Top
最近の飲み食い
a0027105_1105236.jpg
最近撮りためていた写真を整理していたら、そのほとんどが飲食にまつわるものばかり。
ちょっとびっくり、で、深く納得。
これはある日の私のランチ。
失敗したナポリタン。
もっと、ケチャップケチャップしたものをイメージして作ったのに。


a0027105_1111372.jpg
スコーンは、上手に焼くのは難しいけれど、焼くまでの作業が割と楽なので
「何か作る!」と突然思い立った時にはいつもスコーン。
それにしてもオオカミの口はなかなかきれいに開きません。


a0027105_1113518.jpg
焼き終わったところで「楽園」というお茶を飲んでみる。
ああ、私の楽園はいずこ。


a0027105_1115624.jpg
焼くだけでは何も始まらないので、もちろん食べます。
お伴はリンゴジャム。
スコーンは美味しいけど、飲み物なしじゃ食べられない代物だね。
口の中の水分ぜんぶ持って行かれます。


a0027105_1122855.jpg
そんな時にはレディーグレイでアイスティー。
初めてアールグレイのアイスティーを飲んだ時、田舎者のmikanskyは驚きました。
「こ、これは、インド味の紅茶なのか?!」
ウブなお年頃でした。


a0027105_1125310.jpg
話は変わりますが、目玉焼きはどんな焼き具合がお好き?
映画「フランキー&ジョニー」で、
目玉焼きの焼き具合を"runny"と表現している場面があってとても印象に残りました。
黄身が流れ出すくらいの焼き方、ですね。
私は1/4に火が通っているくらいの"1/4熟"を日々目指していますが、
なかなか思うようにいきません。


a0027105_11251659.jpg
唯一、食べ物ではない写真を発見。
毎週日曜日にNHK教育で放送している「ハーバード白熱教室」が面白い。
ハーバード大学史上最多の履修者数と言われるサンデル教授の哲学の講義に
テレビカメラを入れてそのまま番組にしたものです。
立ち止まり考えて理解して、また立ち止まって自分の考えをまとめて、
といった感じで見なければならないので、録画してゆっくり見るようにしています。
決して簡単ではないけれど、私はこういうのが大好き。
考えて、考えて、できればそれについて誰かと議論して、議論して。
写真は、その講義をもとにした「JUSTICE」の原書と邦訳版です。
まずは邦訳版から、ゆっくりとゆっくりと読んでいます。
これまた簡単ではないけれど、一行一行じっくり咀嚼するように進めています。
下の新聞に見える
「この世で一番大事な「カネ」の話」と「女医が教える 本当に気持ちのいいセックス」も
大いに気になるところですが。

最近あまり撮っていないなぁ、と写真を整理しながら思いました。
もう少し落ち着いたら、カメラを持って写真遠足にでも出かけてみようかと思います。
あ、でも、もうすぐ梅雨か。
[PR]
Top▲ | # by mikansky | 2010-06-09 11:51 | food
トモダチ申請
「Angelina Jolie invited you to join Facebook」
 -アンジェリーナ・ジョリーがあなたをFacebookへ招待しています-

そんなメールが届きました。
Facebookに招待されるほどアンジェリーナと親しくした覚えはありません。
彼女には申し訳ありませんが、今回はお断りすることにします。

 追記:アンジェリーナはダメですが、ブログに来て下さる皆さんはwelcomeです。
   Facebookを利用されている方は声をかけて下さい。
[PR]
Top▲ | # by mikansky | 2010-06-07 08:50 | これってどうなのよ?
向こう側へ行ってみよう月間
人間なんていつどうなってしまうかわからないので、
いろんなことやってみなきゃ損。
ということで、今月は今まで苦手だと思っていたこと・もの、
嫌いだと思っていたこと・もの、
全く興味がなかったこと・ものに手を出してみようかと思います。
題して「向こう側へ行ってみよう月間」!!

その記念すべき第一弾は「映画・Sex and the Cityを見よう」です。
どう考えても苦手な匂いがぷんぷんするSATC(って言うんだってね)。
女性の生き方云々って言われたって、
結局は美貌もお金もSEXも、私が満たされていないすべてが満たされているセレブの話じゃん、
と映画どころかドラマも鼻にすらかけなかった私。
でも、意外と見てみたら気分が変わるかも。
食わず嫌いのようにこちらから眺めるだけだった"向こう側"へ
ちょっと行ってみます。

さて、SATCの次は何をしてみよう。
ゴーヤを食べてみる。
「冬のソナタ」を全編見てみる。
うーん、苦手なこと、今まで興味のなかったものって
結構ありそうなのに意外と思いつきません。
「mikanskyさん、こんなコトしたことないんじゃない?」
なんてアイディアがある方はぜひご提案下さい。
[PR]
Top▲ | # by mikansky | 2010-06-05 11:53 | other
食ぺること
a0027105_21511359.jpg
隔週で届く無農薬野菜。
富士山の麓で、友達とその仲間たちが育てているものです。
莢の中にぎっしりと並んだグリーンピースはこの後、豆ご飯に。
炊きあがる時に立ち上る甘い香りがたまらなく、
もちろん炊きあがってからの甘い味もたまらない逸品に仕上がりました。
たくさん炊いて、残った分はおむすびにして冷凍です。

無農薬野菜を取り寄せているからといって、
オーガニックでヘルシーでスローなフードしか摂取しないと頑なに考えているわけではありません。
ジャンクでチープでファストなフードも食べます。
体にいいものを食べるのがいいというのはわかっているけれど、
そのために、自分にとって極端な我慢をするのも体に悪いような気がするし。
(あくまでも私の場合、ね。)

a0027105_21521093.jpg
手作りのリンゴジャムをのせた天然酵母パンも、
コンビニで買うランチパックも、
美味しいんだから仕方ない。


a0027105_21525629.jpg
結局、何を自分の体に入れるかは、自分の責任。
まあ、その責任のツケが今このお腹の周りに滞留しているのですが。
それも私の責任。
ただね、この年になってくると"命を守るための食べ方"ということについても
少し考えなければいけないんだろうな、と思い始めている昨今です。
[PR]
Top▲ | # by mikansky | 2010-06-04 22:29 | food
可哀想な体
朝からとても哀しい気持ちになった。
理由はない。
ぱっとしない天気のせいなのか、月の巡りのせいなのか。

「熱を測ったら?」と母が言う。
37度6分。

私は、季節の変わり目や気候の境目になぜか熱が出る。
風邪でも何でもないのに、突発的に、時には38度を超えるような熱が出る。
熱以外には身体的な症状は何も出ないのだけど、気持ちが少し不安定になって
ぞわぞわとした不安や哀しみに駆られたりする。

多分、私の体はとても不器用で、
気温や湿度や空気の質の変化についていけず慌てるのだろう。
慌てている体に気づいた心がまた慌てる。

少し、可哀想な体。
[PR]
Top▲ | # by mikansky | 2010-05-29 18:51 | today
ワークショップ最終回


a0027105_129432.jpg

「英会話はじめの一歩」ワークショップ第三回が終わりました。
3回シリーズの最終回。
「とにかく話しちゃえ」がテーマの2時間でした。
今回、生後8ヶ月のマダムキラーと14歳の美少女が参加して下さったおかげで
「平均年齢が下がるわねぇ~」と大人たちは大喜び。
いえ、自分たちの年齢が下がるわけではないのですが、なんとなく場が華やぐのがうれしいのです。

どの回でも感じたことですが、
楽しく学ぼうとしている人からはなんとも気持ちのいいエネルギーが出ているものです。
大抵の方が「緊張しています」と仰るのですが、
ところがどっこい皆さんとてもいい顔でコロコロと笑って下さいます。
いつもはもぞもぞと臆病な私が、
直感的に思いついて、直感的に「やる!」と行動に移してしまったこのワークショップ。
「なぜやろうと思ったの?」と聞かれたことがありましたが、
もしかしたらこのエネルギーをもらいたくて私はワークショップなんて思いきったことを
やってしまったのかもしれない・・・なーんて気取ったコトを言っちゃったりして(笑)

気取ったコトでなく、まじめな話しをすれば、私は言語が好きでたまりません。
面白くてなりません。
だからその面白さを伝えたくて
「ホラ、こんなに面白いものがあるんだよ。そこのお嬢ちゃんおぼっちゃん、
奥さんもダンナも寄っといで!!」てな感じでこのワークショップを開いたのです。
でも、ふと思う瞬間があります。それはお節介なのかもしれないと。
自分が面白いと感じるからといって、それを声高に説いてみせるのは
お節介でかつ独りよがりなんじゃないだろうか、と。
そう考えると、好きでたまらないことを生業にしてしまったことですら
時に間違いのような気もしてしまいます。
いまだに、上手に訳すことができないからと苦しみ、それが解決した瞬間にはこの上ない快感を覚え、
字幕なしに映画やドラマを見終えることができれば胸がドキドキして。
ひょっとしたら、もっと客観的に眺めることのできることを仕事にするべきだったのかもしれません。
おまけに「生業=生計を立てるための職業(大辞林より)」という割にはお金を生み出せていないしね(涙)

だけど、このワークショップのように、そして日頃のレッスンのように
「英語って意外と楽しいですね」と笑ってくれる顔に出会ってしまうと
「ああ、やっぱりダメ」と崩れ落ちて「やっぱりこの仕事だよ」とまた続けてしまうのです。
そして「また秋にはワークショップやろう」なんて、
早速プランニングに取りかかってしまうのです。

「英会話はじめの一歩」ワークショップに参加して下さった皆さん、
お手伝いをして下さった皆さん、応援の声をかけて下さった皆さん、
興味を持って下さった皆さん、本当にありがとうございました。
秋にまたよろしくお願いします。

 ※今回は都合によりワークショップの様子を撮影しませんでした。
  quiltさん作のフルーツシフォンを携帯で撮影したのみ。
  それにしても素敵なケーキでしょ。
[PR]
Top▲ | # by mikansky | 2010-05-25 12:03
混乱その2
a0027105_12185830.jpg

だけどここにはやっぱりブラックと…。
[PR]
Top▲ | # by mikansky | 2010-05-24 12:18
混乱
a0027105_12162441.jpg

こう書いてあったら、
どうしたってミルク入りだと思っちゃうよ。
[PR]
Top▲ | # by mikansky | 2010-05-24 12:16
| ページトップ |
"cat-screams" Skin
by Animal Skin