04 18:36 | favorite
今日は
a0027105_22575088.jpg
珍しく慌ただしい1日でした。
なかなか腰を下ろすことができず、
合間にできた一瞬でカフェイン注入。


a0027105_22584370.jpg
好きなカップでカプチーノ。
前にも記事にしたと思いますが、ファイヤーキング ゲイファドのフィグ。
ファイヤーキングの中でもかなり大人っぽくて、落ち着いた雰囲気がナイス。
なんていうの、あの、
泥刑だのキン消しだのと子供っぽい男子ばかりの中で、
そんなものには目もくれないちょっと不良な子に惹かれてしまう、
みたいな。
いや、ジェダイやピーチラスターが子供っぽい男子レベルというわけではないんだけど。

珍しく、忙しさを愚痴らずに、
順序立てて1日を過ごしたら、
最後の最後にちょっとうれしい話も飛び込んできて、
また先につないで行けそうな、そんな感じで1日が終わります。

ワークショップのお知らせ
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-02-02 23:20 | today
| ページトップ |
"cat-screams" Skin
by Animal Skin