人気ブログランキング |
Top
独身賛歌?!
「ミス・ポター」を見ました。

連休の中日だから、混んでいるのは当たり前というものの、
なんだか奇妙な熱を帯びたこの雰囲気は何?
普段はあまり映画館で見かけないような青少年で
シネコンのロビーが溢れかえっています。
急いで連れと上映作品チェック!
「Sicko?」
「いや、違うんじゃないかなぁ」
「あっ、トランスフォーマーだ!」
「うーん・・・
ん?
この、エヴァンゲリオンとやらじゃないのか?!」
「そうだ!アニメだもん」
はたして、エヴァンゲリオンの上映時間と共に、
混雑は自然消滅しました。

さて、「ミス・ポター」。
イギリス・湖水地方の風景は、やはり大きなスクリーンで見ると
その美しさにため息が出ます。
そして、こういう、古きイギリスを舞台にした映画では
朝食やティータイムの場面のたびに
テーブルを飾る食器や焼き菓子に目を奪われます。
ただ、ストーリーはというと、正直あまり心に残るものではありませんでした。
全ての出来事が、あれよあれよという間に流れていってしまう感じ。
奥行きが感じられません。
ひとつだけ言えるのは、いつの時代も、いかなる国も、
30超えて独り身の女への風当たりはちょっと強く、
でも、その風を受け流しちゃえば
独りでいることもそうそう悪いものではない、
ということ。
その辺りでの主人公と両親の葛藤、
独身仲間との会話はちょっと面白かったです。
身につまされる感じでね。
(注:正確に言えば、風当たりや葛藤はすっかりと超えてしまったのですが、私の場合)

結局、その後のK'sデンキ探索&お喋りの方が楽しくて
映画のことはほとんど忘れてしまった、という次第。
ただし、とても聞き取りやすい英語(イギリス英語かつやや古い言い回し)なので、
リスニングお勉強中の方にはおすすめです。
Top▲ | by mikansky | 2007-09-16 22:32 | movies
<< super dull | ページトップ | Home sweet home >>
"cat-screams" Skin
by Animal Skin