Top
<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
今日の由無し言
サッカーで盛り上がるばかりのテレビが「パラグアイ」と言うたびに
どうしても「腹具合」と聞こえてしまうのは
OPP芸人ならぬOPP女の哀しい性でしょうか。

サッカーと言えば、デンマークに勝利した日本チームについて
「引き分けで十分なのに敢えて勝ちにいった日本」
とコメントした司会者に対して
「勝ちにいかなくてどうする?! 勝ちにいかなきゃ引き分けにもならん!」
と、母激怒。 
確かに。
結果をだけを取ってあれこれ批判するのは意地が悪いが、
結果が出る前から「ここまで」と線を引いて戦う選手はいるまい。
「引き分けで十分なのに勝ちにいった」なんて
選手に対して失礼な言い草だ。

お昼。
昨日の残りのカレーを食べようと思ったらご飯がない。
ふと思い立ってパスタを茹でて、カレーパスタにしてみた。
「おっ、パスタで食べる時にも福神漬けは合うんだねぇ」
なんてパスタをすすりながらテレビを見てたら
CMに滝川クリステルが。
そういやこの人、前に、
フランス人シェフとフランス語で対談をしてて
「家で食べるのは大抵フレンチですね。コマンタレヴー」
なんて言ってたっけ。
いや、コマンタレヴーは嘘だけど。
昨夜の残りのカレーをパスタにかけて食べるなんてこと
この人の人生の中では絶対に無いんだろうな。
昨日の残りのカレーなんて食べないんだろうな、クリステルは。
ひょっとしたら、家でカレーなんて作らないのかもしれないな、
なんたってクリステルだもんな。
そんなことを考えながら、
それでも尚カレーパスタをすする自分とクリステルのギャップがおかしくて、
ちょっとだけ声をあげて笑った日曜の午後でしたとさ。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-06-27 23:05 | today
grieve
久しぶりにカナダへ電話をした。
私が2年間部屋を借りていた家の大家さん。
彼女のことは以前このブログにも少し書いたことがあるが、
移民としてポーランドからやってきた彼女は
外国からやってきた私のことを何かと気にかけてくれた。
穏やかで優しい人。

誕生日の朝に私を襲った感情について彼女に話をした。
ひとつ年をとったと思ったら急に不安になったこと。
何者にもなれていない自分、誰からも必要とされていない自分。
腹が立って、哀しくて、そんな自分に驚いたこと。
そして、ふと落ち着いた瞬間に
「ああ、ついに私にも年齢による心と体の変化がやってきたんだ」
と思ったこと

英単語をひとつひとつ選びながら話す私に気長に耳を傾けた後
彼女が口を開いた。
「ミカ、人は新しいステージに足を踏み入れようとしている時には、
必ず何かを置いていかなきゃならないの。
大人の女には、シミもシワもない肌や、ハリのある胸や、艶やかな髪を
置いていかなければならない時もやってくる。
置いていかなければならないことを悲しんで、
手放さなければならないものを悼むことは当たり前なのよ。
それは、次へ進む儀式のようなもの」

Mika, you cried because you grieved about what you had to left behind.

grieveという言葉を彼女は使った。
日本語に訳すと「悲しむ」となるけれど、
そこには、死者や死自体を深く悲しみ悼むというニュアンスが含まれている。
単に負の意味だけではない、少しだけの温かさが含まれていて
私はこの言葉が好き。
その言葉を、彼女は使った。
そして「aging」とか「menopause」という言葉を使わずに
「next stage」と言った。
目からうろこが落ちるような感覚を味わいながらも、
彼女らしいとも思った。

こういう"先輩"がいてくれれば、
慌てふためきながらも根っこの部分では安心して女は年をとっていける。
決して傷を舐め合うのではなく、
「大丈夫、あなただけじゃない」と強く背中を叩いてくれる人さえいれば
置いていくもの、諦めるものを、悼み弔いながら次のステージに足を進めることができる。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-06-20 23:00 | words
今日の徒然
a0027105_2245072.jpg
先日道の駅で買ったプチトマト。
普通はまとめて袋に詰められているところを
ひとつひとつがふんわりとした台座に鎮座しているところなんざ「何さま?」といった感じですが、
悔しいかな、美味しいんです。
濃い。
トマト界でも優秀なものは優遇されるのですね。

朝食を食べながら母が
「オランダと日本、どっちが勝つか賭ける?!」
と言いだしました。
「サッカー賭博だ(笑)」って、
相撲取りの真似は体型だけで十分ですよ、母上。

暑い一日。
何も予定がなかったので、ぼんやりと過ごしました。
一日ぼんやりって久しぶりだったような気がします。
明日も何もありません。
やっぱりぼんやり過ごすのでしょうか。
二日続けて何もないなんてとても珍しいことなので
それもまたよし、です。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-06-19 23:19 | today
マイノリティ
ワールドカップ開幕以降、私は完全なマイノリティ。

朝のニュースショーも、ワイドショーも、夕方のニュースも、
一日が終わる直前のニュースも、テレビは全てサッカー。
サッカーが悪いわけではない。
日本チームが悪いわけでもない。
川平慈英だって何も悪くない。

じゃあ、私をこんなに居心地悪くさせるのは何者?
「ワールドカップ見てません」と言うと、
あからさまに”噴飯もの”扱い。

もう少しだけ平らで、
そうであることもそうでないことも尊重してくれる世の中だったら
マイノリティもマジョリティもないのにね。

・・・な~んて、大げさか。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-06-18 14:38 | I think...
消える
あと一息で書き終わりそうな記事。
画面をちょっとスクロールしただけで
なぜかすべて消えてしまいました。

もう書く気は起りません(涙)
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-06-14 10:04 | other
最近の飲み食い
a0027105_1105236.jpg
最近撮りためていた写真を整理していたら、そのほとんどが飲食にまつわるものばかり。
ちょっとびっくり、で、深く納得。
これはある日の私のランチ。
失敗したナポリタン。
もっと、ケチャップケチャップしたものをイメージして作ったのに。


a0027105_1111372.jpg
スコーンは、上手に焼くのは難しいけれど、焼くまでの作業が割と楽なので
「何か作る!」と突然思い立った時にはいつもスコーン。
それにしてもオオカミの口はなかなかきれいに開きません。


a0027105_1113518.jpg
焼き終わったところで「楽園」というお茶を飲んでみる。
ああ、私の楽園はいずこ。


a0027105_1115624.jpg
焼くだけでは何も始まらないので、もちろん食べます。
お伴はリンゴジャム。
スコーンは美味しいけど、飲み物なしじゃ食べられない代物だね。
口の中の水分ぜんぶ持って行かれます。


a0027105_1122855.jpg
そんな時にはレディーグレイでアイスティー。
初めてアールグレイのアイスティーを飲んだ時、田舎者のmikanskyは驚きました。
「こ、これは、インド味の紅茶なのか?!」
ウブなお年頃でした。


a0027105_1125310.jpg
話は変わりますが、目玉焼きはどんな焼き具合がお好き?
映画「フランキー&ジョニー」で、
目玉焼きの焼き具合を"runny"と表現している場面があってとても印象に残りました。
黄身が流れ出すくらいの焼き方、ですね。
私は1/4に火が通っているくらいの"1/4熟"を日々目指していますが、
なかなか思うようにいきません。


a0027105_11251659.jpg
唯一、食べ物ではない写真を発見。
毎週日曜日にNHK教育で放送している「ハーバード白熱教室」が面白い。
ハーバード大学史上最多の履修者数と言われるサンデル教授の哲学の講義に
テレビカメラを入れてそのまま番組にしたものです。
立ち止まり考えて理解して、また立ち止まって自分の考えをまとめて、
といった感じで見なければならないので、録画してゆっくり見るようにしています。
決して簡単ではないけれど、私はこういうのが大好き。
考えて、考えて、できればそれについて誰かと議論して、議論して。
写真は、その講義をもとにした「JUSTICE」の原書と邦訳版です。
まずは邦訳版から、ゆっくりとゆっくりと読んでいます。
これまた簡単ではないけれど、一行一行じっくり咀嚼するように進めています。
下の新聞に見える
「この世で一番大事な「カネ」の話」と「女医が教える 本当に気持ちのいいセックス」も
大いに気になるところですが。

最近あまり撮っていないなぁ、と写真を整理しながら思いました。
もう少し落ち着いたら、カメラを持って写真遠足にでも出かけてみようかと思います。
あ、でも、もうすぐ梅雨か。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-06-09 11:51 | food
トモダチ申請
「Angelina Jolie invited you to join Facebook」
 -アンジェリーナ・ジョリーがあなたをFacebookへ招待しています-

そんなメールが届きました。
Facebookに招待されるほどアンジェリーナと親しくした覚えはありません。
彼女には申し訳ありませんが、今回はお断りすることにします。

 追記:アンジェリーナはダメですが、ブログに来て下さる皆さんはwelcomeです。
   Facebookを利用されている方は声をかけて下さい。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-06-07 08:50 | これってどうなのよ?
向こう側へ行ってみよう月間
人間なんていつどうなってしまうかわからないので、
いろんなことやってみなきゃ損。
ということで、今月は今まで苦手だと思っていたこと・もの、
嫌いだと思っていたこと・もの、
全く興味がなかったこと・ものに手を出してみようかと思います。
題して「向こう側へ行ってみよう月間」!!

その記念すべき第一弾は「映画・Sex and the Cityを見よう」です。
どう考えても苦手な匂いがぷんぷんするSATC(って言うんだってね)。
女性の生き方云々って言われたって、
結局は美貌もお金もSEXも、私が満たされていないすべてが満たされているセレブの話じゃん、
と映画どころかドラマも鼻にすらかけなかった私。
でも、意外と見てみたら気分が変わるかも。
食わず嫌いのようにこちらから眺めるだけだった"向こう側"へ
ちょっと行ってみます。

さて、SATCの次は何をしてみよう。
ゴーヤを食べてみる。
「冬のソナタ」を全編見てみる。
うーん、苦手なこと、今まで興味のなかったものって
結構ありそうなのに意外と思いつきません。
「mikanskyさん、こんなコトしたことないんじゃない?」
なんてアイディアがある方はぜひご提案下さい。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-06-05 11:53 | other
食ぺること
a0027105_21511359.jpg
隔週で届く無農薬野菜。
富士山の麓で、友達とその仲間たちが育てているものです。
莢の中にぎっしりと並んだグリーンピースはこの後、豆ご飯に。
炊きあがる時に立ち上る甘い香りがたまらなく、
もちろん炊きあがってからの甘い味もたまらない逸品に仕上がりました。
たくさん炊いて、残った分はおむすびにして冷凍です。

無農薬野菜を取り寄せているからといって、
オーガニックでヘルシーでスローなフードしか摂取しないと頑なに考えているわけではありません。
ジャンクでチープでファストなフードも食べます。
体にいいものを食べるのがいいというのはわかっているけれど、
そのために、自分にとって極端な我慢をするのも体に悪いような気がするし。
(あくまでも私の場合、ね。)

a0027105_21521093.jpg
手作りのリンゴジャムをのせた天然酵母パンも、
コンビニで買うランチパックも、
美味しいんだから仕方ない。


a0027105_21525629.jpg
結局、何を自分の体に入れるかは、自分の責任。
まあ、その責任のツケが今このお腹の周りに滞留しているのですが。
それも私の責任。
ただね、この年になってくると"命を守るための食べ方"ということについても
少し考えなければいけないんだろうな、と思い始めている昨今です。
[PR]
Top▲ | by mikansky | 2010-06-04 22:29 | food
| ページトップ |
"cat-screams" Skin
by Animal Skin