Top
<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
英会話はじめの一歩ワークショップ 第1回
a0027105_11421441.jpg
このブログでも以前からお知らせしてきましたワークショップ
「英会話はじめの一歩」の第1回が28日(日)に開催されました。
第1回のテーマは『英語は旅立つための翼  -英語脳をonにしよう-』。
冬に逆戻りしたかのような寒さの中、5名の方が参加して下さいました。


a0027105_1143279.jpg
「完璧じゃなくていいからね~。どんどん間違っちゃって下さい」なんて、超いい加減な先生の元、
参加者の皆さんはとても真剣に取り組んで下さいます。
ごめんね、こんな先生で。


a0027105_11435844.jpg
カフェでのオーダーの仕方をロールプレイ。
私がウェートレスに扮してオーダーを伺います。
もちろん英語でね。


a0027105_1146305.jpg
赤ちゃん連れで参加して下さった方も。
ワークショップ中、終始ニコニコのおりこうさん。みんなの人気者でした。


a0027105_11545846.jpg
「Are you ready to order? ご注文はお決まりですか?」
と、メニューを片手に質問してまわりましたが、全員が違うお答え。
こういうロールプレイでは、最初の人が言ったことを真似たり、
お決まりのパターンをほぼ全員が繰り返したりということが多いのですが、
この日の皆さんはとても個性的にあれこれとチャレンジして下さいました。


a0027105_13303091.jpg
先生の手にしゃぶりついてしまうほどお腹も空いたということで、
(肉づきいいから、そりゃあウマそうに見えるよね)


a0027105_11585387.jpg
quiltさんにお願いしたスイーツと共にティータイムとなりました。
旬のイチゴ(とちおとめ)たっぷりのショートケーキに歓声が上がります。


a0027105_1201627.jpg
ケーキと紅茶でおしゃべりも盛り上がりました。
初対面同士でも楽しそうにお話されている様子がとてもうれしかったです。


a0027105_122676.jpg
同じくquiltさんの素敵な焼き菓子をお土産にお渡しして、この日のワークショップは終わりました。
「ワークショップやります!」なんていい放ってしまったものの、
実は当日までとても不安でした。
会場で待てど暮らせど誰も来なかったらどうしよう?
皆さんがはじめの一歩を踏み出す気持ちになるような楽しいワークショップにできるだろうか?
そんなことばかり考えていました。
でも、笑顔で会場を出る皆さんを見送りながら、
もちろんまだまだ改善するべき点はたくさんあるけれど、
やってよかったとしみじみと思いました。
参加者の皆さん、本当にありがとうございました。
このワークショップで私も皆さんからたくさんのことを勉強させていただきました。
この2時間があなたのこれからに少しでも影響を与えることがあればうれしいです。

ワークショップ第2回のお知らせ
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-03-30 12:55 | work
いつの間に
a0027105_2145317.jpg

ただいま!
でも、初ジャパンツアーなんて聞いてないよ!
何歌えばいい?
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-03-29 21:04
ニュース
「ゲル・ベイツと東芝が一緒に何かするんだって」
以上、mikansky母から皆さんへのお知らせでした。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-03-23 13:32
マル秘
a0027105_10441056.jpg

どれだけ秘密があるのだ、テレ朝。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-03-23 10:44
改変期
a0027105_10403358.jpg

どれだけ終わらせるのだ、TBS。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-03-23 10:40
ダウニー酔い
新陳代謝絶好調の中2男子を息子に持つ妹いわく、
自らが放出させる汗とも脂ともつかない謎の分泌物とともに
体育や部活動で泥まみれになって帰ってくる小僧の衣類を洗濯するのは
地獄の作業なのだそうな。
当人は自業自得だからいいとして、
周りにいる人たちに不快な思いをさせては申し訳ないと、
汚れ&臭い消しには気を配るらしい。
そんな彼女の秘密兵器はダウニー。
以前はこ洒落た雑貨屋なんぞで
お洒落なアメリカンライフを装いたい主婦層をターゲットに売られていた(ホントかよ)ものの、
今ではホームセンターで山積み状態の柔軟仕上げ剤。
これを使うと、洗濯物に強い香りが付くので
育ち盛りの肉食系smellもごまかせるらしい。

だからか・・・・。

最近、我が家にやってくる小中学生たちが
一様に同じ"The 洗濯!"といった感じの匂いをプンプンさせているのです。
みんな同じ匂い。
その正体は、ダウニーだったのですね。
なるほど、アメリカンライフを演じるための洒落た小道具が、
今は、育ち盛り臭を消すための必殺兵器と化したわけですね。

それにしても・・・

育ち盛りの肉食臭を消すだけあって、
このダウニー、かなり強烈です。
ダウ二スト(ダウニー使用の衣類を身に付けた人)がいた部屋は
その人が帰ってからもその香りがなかなか消えません。
それが、残り香というレベルでは済まず、なんと翌日まで残ります。
そして、その香りが私にはどうも苦手なものなのだから困ったものです。
週に1度、1人のダウニストくらいならまだいいのです。
でも、ほぼ毎日ダウニストを迎え入れる私の部屋は
自分では買ったことすらないダウニーの匂いでもんわりと満ちているのです。
やっと消えかけたところへダメ押しのように重ねられるあの匂い。
ああ、もう、ダウニー酔いです。

でもなぁ、もしもダウニーが無かったら、と考えると
もんわりダウニー臭にも耐えるしかないのかと。
部屋に立ち込める育ち盛り臭と、部屋に立ち込めるダウニー臭・・・
ああ、究極の選択です。

ワークショップのお知らせ
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-03-13 10:38
成人
a0027105_23273938.jpg

来年成人式を迎える姪っ子。
まだ1年近くあるというのに、先週末にもう写真撮影をしました。
今はそういうシステムが多いらしいです。
2年近く前に着物(レンタル)を選んで、1年前に写真撮影。
着物は成人式当日まで自分で保管するのだとか。
なんだか不思議です。

それにしても、
生まれたばかりの彼女を産院で抱っこしたのが昨日のことのよう、
とまでは言いませんが、
それでも気がついたらもうこんなに大きくなっていました。

そりゃあ、人が1人育つのはそうそう簡単なものではありません。
いろんなことがありましたが、
それでも、心優しく、強い女の子になってくれたことに
伯母はただただ感謝するのです。

私の葬儀は彼女が全て仕切ってくれるそうです。
ありがとう。
これで安心して老いることができるよ。

ワークショップのお知らせ
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-03-09 23:38 | people
衝撃

a0027105_223504.jpg


再び登場、翠江堂の苺大福です。
初めて食べた日から、新川へ足を伸ばす時には必ず購入しています。
だって美味しいんだもん♡
前の記事にも書きましたが、この美味しさは
苺大福の存在意義がわからない、とすら思っていた私の
苺大福に関する概念が根っこから引き抜かれて
室伏に投げ飛ばされたほどの衝撃。

で、この衝撃を誰かに味わってもらいたいと
わざわざ新川までお誘いしてしまったのが、お菓子には一家言あり!の
quiltさん
食べていただきましたよ。(いや、自腹で買わせてしまったのですが)
「なにコレ?!」
「でしょっ?! でしょ、でしょっ?!」
「今まで食べた苺大福と全然違う!」
「ねっ?! ねっ?!」(もう私はぼのぼの状態)

quiltさんと2人でかなり真面目に検証したのですが、
この美味しさは、まず、餅、あんこ、苺の量のバランスの良さ。
3つのどれもが目立ちすぎていない。
でも、3つのどれもが無くてはならない。
どうやってこのゴールデンバランスを見いだしたのか、翠江堂。
そして、もうひとつの美味しさの鍵は、苺の質の良さ。
大福に歯が食い込む瞬間に鼻孔をくすぐるしっかりとした苺の香り。
そして、じっくり噛み締めると口中に広がる苺の甘み。
素晴らしいの一言です。
なんとこの苺、とちおとめでございます。
おらが故郷の自慢の名物、あのとちおとめがこの苺大福には使われています。
それを知ったとき、私は心の中で叫びましたね
「ビバ、栃木!!」
 注)ただし、国産苺が使われるのは秋から春の苺が旬の季節で、
  夏期は外国産が使われるようです。
  初めて買ったとき、お店の方が「数日前から苺が国産のものになりましたので
  更においしいですよ」と教えて下さいました。

quiltさんは3つ購入した大福のうち、ひとつを私の和風パウンドと交換。
残り2つをぺろりと完食されました。
そして「もっと買って帰るわ」と、再度お店へ足を運んだのですが
なんと既に売り切れ。
やや肩を落とし気味に帰路に着くquiltさんなのでした。

この日quiltさんとお会いしたのは
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-03-06 23:24 | work
くすまないために
a0027105_2237884.jpg

栃木に暮らして何がうれしいかって、
レモン牛乳でもu字工事でもなく、コレですよ、コレ↑
歩いて3分の直売所では、こんなに粒ぞろいで300円。
ありがたい。
ただでさえビタミン補給のレベルが死活問題となるお年頃。
4箱まとめてお買い上げです。

「生きることはくすんでいくこと」
なんて歌われて怒ってるどころではありません。
最近の私のお肌、くすみどころか生気が感じられません。
苺のビタミンだけでは、もう修復不可。
そこで女性陣に質問です。
あなたが今まで使ってみて「よい!」と感じた基礎化粧品を教えて下さい。
化粧水、乳液、美容液、パック、その他諸々、
商品名だけでなく、それを使ってあなたのお肌に起きた変化、使い心地などを
聞かせていただけるとうれしいです。
尚、お願いをしておきながら申し訳ありませんが、
30歳以上の方に限らせていただきまする。
だって、20代のお嬢さん向け化粧品ではどうしようもない
アンチエイジャーなんですもの、アタクシ。


ワークショップのお知らせ
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-03-02 22:52 | movies
| ページトップ |
"cat-screams" Skin
by Animal Skin